「講座」タグアーカイブ

11/18~11/21 兵庫県西宮市でのアレクサンダー・テクニーク

石井ゆりこのアレクサンダー・テクニークのワークショップを西宮で5月にやって以来、11月に第二弾を行います。

5月には、はじめての方からアレクサンダー・テクニーク教師の方まで、いろいろな方々が混ざりあったクラスになって、そのなかでアレクサンダー・テクニークのエッセンスが、その人その人のなかで深まっていく様子を感じ、また、私自身のなかでもさらに深まるものがあり、とても充実感がありました。そんな会の続きを、また持つことができて感謝です。

日程などは以下のとおりです。
それぞれの日に入口として、テーマを設定しました。
テーマはそれぞれ分かれていますが、皆つながってくることでもあります。
参加者それぞれの方の興味あることをお聞きして、
日常のシチュエーションや活動に、アレクサンダー・テクニークの考え方をどう応用できるか、実践的にやってみたいと思います。

なので、どんな興味をお持ちの方でも歓迎です。
お問い合わせ、お申込みをお待ちしております。

個人レッスンは11/20(火)の午前~昼過ぎまでと、各日の夕方~夜に行います。ワークショップ案内の下をご覧ください。

11/18(日)「動くこと」と「抑制」との関係について

アレクサンダー・テクニークで言う「抑制」とは「定義を保留する」こと
と、トミー・トンプソンとデビ・アダムスという、私のアレクサンダー・テクニークの先生が教えてくれました。
私は、その言い方ならとてもしっくりくるな、と、思ったのでした。「やめてみる」「ちょっと待つ」
という言葉を使うこともある、「抑制(インヒビション)」。最近は教師や流派によっては「抑制(インヒビション)」のことを言わない人たちも居ますが、私は「抑制(インヒビション)」は、アレクサンダー・テクニークならではの、欠かしたくない、面白くもパワフルなアイデアだと思っているのです。ふだん取り組んでいることや、改善したい動き、改善したい問題、ちょっと気になることなどについて、「抑制」あるいは「定義を保留する」ことによって、新しい可能性をみてみませんか?

どなたでもお気軽にご参加ください。

11/19(月)グラウンディングと手を使うこと

アレクサンダー・テクニークのハンズオンをはじめて体験した生徒さんが「柔らかな、それでいて方向のある手」と言ってくださったことがあります。「どうやってるんですか?」と、よく聞かれたりします。
「何もしない手」と、アレクサンダーの先生たちはよく言います。
私が学んでいる先生、デビ・アダムスさんは「手は最後」とよく言っています。

手で人に触れること、
手で道具を持つこと、道具を使うこと、
届きたい対象がある、
だけど「何もしない」という意図
パラドックスのようです。
が、手で何かをしようとしないことによって、体全体からの、そして地面からのサポートをより受け取れるようになって、手に伝わることが結果的に増えたりします。

人間ー頭があり、胴体があり、足が地面に触れていて、大地からサポートされていて、歩いたり、移動することができ、手で何かに届くことができる、

そんな自分自身の使い方を、一緒に探究、実験してみましょう。
人に触れることを探究したり、
道具を使うことや、楽器を演奏したりすることに応用したり、
集まった方の興味で、いろいろやってみましょう。

11/21(水)テーブルワークとアクティビティ

アレクサンダー・テクニークのレッスンのなかで、テーブル(私はマッサージテーブルを使っています)の上に仰向けになって、休むところでレッスンするやり方があります。私はテーブルワークがけっこう好きで、よくやっています。

休んだ状態で体験したエッセンスが、アクティビティ(日常動作や、楽器の演奏や、そのほか)のときに生かせると考えているからです。

このワークショップでは、教師や教師をめざす方には、
テーブルワークをするときに、教師が自分全体をどう使うか、何を意識するかに、意識的になる体験をしていただきたいと思っています。

初心者の方には、テーブルワークを受ける体験と、その体験を日常に応用することを主に体験していただきたいと思います。

(適切な高さ、大きさのテーブルをどう調達するか、家から送るかは検討中。もしいい方法が見つからなかったら、内容を少し変えるかも)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ】
日程:
11/18(日)「動くこと」と「抑制」との関係について
11/19(月)グラウンディングと手を使うこと
11/21(水)テーブルワークとアクティビティ

時間: 10:30~16:30(お昼休みあり)
場 所:阪急線の苦楽園口駅から徒歩15分の個人宅。
お申し込み後、詳細をお送りします。
定 員:それぞれ8名
参加費:
11月8日までにお振り込みされた方の早割料金:13500円
正規料金:15000円
3日間通し参加:38000円、通し参加の早割:35000円
お申し込み、お問い合わせ: yuriko@littlesounds.com まで
1) お名前 2) お電話番号 3) 参加希望日 4) 参加動機をお知らせください。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【アレクサンダー・テクニーク・個人レッスン】

日 時:11/18(日)17:30~(応相談)
11/19(月)17:30~(応相談)
11/20(火)11:00/11:30 / 13:00/13:30/ それぞれ30分間

料 金:30分7000円、ワークショップと合わせての方は6000円
場 所:阪急線の苦楽園口駅から徒歩15分の個人宅。
お申し込み後、詳細をお送りします。
お申し込み、お問い合わせ:yuriko@littlesounds.com まで
1) お名前 2) お電話番号 3) 参加希望日 4) 参加動機をお知らせください。)
*------------------*

 
石井ゆりこについて

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

photo by Xie Okajima
20歳のときにアレクサンダー・テクニークに出会い、自分のために6年ほど学ぶ。その後4年間のトレーニングを修了、1999年に教師認定。2000人以上の方々に教えてきました。
音楽家、看護職・対人援助職の方、肩こりや腰痛、頭痛、不眠、対人緊張などに悩む方などをサポートしてきました。
野口整体やプロセスワーク、モンテッソーリ教育なども今まで学んで来ました。
生徒さんと言葉と言葉以外のダイアログで、じっくり気づきと変化に寄り添っていくのが持ち味。このワークのシンプルさと奥深さ、何にでも応用できる柔軟さに魅せられています。
アレクサンダー・テクニークlittlesounds主催
国立音楽大学非常勤講師。
Share Button

9/2(日)「見ること」「見えてくること」と、体の奥行き:アレクサンダー・テクニーク講座

まだ生徒としてアレクサンダー・テクニークのレッスンを受ける専門だったとき、レッスンが終わると、帰り道の木々の色合いとか、景色がよく見えるようになって不思議で、でも嬉しくなったことが、よくありました。とくに見るということについてやったわけでもないのに、不思議だな、と思っていたのです。

そして今、私のアレクサンダー・テクニークのレッスンには、さまざまな課題を持った方々が来られるのですが、最近、「見ること」「見えてくること」と、体の奥行きについての話になることが多いのです。
これを意識に含めると、心身の統一に役に立つことが多いので。

・PCの仕事やデスクワークが多く、目が疲れやすい方
・ものが見づらくなってきてお困りの方
・人と向き合うと、緊張しやすい方
・演奏家で、楽譜を見る方、楽器を見る方
・絵を描く方、細かい作業をする方
・歩く、走る、踊る、など、空間のなかで動く方

これらは一見、違うことのようにみえますが、どれも、「見ること」「見えてくること」に関連しますね。

一方で、
「からだのことに興味があるけれど、見ることについては、とくに考えたことない」

という方。実はそういう方も、どのように「見る」ということをしているか、意識しなおしてみると、体への意識のためにも役に立つのです。
体の外の空間を意識に含めることで、体の中だけを感じようとするよりも、体の中の空間を意識しやすくなるのです。

「見る」というのは、外の空間と、自分のなかの空間をつなげる作業であり、
そして体のなかでは、眼球と脳をつなげている動きでもあります。
それを見直すことは、自分の体の奥行き、立体感をとらえなおす助けになります。

このワークショップでは、上に書いたような

・PCの仕事やデスクワーク
・人と会う、人と話す
・楽譜を見る、オーディエンスを見る、共演者を見る
・絵を描く、細かい作業をする
・歩く、走る、踊る、など、空間のなかで動く

など、ふだん、意識的に、あるいは無意識にやっている、いろいろな「見る」と、体全体の使い方のかかわりを探究してみたいと思います。

使ってみたい道具がある方はお持ちください。(本、スマートフォン、パソコン、筆記用具、楽譜、画集、画材、そのほかなんでも。手ぶらでももちろんかまいません。)

——————————————————-
2018年9月2日(日)
10:00~12:30
場 所:東京都文京区
………お申し込みの後、ご案内をお送りします。
参加費 5500円
定員 8名 ←残り1名様となりました。(8/27記)
講 師:石井ゆり子
お申し込み、お問い合わせ:一番下にあるフォームにご記入ください。
——————————————————–

【講師について:石井ゆりこ】


自信のない大学生だったときにアレクサンダー・テクニークに出会い、自分のために6年ほど学んだ後、4年間のトレーニングを受け、卒業後、18年間、2000人以上の方々に教えてきました。
このワークのシンプルさと奥深さ、何にでも応用できる柔軟さに魅せられています。
国立音楽大学非常勤講師。
著書『無駄な力がぬけてラクになる介護術』『演奏者のための はじめてのアレクサンダー・テクニーク』

■石井ゆりこのアレクサンダー・テクニークのレッスンは東京都文京区と、神奈川の湘南で、随時、受け付けています。レッスンのスケジュールはこちらをご覧ください。

お申し込みフォーム

【お名前】

【ふりがな】

【お住いの地域】

【お電話番号】

【メールアドレス】

【年齢】

【参加希望ワークショップ】
日時:

ワークショップのタイトル:

【ワークショップについて、どこで知りましたか?】

【参加するにあたって、特に興味があることなど、ご自由にご記入ください。】

 

Share Button

3月、大和市シリウスでのアレクサンダー・テクニーク

大和市の、文化創造拠点シリウスで、アレクサンダー・テクニークの講座をさせていただくことになりました。

 

日程はこちらの3回セット。
2018年3月2日(金) 19時~20時30分
2018年3月9日(金) 19時~20時30分
2018年3月16日(金) 19時~20時30分

ここは建物全体がとてもすてきなところなのです。
下には美しいデザインの図書館があって充実していて、老若男女たくさんの人たちでにぎわっています。

市の生涯学習センターが主催してくださるので、高校生でも参加しやすい料金(全3回で800円!)でアレクサンダー・テクニークを受けられる機会です。
アレクサンダー・テクニーク、興味あるけれど敷居が高いなあ、と思っていた方へのチャンスになればと思います。

・楽器や歌やダンスをやっている高校生や大学生や若者
・特にそういうことはやっていないけれど、体と心が楽になればいいなあと思っている若い人、
・細かい作業が好きな方、本を読むことが好きな方、パソコンをよく使う方、
・もう若くはないけれど、「年だから」といろんなことをあきらめたくないな、という方

どなたも歓迎です。ただし大和市在住・在勤・在学の方。
大和市シリウスのサイトからお申し込みください。

大和市在住・在勤・在学以外の方は、藤沢市でレッスンをやっているのでそちらにぜひいらしてくださいね。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでは、東京都文京区と神奈川県藤沢市で週3日づつ個人レッスンを行っています。
レッスン・スケジュールとお申し込みはこちらです。
Share Button