「テーブルワーク」タグアーカイブ

5/18~5/21 兵庫県西宮市でのアレクサンダー・テクニーク

2018年5/18~5/21
兵庫県西宮市でアレクサンダー・テクニーク・ワークショップ&レッスンを行います。

関西は、私がアレクサンダー・テクニークに出会った場所です。
久しぶりに関西でワークショップができることになって嬉しいです。(5年ぶりぐらいになります)。

5/18(金)声を出すこととアレクサンダー・テクニーク 残り2名様
5/19(土)手の使い方=自分の使い方
5/20(日)自分で自分を支えなくていい~重力が支えてくれている 満員御礼!
5/21(月)お話会 & 個人レッスン

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

5/18(金)声を出すこととアレクサンダー・テクニーク

このワークショップでは、私がアレクサンダー・テクニークで大事だと考える「自分全体」そして「やりすぎを、やめていく」という考えをもとに、

・からだのなかから外に声となって出るまでの、空気の通り道をひらくこと~響きを生かすこと
・空気が入ってくることを、じゃましないこと
・首が自由なことと、あごが自由なこと、そして頭蓋骨
・少ない力でも声を届かせられることを体験する
・骨盤と首の自由さとの関係
・地面のサポートを受け取ること~グラウンディングと、同時に上へと解放されていくこと

というような、からだのこと、そして、

・その人なりの、声を出すこと、歌うこと、話すことの意図を大切にすること
・見ること、見られること、場をどう意識するか

につなげ、
ほかの誰でもない、その人ならではの、歌や、話すこと、声を出すこと、
その声を聞くことを、
みんなでやってみたいと思います。

歌いたい方は歌を、話したいことは話を持ってきてください。
また、「特定の状況で話すときに課題がある」というようなご相談も歓迎です。
日常会話や雑談などに生かしたい、というのも、もちろん歓迎!

そして、声のことは体全体に通じますし、楽器演奏や日常の動きなどにもつながります。直接、声を出す以外のアクティビティも、時間があれば扱いたいと思います。

5/19(土)手の使い方=自分の使い方(教師&トレイニー向けワークショップ)

アレクサンダー・テクニークのハンズオンをはじめて体験した生徒さんが「柔らかな、それでいて方向のある手」と言ってくださったことがあります。「どうやってるんですか?」と、よく聞かれたりします。
「何もしない手」と、アレクサンダーの先生たちはよく言います。
また、私が最近学んでいる先生、デビ・アダムスさんは「手は最後」とよく言っています。

何かはたらきかけたくなるのを、抑制して、その人に起こりつつあることを信頼してそれをサポートする。それが、ただ手にあらわれる、と言えると思います。
それは、言葉をかけることや、生徒さんの何を見るか、ということでも同じですね。
そして自分自身をどう見るかでも同じだと思います。

そのあたりのことを、一緒に探究、実験してみましょう。
実験、実践していくうちに、手を使うことが特別なことでなく、より自然なことになっていくでしょう。

このほかにも、アレクサンダー・テクニークを教えるということについて、学ぶことについての疑問をシェアしあったりできればと思います。

5/20(日)自分で自分を支えなくていい~重力が支えてくれている

床の上で自分でできるセミスパイン(建設的休息)、
教師の助けを得てのテーブルワーク、
起き上がったとき~立つ、座る、かがむ、歩く、さらに複雑な活動~にその経験がどう活かせるかを見てみましょう。教師&トレイニーの方にはテーブルワークで生徒さんが「今ここにいる」体験を深めることをサポートするための、自分の使い方を探究する場にもなるはず。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ】
日 時:
5/18(金)声を出すこととアレクサンダー・テクニーク 残り2名様
5/19(土)手の使い方=自分の使い方(教師&トレイニー向けワークショップ)
5/20(日)自分で自分を支えなくていい~重力が支えてくれている 満員御礼!
それぞれ10:30~17:00(お昼休みあり)場 所:阪急線の苦楽園口駅から徒歩10分の個人宅。
お申し込み後、詳細をお送りします。
定 員:それぞれ8名
参加費:
早割料金(5月8日まで):13000円
5月9日以降のお申し込み:15000円
3日間通し参加:38000円、通し参加の早割5/8まで:35000円
お申し込み、お問い合わせ: yuriko@littlesounds.com まで
1) お名前 2) お電話番号 3) 参加希望日 4) 参加動機をお知らせください。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
【アレクサンダー・テクニーク・個人レッスン】

日 時:2018年5月21日(月)11:0011:30 / 13:00 / 13:30 / 14:00 追加レッスン19日(土)夕方~夜にできるかもしれません。
料 金:30分7000円、ワークショップと合わせての方は6000円
場 所:阪急線の苦楽園口駅から徒歩10分の個人宅。
お申し込み後、詳細をお送りします。
お申し込み、お問い合わせ: yuriko@littlesounds.com まで
1) お名前 2) お電話番号 3) 参加希望日 4) 参加動機をお知らせください。)
*------------------*
【ゆりこに聞く:お話会】
日 時:2018年5月21日(月)15:00~17:00
料 金:単発5000円/ワークショップ参加者の方は3000円/
ワークショップ3日間参加の方は2000円
リクエストにお応えして…私の今までの軌跡と、今考えていることなどについて、ご質問を受け付けます。
はじめての試みです。なにが出てくるかはお楽しみ?
お申し込み、お問い合わせ: yuriko@littlesounds.com まで
1) お名前 2) お電話番号 3) 参加希望日 4) 参加動機をお知らせください。)
 
 
 
【講師:石井ゆりこについて】

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

photo by Xie Okajima
自信のない大学生だったときにアレクサンダー・テクニークに出会い、自分のために6年ほど学ぶ。その後4年間1600時間のトレーニングを修了、1999年に教師認定(ATI)。2000人以上の方々に教えてきました。
音楽家、看護職・対人援助職の方、肩こりや腰痛、頭痛、不眠、対人緊張などに悩む方などをサポートしてきました。
野口整体やプロセスワーク、モンテッソーリ教育なども今まで学んで来ました。
生徒さんと言葉と言葉以外のダイアログで、じっくり気づきと変化に寄り添っていくのが持ち味。このワークのシンプルさと奥深さ、何にでも応用できる柔軟さに魅せられています。
アレクサンダー・テクニークlittlesounds主催
国立音楽大学非常勤講師。
Share Button

テーブルワークについて/意識のしかたの質、など

 アレクサンダー・テクニークでは、
まず、首が自由になること、首が楽になることからはじめる
首が長くなることを思って/縮めるのを抑制して、動くということを、よく言います。ただ、ときによって難しいのが、首のことを思うことで、意識が首だけに集中してしまってうまくいかないこともあることです。
自分でワークすることを重ねてきた生徒さんに、「首のことだけを毎回、毎回、考えていて、かえって首を固めてしまった」と言われることがあります。意識を向けることで、楽にする、自由にする、ことが目的なのだけれど、逆になってしまうことがある。

そういうときは、それより「じぶん全体のつながり」のことを思い、そのうえで、意識が薄くなっている部分とか、体の奥行きなどに注意を向けることのほうが、まずは、より必要かもしれません。

もしかしたら日本人は、西洋の人にくらべてディテールに意識を向けることが得意な人が多いのかもしれません。
それでなのか、わかりませんが、首に意識を向けることで首がなおさら緊張してしまうという人、よくおられます。

そんなこともあって、私のレッスンでは最近は、首のことと同じくらい、あるいはそれ以上に、「自分全体」「奥行きを思い出す」ことを言うことが多いです。

それと、私のレッスンでは、レッスン時間の一部に、テーブルの上に寝た姿勢になって休んでもらってワーク(「テーブルワーク」と呼んだりします)することが多いのですが、これをやるのは、上に書いたようなことが理由のひとつです。

「(背骨が、あるいは体全体が)ゆるんで長くなる」というのは、本当に無理のない自然なことだ、

ということを、学びの準備として、体感してもらって、それをふまえた上で、自発的に動きを選択することを学ぶ、という順番を、私はとっていることが多いです。

それでだんだん、「意識を向けること」の質自体が、もっと、努力の少ない、自然なものでいいんだ、
ということが、実感できてくるとよいと思うのです。

テーブルワーク
テーブルワーク

—–

テーブルワークをやると、「とても楽になりましたが、これは自分で家ではできませんよね」と言われることがありますが、
自分でもできます。

少し古いブログですが、以下を参照してみてください。
セミスパイン~家でできること

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでの、アレクサンダー・テクニークのレッスンのスケジュールとお申込みはこちらをご覧ください。

Share Button

テーブルワークは、やめていくプロセス。

レッスンやワークショップなどでいただいた、アレクサンダー・テクニークの原理やその他にかんする質問に、答えていくコーナーの続きです。

Q テーブルワークをやってもらうと、とても楽になります。また、立って腕を動かしてもらうだけでも、とても楽になります。でも、なぜなのでしょうか? 正しい位置に来てるからかな、と思うのですが、その正しい位置が、自分ではわかりません。

A 実は位置の問題ではないのです。

 簡単に言うと、緊張の度合いが減ったことによって楽になった、それだけのことです。
 では、どうやったら不必要な緊張を手放すことができるのか?

 よくあるなのが、緊張を手放すために、無理にストレッチしたりすることです。
 ストレッチが悪いわけではありませんが、ありがちなのが、緊張を手放すことでさえも、やりすぎてしまうことです。(ストレッチするときには、ゆっくり丁寧に、自分を観察しながら、無理せずやりましょう。)

 私たちは、何かを「やる」ことによって物事を解決することに、とても慣れています。
 でも、アレクサンダー・テクニークでやるのは、それとは違う、問題解決の方法です。
 気づかずにやりすぎていることを、やめることによって、解決をめざすのです。

 テーブルワークは、そのような、「やめていくプロセス」を体験するために行う、といえます。

   ******

 私たちは、ただ立っているときでさえも、緊張がゆるまないまま立っていることが少なくないです。
 自分を支えようとするときに、緊張して支える癖がついてしまっているのですね。
 床やテーブル(台)の上に寝た姿勢だと、自分を支えようとするときの癖が出にくいので、緊張からゆるんでいきやすいです。

 アレクサンダー・テクニークのレッスンでは、動きを使ってやるワークも多いですが、そんななかで寝た姿勢でワークをやるのは、そのためです。

 立って緊張をゆるめようとすると、ゆるめようとして自分を下向きに押し下げてしまうような場合がありますが、寝ていると、緊張をゆるめることで、ひろがっていくこと、長く広くなっていき、体の奥行きも出てくることが、よくわかると思います。

   *****

 テーブルワークで腕や脚を動かすときに、ふだんの動きとどこが違うかというと、まず違うのは、単純に

  ゆっくり動かす

 ということです。

 腕や脚を、持っていきたい場所に急いで持っていきたい衝動が出るかもしれないけれど、
 その衝動に「ちょっと待って」と言い (inhibition,抑制)、今いる場所からゆっくり、動きを観察しながらゆっくり動かします。

 それだけでも、いつもとちがう動きが出てくると思います。

 もうひとつは、

  全体性を意識しながら動かす

 ということです。腕を動かすなら、背中から指先までの全部の長さと奥行きを意識しながら動かすのです。

 正しい位置に置くためにやっているわけではなく、そのようなことを意識しながら動かしています。

   *****

 教師にワークしてもらうと、自分でやるときとはちがう経験ができるのは、自分の癖から離れること、「やめていく」ということが、他者の助けを借りるとやりやすい、ということがあります。

 教師自身が自分自身のなかで、やめていくプロセスを意識しながら、できるだけ「何もしない手」を使ってワークすることによって、やめていくプロセスを、生徒さんと共有しているからです。

 でも自分自身で同じような手順でワークすることにも、とても意味があります。(「ひとりで寝た姿勢でやるワークのしかた=セミスパインのワーク」の記事を見てみてください。)

   *****

 テーブルワークや、その他のハンズオンのワークで自分自身の変化を感じたら、まずは、

  自分の体の使い方には、そういう可能性があるんだな

 ということを知ってください。そこから動き出すと、いつもと違う動きが出てくるかもしれません。

 同じような体の使い方がすぐにできなくてもいいです。でも、そういう可能性があると知っておくとと、それを選びたいと思ったとき、そういう方向に行きやすくなります。それが、長い目で見て、自分の使い方の選択肢をひろげる第一歩です。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでの、アレクサンダー・テクニークのレッスンのスケジュールはこちらをご覧ください。

Share Button