「マインドフルネス」とアレクサンダー・テクニーク

最近「マインドフルネス」という言葉をよく聞きますが、
アレクサンダー・テクニークはまさに、マインドフルネスのワークではないかと私は思います。
アレクサンダー・テクニークは、「意識的に現在を生きる」ことであり、
からだとこころ含めた自分全体としての、「専念する」あり方
そのための具体的な方法なのではないかと思っています。

ただ、「意識的」という言葉を使うと、そこにはむずかしさがあって、
意識的なつもりで、言葉で分析する意識に入りすぎてしまう場合がある。
そうなると、いま・ここから離れてしまう。
なので、言葉にとらわれず、体の反応に気づいていて、でも、それにもとらわれないのが大事。

アレクサンダー・テクニークを実践することで、
それが体感的にわかってくるのではと思います。

私にとっては、そうだったのです。

(同じアレクサンダー・テクニークでも、やる人の数だけ違う考え方、やり方があります)。

Share Button