10月25日(木)デビ・アダムスさん関西ワンデイワークショップ「レファレンス・ポイント」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎ 10月25日(木)デビ・アダムスさん関西ワンデイワークショップ
「レファレンス・ポイント」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【デビ・アダムス(Debi Adams)さんについて】

デビ・アダムスさんは、私が京都KAPPAのアレクサンダー・テクニークのトレーニングコースを卒業した後、毎年勉強に行っていたボストンの学校の先生です。
トミー・トンプソンがディレクターの学校ですが、デビさんはそこで20年以上、トミーのアシスタントをしてきました。
学校の哲学的支柱のトミーの教え方がときどき抽象的になりすぎてしまうようなときに、デビはアシスタントとして、生徒ひとりひとりの声を聞き、ひとりひとりの日常での実践に落とし込む手助けをしてくれました。

同時に、ボストン音楽院のなかでアレクサンダー・テクニークのクラスを受け持っていて、それが評価されて2012年からは、音楽院のなかで、アレクサンダー・テクニークのトレーニングコースがはじまり、そのディレクターになりました。今は新しいアレクサンダー教師たちを輩出しています。

私が最初にお会いしたときは頼りになるお姉さんみたいなアシスタント・ティーチャーだった方が、今やトレーニングコースのディレクターになって感慨深いです。とても情熱的だけど押し付けがなく、生徒のやりたいことを尊重してくれるデビのあり方が好きです。

デビはピアニストで、手の故障がきっかけでアレクサンダー・テクニークを学びはじめたそうです。最初はブルース・ファートマンの学校で学んでいて、引っ越しをきっかけにトミー・トンプソンのところに移ってそこで卒業しました。

FMアレクサンダーの本も、ぼろぼろになるまで読み込んでいる人で、アーティストであるのと同時に、考えることや研究することを続け、実践と感性と考えをつなげてきた人。

デビは2015年の初来日から毎年、冬に来日して

くれていたのですが、今年は10月にATIのAGMのために来日するため、2019年の来日はたぶんできないのです。ただ、AGMにあわせて今年10月25日(木)、関西でワンデイワークショップをやっていただくことになりました。AGMのなかで今年はデビさんのワークショップはないそうなので、今年日本で唯一の貴重な機会は、定員8名のワークショップです。

【「レファレンス・ポイント」について】

デビさんが教えてくれた考えのなかで、役に立ったことのひとつが
「レファレンス・ポイント」
です。日本語に訳すと「参照地点」。それだけでは意味がわからないと思いますが、デビはそれを、重量感のある木の棒を持たせて説明してくれました。

立って、ゆっくりとデビさんに木の棒を渡されて持ち、もう一度デビさんがその棒を受け取る。受け取り終わったら、あら不思議、自分の立ち方、というか立っている感覚が変わっているのです。

この実験によってデビさんは、

「人は、何か参照できる点(レファレンスポイント)によって、自分がここにいるということを、よりクリアに認識できる」ということを説明してくれました。

人は自分のなかだけで完結しているわけではない、地面との関係があり、空間との関係があり、かかわる物との関係があり、やろうとしていることがあり、かかわる人がいる、、それとの関係性をみていくことがアレクサンダー・テクニークだと。(説明の言葉は、ゆりこの言葉に翻訳してしまっているかも…)

「刺激に対する自分の反応をみていく」というアレクサンダー・テクニークの原理が、デビさんの説明によって、とっても生き生きとしたものとして感じられたのでした。

そして、アレクサンダーのティーチング、ハンズオンは、「生徒にとってのレファレンスポイントになる」ということだと。
それによって、その人が「自分が今ここにいること、今ここに、どう、居るか」が、よりわかるようになるためだと。
そうしたら、その人に必要な変化が自然と起こってくる。

なるほど、確かにそうだ!と、経験を振り返って私は思ったのでした。

ティーチングにも役に立つし、楽器演奏とか、そのほかいろいろのアクティビティにも役に立つこの考えを、あらためてデビさんに、体験的・実践的に紹介してもらいたいと思います。

少人数なので、ワークショップのなかで、個人的な課題についての質問など大いに歓迎です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デビ・アダムスさん関西ワンデイワークショップ
「レファレンス・ポイント」
日 時: 10月25日(木)10:30~17:00
場 所:阪急線の苦楽園口駅から徒歩10分の個人宅。
お申し込み後、詳細をお送りします。
講 師:Debi Adams (通訳つき)
定 員:8名 (先着順)
通 訳:松代尚子・(石井ゆりこ)
参加費:事前振込。お申し込み後、振込先をお知らせします。
早割料金(9月25日まで):16000円
9月26日以降のお申し込み:19000円

■キャンセルポリシー
以下のようにキャンセル料金を申し受けます。
・10月18日までのキャンセル:2000円
・10月18日~10月24日までのキャンセル:参加費の半額
・当日は参加費の100%

お申し込み、お問い合わせ: yuriko@littlesounds.com まで
1) お名前 2) お電話番号 3) 参加動機をお知らせください。

みなさんと一緒に学べるのを楽しみにしております。

※ 11月18日~21日には関西で私(石井ゆりこ)のワークショップをする予定です。そちらも、もしよろしかったらどうぞ!

Share Button