「その他のブログ」カテゴリーアーカイブ

うたを作ってうたう人

きょうの生徒さんのひとりは、曲を作り始めて間もないシンガーソングライター。人前で歌うのも、はじめてあまり日が経っていない彼女が、恥ずかしがりながら、レッスンの中で自分の曲をうたってくれた。

とてもすてきな歌だったのだけど、思うように演奏できなくてミスをしたことなど、とても気にしていた。
でも、聴き手としては、ミスがあったとは全然気づかなかった。

歌の世界全体からすれば、ミスなんて、全然気づかないほど。

自分が作った歌詞や、歌の出来についても、本人としては、まだまだ全然満足していないようだった。

私からすれば、充分いい歌だった。殿堂入りの名曲とまでは言わないけれど…。
歌っていうのは、完璧なメロディや、完璧な歌詞じゃなくても、
歌詞やメロディにおさまりきらない思いさえも載せて運んでくれるもののように思える。

いま世の中で歌われている歌も、そういうものなんじゃないか?

まだ、とまどいながら、疑いながら歌っているような彼女。
その、とまどいや、疑いさえも、素敵なんだけど、
これから歌い続けるにつれて、
とまどいや、疑い以上に大きい
彼女の思いがもっと、歌にこめられてきて、同じ歌に、もっともっと命がふきこまれて生きていくんじゃないか?と、想像した。
楽しみだな~。

Share Button

ホタル

きのうは、ホタルたちに無事会えました。
都内での仕事から、急いで藤沢に帰って、自転車で川沿いを上流に向かって40分。河原沿いの公園も、夜は真っ暗な道です。
蛙の鳴く声を聴きながら。
そして住宅街にそれて、谷戸に入る道を探す。
小さいろうそくのランタンの、最低限の灯りが灯されています。
田んぼから、蛙の合唱。
そして、光ったり消えたりしながら飛んでいるホタルたち。
目が暗闇に慣れてくると、見えてきます。
ライトやスマホのあかりをつけたり、写真を撮るのは、繊細なホタルたちが困るので、禁止。
現代社会ではなかなか経験できなくなってしまった、貴重な暗闇。

今年のピークは過ぎた、と聞いていたけれど、まだまだたくさんいました。
暗闇のなかの、蛙の声と、ホタルの灯り、1時間ぐらいそこにいて、
また川べりを帰ってきました。
いい時間でした。
石川丸山谷戸は、地権者の人たちとボランティアの人たちで守っている里山。住宅街や農家の方の土地のあいまにあるので、あまり宣伝はしておらず、地図にものってない。
「川の上流ってことはわかったから、行ってみよう」と、一昨年、相方と出かけて、たどりついたのが最初でした。
でも口コミでだんだん人気になってきたらしく、親子連れなどもけっこう来ていました。
子どもたちに、小さいころからこの感覚を味わってもらえるのは、いいな!
自然を尊重しつつ、自然を味わえる、地域の人のくらしと共存した環境が、いつまでも残ってほしいな。

Share Button

NO NUKES!

No Nuke candle

Share Button

もうすぐ選挙。

もうすぐ選挙。どきどきします。
暮れの都知事選+衆院選のショックのあと、
どうせマスコミの書いているとおりにしかならないのかもしれない、
と、暗い気持ちになったり、

でも、希望を見据えてしぶとく頑張って選挙に出ている人、
それを応援しているたくさんの人たち、
新しい方法を模索している若い人たちや、若くない人たちがいるのだから、
そして国境を越えて世界中で闘っている人たちがいるから、

結果も大事だけど、結果だけにこだわらず、思いを込めて投票しようと思います。

Share Button

「選挙フェス」と三宅さん

このあいだ渋谷ハチ公前で、候補者のミュージシャン 三宅洋平さんが主催する「選挙フェス」があると聞いて、覗いてきました。
かなり人がいっぱい、盛り上がっていた。
応援する仲間も音楽関係者が中心なだけあって、まず音がいい。うるさくない。
気持ちのよい音楽のあと、出てきた三宅さんは小柄で、緑色の野球帽と、Tシャツに半ズボンという格好。

自分の名前を連呼したりはせず、「お願いします」も最後の一回を除いて言わず、

「選挙は闘いじゃないんだ。
国会を、話し合いの場に戻したいんだ。
みんなで国会に行こう。」

と言っていた。
そして、ギターを弾いて歌を歌ってくれた。

そのときは、話は短かったけれど、ほかの回を、You Tubeの映像で見たら、
毎回違う話をしていた。

わかりやすく伝えようとは、していなくて、
「争点はここだから、これを伝える」とかじゃなくて、
今までいろいろなところに行って見てきたこと、聞いた話、考えたことを全部、
そのなかから、その場との呼応で出てきたことをしゃべってる。

そこが信頼できると、私は感じた。
上から目線じゃなく、対話を大事にする、というのが言葉だけじゃなく、
有権者、市民のひとりひとりを信頼していると伝わってきた。

34歳。新しい時代の、新しいタイプの候補者だと思った。

そして、選挙に立候補するずっと前から、考え続けて、
音楽家として日々、生きながら、社会のことを勉強しつづけてきた人だと感じた。

政策ビジョン
①文化を最大の輸出品に!
②復興は補償から
③除染から廃炉ビジネスへ
④送電線から蓄電技術へ
⑤消費増税より金融資産課税を
⑥大規模農業から家庭菜園へ
⑦官僚主権から住民主権へ
⑧破壊の公共事業から再生の公共事業へ
⑨憲法9条を世界遺産に

三宅洋平オフィシャル

勝手に応援しているボランティアによる三宅洋平さんの今までの演説書き起こしと動画 (「伝説の」という大袈裟なタイトルは私好みじゃないけど、手間のかかる仕事、とてもありがたい。)

緑の党から立候補した理由(過去ブログより)

Share Button

リンドグレーン

『長くつ下のピッピ』『やかまし村の子どもたち』シリーズなどで、子どものころ大好きだったリンドグレーン作の映画『ロッタちゃん』をこのあいだ見てから、リンドグレーンのことをもっと知りたくなって、図書館で本をいくつか借りてきました。

『平和をつくった世界の20人』という岩波ジュニア新書にも、リンドグレーンのことが載ってました。子どもたちと動物のために声をあげた人とのことで。

リンドグレーンは、工場のような動物の飼育を非難する記事を書き、それによって、スウェーデンでは1988年に動物福祉法という法律が成立したそうです。それは、詰め込みすぎのケージや飼育小屋、電気ショック棒の使用を禁止し、動物がそれぞれの種にとって自然な状態で暮らせるようにすることを求めたものだそうです。

また子どもたちに対する暴力(いわゆる体罰)に反対するメッセージを発し、その影響によってスウェーデンでは親が子どもに体罰を加えることを違法と定められたそうです。

すごい、知らなかったな~。

「子どもたちの態度が、暴力ではなく愛によって育まれているのなら、私たち皆にとって喜ばしいことです。なぜなら、政治家たちの人格ですら、五歳以前に形成されるのですから。」

「私たちが望んでいるのは、世話がよくゆきとどいた健康な動物たちが、人間を友だちとして見てくれることで、私たち人間を見た時に恐れてしりごみをしないようであってほしい、ということだけなのです。また、政府の高官に望むのは、家族経営の農業を立ち行かなくさせるような法律を通さないでほしいということです。政府は家族経営の農業を支援すべきなのです。」

いまこそ必要なメッセージだなあ。

「ピッピ(=長くつしたのピッピ、リンドグレーンが書いたお話の主人公)には並はずれた力がありますが、その力を誤って使ったことは一度もありません。それがとても素晴らしく、たいそう難しいことだと思うのです。」

これを書いたあと、リンドグレーン作『わたしたちの村で』という小説も知って読んだ。これも、とてもよかったなあ。少し大きくなった子ども&大人向きで、一番読みでがあるかも。
子どもと動物と大人のかかわり合い興味がある人におすすめ。

写真はスウェーデンのお隣フィンランドの、ヘルシンキ郊外の牧場より。

2014-09-02 15.03.43

Share Button

映画「スケッチ・オブ・ミャーク」

ひさしぶりに、観た映画の投稿です。
(映画自体はもっといろいろ観ていたのですが…
 映画、というカテゴリーがこのブログにあったこと、ひさびさに思い出しました(苦笑))

ドキュメンタリー映画「スケッチ・オブ・ミャーク」を、逗子のシネマ・アミーゴに観に行ってきました。

友人が、この映画が気に入って何回も見た挙句、映画の舞台の宮古島まで行ってきた、と言っていたこともあって、気になっていました。

とてもよかったです!

宮古(ミャーク)の、神様に祈りを捧げる女性たちの唄が中心の映画です。
50代の女性たちのなかで、くじびきで神官に選ばれた人が、神に捧げる特別の歌を受け継ぎ、神事を取り仕切る。参加するのも女性たち中心。

映画を勧めてくれた友人も50代の方でした。
50代の女性というのはたしかに、日常とは少し次元が違う世界にパワーを発揮するのにふさわしい年代なのかもしれません。

神官はくじびきで選ばれるのだけど、「数日前に夢を見たので覚悟していたよ」と、それぞれの元神官の方が当たり前のように言っていたのも印象深かったです。

なんだか、神様のいる世界と、現世的・”現実”的な世界の行き来が、すごく自由な人たちという印象です。
昔はどこでも、そうだったのかな?

映画には、90代の男女の唄い手さんたちもたくさん出てきました。100歳代の方も!
ふだんはお百姓さんだったりする方々です。
みなさん現役で、朗々とした声で、すばらしい唄を唄う。
スピリットがこもっているのはもちろんのこと、音程やリズム感も、年をとって衰えるなんてことは一切ない感じ。歯がないおばあさんも、すばらしい唄を唄っておられました。

そして唄っているときも、踊っているときも、歩いているときも、体の使い方がとてもきれい。
腰が少し曲がったおばあさんも、その腰の曲がり方が、とてもきれいでした。

映画 ”スケッチ・オブ・ミャーク” 公式サイト

私、石井ゆりこの、アレクサンダー・テクニークlittlesoundsのサイトはこちら

Share Button

サンタさん

寒くなりましたが、みなさんお元気ですか?
選挙があったり、いろいろばたばたしていましたが、
(私としてはけっこうショックな選挙の結果でした)

でも、冬至も過ぎて、これから日がだんだん長くなってきますね。
マヤ暦でも新しいサイクルだそうです。

25日のクリスマスの日、午後、仕事帰りに、茅ヶ崎の海岸沿いにリニューアルオープンしたキャンプ場に行きました。短時間でしたが、細い木の枝を集めてきて、焚き火を焚いてホットワインと焼きりんごとシュトーレンを食べました。

それから茅ヶ崎の駅前店でたまたま見つけた沖縄料理店でディナー。とても濃いけどすてきなお店でした。若い世代が演奏する沖縄音楽がずっとかかっていて、明るい気持ちにさせてくれました。

駅に出たらそこに、真っ赤な衣装に身をくるんで、白い袋を背中に背負ったサンタさんが!
目があったら静かな落ち着いた声で「メリークリスマス」と言ってくれて、なんだか幸せな気持ちになりました。
サンタさん、隣に帽子だけ赤いのをかぶった女性を連れてました。
サンタさんの彼女かな?
サンタさんは、細身で、おひげはない、若い男性でした。
白い袋には荷物はあまり入っていなさそうで、身軽そうでした。

藤沢駅についたら向こうからも別のサンタさんが、しかもやっぱり彼女を連れてます。
そのサンタさんも、目が合ったら「メリークリスマス」と言ってくれました。

江ノ電のほうに行く歩道橋では、5人ぐらいのサンタ楽団がトランペットを吹いて演奏していました。(トナカイも1頭、楽団に混じっていました)。

むこうからは、さらに別のサンタさんが歩いてます!

こんなことははじめて!

今、日本がいろいろ大変なので、例年は、ひとりしか来ないサンタさんが、仲間に呼びかけて、大挙して希望を運びに来てくれたのかな?ほんとうにたくさんのサンタさんに会いました。

こんなクリスマスはじめてです!

みなさんも、街でサンタさんに会った人いますか?

サンタさんに会った方も、会わなかった方も、
よいお年をお迎えください!

(アレクサンダー・テクニークのレッスンは、29日までやっています。年明けは4日からの予定です。
ただし、どうしても年末年始にレッスンを受けたい方は、調整できるかもしれないのでご連絡を)

Share Button

札幌に来ています。

北海道庁の庭を散歩して、北海道大学植物園に来ました。

IMG_9421
IMG_9416
IMG_9419
IMG_9418
IMG_9420
IMG_9424
IMG_9430
IMG_9425
IMG_9426
IMG_9433

IMG_9435
IMG_9439

Share Button

ドリーム・カフェ&体と気づきのカフェ(坂元仁美さんを迎えて)

みなさんこんにちは、
ようやく涼しくなりましたね。

今年1月にもいらしていただいた、ロンドン在住のプロセスワーカー、坂元仁美さんをまたお迎えして、
11月に鵠沼で、ゆるやかな会をやることになりました。
興味がありましたら、どうぞいらしてください。
(注:アレクサンダー・テクニークがメインのワークショップではありません。)

┌――――――――――――――――――┐
ドリーム・カフェ&体と気づきのカフェ
└――――――――――――――――――┘

日 時:2012年11月1日(木)13:00~17:00
場 所:littlesounds鵠沼スタジオ
参加費:5000円
定 員:8名
ファシリテーター:坂元仁美、石井ゆりこ
お申込み、お問合せ:石井ゆりこ yuriko@littlesounds.com

ドリームカフェとは、夜みる夢や、昼間に起こった夢のような不思議だったり納
得しにくいできごとを、皆で輪になってシェアしながら、
そのメッセージを理解したり深めていく場です。

皆で輪になって夢を語り合ったり、日常よりも深い世界に入るような場は、
残念ながら今ではほとんど失われてしまいましたが、
ドリームカフェはそのような場を現代に取り戻す試みといえるかもしれません。
ドリームカフェでのひとときが、夜みる夢や日常の体験の中に隠された大切な
メッセージを受け取り、人生を豊かにするヒントを与える一助となれば幸いです。

夢を覚えていないという方も、
夢や出来事をシェアするかどうかわからないけど場には参加したいという方も、
どなたでも歓迎です。
お茶とお菓子を楽しみながら、日常と少し違った体験をする場として、
どうぞお気軽にご参加ください。(坂元仁美)

【やること】

はじめにアレクサンダー・テクニークを使って、
体をとおして自分に気づきを向けること、見ることについてのワークなどを簡単
にやります。(石井ゆりこ担当)

ファシリテーターが夢分析の基本についてごく簡単に説明した後、
夢や夢的なできごとを語りたい人が順番にシェアしていきます。
他の参加者からの質問に答えたり、コメントを聞いているうちに、
徐々に夢やできごとの意味が浮かび上がってきます。
ファシリテーターは、安心して話し合える場作りをするとともに、
必要に応じて夢やできごとの理解を助けたり、メッセージを日常に生かすヒント
についてお伝えします。
また、洞察をさらに深めるのに役立つオラクルカードも用意されています。

【ファシリテーター・プロフィール】
●坂元 仁美(さかもと ひとみ)

臨床心理士。PWI認定プロセスワーカー。
現在、「アウェアネス」をキーワードに、臨床心理、プロセス指向心理学、
死生学、素人なりに興味を持って学んで来た様々なことをなるべく
シンプルな形にまとめながら、HP、ニュースレター、ワークショップ、
スカイプ・セッション等を通して伝えることに取り組んでいる。
日本プロセスワークセンター・ファカルティー。ロンドン在住。
ホームページ:http://www.innerawareness.org

●石井ゆりこ
ATI公認教師アレクサンダー・テクニーク教師。
音楽家や、肩こり、腰痛、慢性疲労や不眠などに悩む方、介護職、カウンセラーの方などに教える。
趣味でギター・歌を歌う。「やりすぎ」をやめることによって、痛みが起こりに
くくなったり、内なる力を発揮しやすくなり、自分の体や自分の感覚への信頼感
が生まれます。むずかしい世の中ですが、みんなが健康で幸せに生きるためにア
レクサンダー・テクニークが生かせればいいなと思っています。
アレクサンダー・テクニークのlittlesounds

Share Button