「講座/ワークショップのご案内(アレクサンダー・テクニーク他)」カテゴリーアーカイブ

つきいち土曜、町田TEENSPOST、アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ

ティーンエイジャーや子どもや女性の支援団体としてはじまった、ティーンズポスト(TEENSPOST)という非営利団体で、2009年より、月一でアレクサンダー・テクニーク・ワークショップをやっています。

痛み・過度な緊張は、鎮める緩和するだけてなく、日常の身体の使い方の見直しを教えてくれます。
アレクサンダーテクニークで、ラクなからだの使い方を学びましょう。

「痛くない、つらくない、きつくない、日常動作のために」
✔立つ、座る、歩くなどの動作を見直す。
✔重いものをもったり、抱えたりすることを見直す。
✔デスクワークを見直す
✔人と関わることを見直す。

月に一度の土曜の午前中に、基礎から応用まで、アレクサンダーのテクニークの広さと深さと醍醐味を実践的に学ぶチャンスです。

対人支援やケア(介護・子育て)に消耗したり疲労困憊するときも、からだからこころも手あてしていくことは現状脱出の確かな助けとなります。

※ 毎回、参加者それぞれの個別ケースを扱う時間を持ちます。

②5/12(土) 10:00-12:00  ただいま受付中 早割〆切4/30

③6/9(土)10:00-12:00  ただいま受付中 早割〆切5/28

2週間前までにいただき、開講決定後、参加費お支払いのご案内をします。

お申込みが催行人数に達しない場合、キャンセルになる場合があります。
なお、開催決定の場合は、定員になるまで募集します


参加費 1回5,000円 

早割14      4,500円

◎定員 6名(先着順)催行人数3名

◎場所 町田TEENSPOST : 東京都町田市原町田3-8-12 アミクラビル5F

こちらのページの下にあるお申し込みフォームからお申し込みください。


■講師:石井ゆりこについて■

1999年より東京と神奈川を拠点に、個人レッスンや、ワークショップをやっています。ミュージシャン、ダンサーなどのパフォーマー、肩凝りや腰痛、不眠、あがり症、などに悩む方、介護職、鍼灸師、整体師などの方などが来られています。自分の心とからだを自分のものとして取り戻すというテーマに興味があります。
ウェブサイト:http://www.littlesounds.com
著書『無駄な力がぬけてラクになる介護術』誠文堂新光社、
『演奏者のための はじめてのアレクサンダー・テクニーク』ヤマハ・ミュージック・メディア
石井ゆりこによる東京と神奈川・湘南でのアレクサンダー・テクニーク・個人レッスンのスケジュールはこちらをクリック

 

Share Button

気功とアレクサンダー・テクニーク2018/3/4(座間晶子さんを迎えて)

シアトル道教学院から、気功の教師でアレクサンダー・テクニーク教師でもある座間晶子(ざま・しょうこ)さんを1年ぶりにお迎えして、コラボ・ワークショップを行います。

晶子さんは混元気功という、子どもでもお年寄りでもできる易しい気功を紹介してくださいます。
そこにさらにアレクサンダー・テクニークの視点からのワークを取り入れることで、気功の姿勢や動きがより楽に学べる助けになれば、そしてみなさんの日常生活に応用できるようになればと思います。

今までの何度かの開催で、晶子さんの人柄の存在感の場のなかで気功を練習する時間のかけがえのなさを、私自身、いつも感じています。

 

晶子さんのホワイトボード・ドローイング…虚領頂頸、気沈丹田、primary control
晶子さんのホワイトボード・ドローイング…虚領頂頸、気沈丹田、primary control

晶子さんによると、気功をする際の動作の原則は、実はアレクサンダーテクニークの原則と共通するもの、とのこと。

晶子さんが紹介してくださった「虚領頂頸(きょりょうちょうけい」「気沈丹田(きちんたんでん)」という中国の言葉はアレクサンダー・テクニークで言うプライマリー・コントロールと同じだと教えてくださいました。

首が「虚」になると、気が丹田に満ちる、ということだと。

おもしろいですね。

よく、「東洋の考え方では丹田を大事にするけれど、西洋から来たアレクサンダー・テクニークでは首のことをまず言うのは、間逆のようですね」と言われることがあるのですが、実は同じ一つのプロセスのことを言っていたのでした!

丹田が満ちるという結果への道に、首が自由ということがある。 そうすると、からだ全体で動けるようになるのですね。

では、実際にどうしたらそういうふうになれるのか?

それが知りたいな、体験したいなと思われた方は、どうぞワークショップにいらしてくださいね。

【前回のご感想】

気功とアレクサンダー・テクニークとを一緒に教わることで、半日の間なのにだんだんと感じかたが変わりました。 手を上げる、下げる、体を前へ倒す、起き上がる、膝を前へ送り出す、息を吸う吐く、などの動きが連続して一緒になるのを少しずつ丁寧に体験させていただいたと思います。 最後はとても気持ちよく動けて嬉しかったです。
いつも足や手の先がとても冷たいのに、その日はジーンとして熱かったので、もしかしたら筋肉痛になるのかなと思っていたら、今日になってもどこも痛くならないです。(C.Nさん、40代)」

 

「気功に慣れない私にとって、今回の気功とアレクサンダー・テクニークのワークショップは、ゆり子先生に身体が楽になっているかを見てもらいながらだったので、自然に体感しながら受けとめることができました。
今朝、素足で立ってみたら、床に足の裏がしっかり密着して押されても倒れないぐらいの密着力を感じました。しっかり大地に支えられている安心感もありました。大地に包まれている感じでともいえるかもしれません。

ワークショップ当日、足・腕・股関節・膝等の使い方を一つ一つ丁寧にチェックしてもらったことによって、身体がより楽に動かせて必要以上の力がからだに入りませんでした。
このことによって、からだが気功の方法を覚えてくれた気がします。動きを覚えるためにエネルギーを使わずにすんだので疲労感はなく、自然に家でやってみようと思えました。

本当に余計なことをしなければいいんですね~。改めて体感できました。(Y.T.さん、60代)」

意到気到、無極、太極、混元
晶子さんのホワイトボード・ドローイング…意到気到、無極、太極、混元

 

今年もまた、気功って気持ちいい!ということ、そしてまた

ただ立っているって気持ちいい、ということ
を、参加者全員が実感できる時間にしたいなと思います。

前回、参加された方も、はじめての方も、一緒にできればと思います。

講師紹介

【座間晶子さんについて】

しょうこさんtrim晶子さんは横浜出身、シアトル在住で、シアトルで道教学院という気功と太極拳の学校をご主人と一緒に運営されています。絵描きでもあり、アレクサンダー・テクニーク教師であり、歌、舞踏、芝居などのパフォーマーでもあり、料理人でもある、多彩で多才な先生です。 http://www.taoiststudiesinstitute.org/ 道教学院のサイト(英語) http://www.shokoza.com/ 晶子さんのサイト(日・英)

【石井ゆりこについて】自信のない大学生だったときに

アレクサンダー・テクニークに出会い、自分のために6年ほど学んだ後、4年間のトレーニングを受け、卒業後、18年間、2000人以上の方々に教えてきました。このワークのシンプルさと奥深さ、何にでも応用できる柔軟さに魅せられています。
国立音楽大学非常勤講師。
著書『無駄な力がぬけてラクになる介護術』『演奏者のための はじめてのアレクサンダー・テクニーク』

————————————————————

日 時:2018年3月4日(日)10:30~16:30
(12:30から1時間15分ほどお昼休みの予定)
場 所:東京都文京区 ………お申し込みの後、ご案内をお送りします。
参加費:10000円
定 員:10名 満員御礼となりました。今後はキャンセル待ちとさせていただきます!2/21記 キャンセル待ちと次回開催のご連絡がほしい方はフォームからメッセージください。

講 師:座間晶子/石井ゆり子
お申し込み、お問い合わせ:下にあるフォームにご記入ください。
または、 yuriko@littlesounds.com までメールで以下をお知らせください。 1) お名前 2) お電話番号 3) このワークショップをどちらで知りましたか? 4) その他、参加するにあたって、特に興味があることなどをお知らせください。)

 

3月18日「『見ること』『見られること』とアレクサンダー・テクニーク講座」についてはこちら。
アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでは、東京と神奈川で週3日づつ個人レッスンを行っています。
レッスン・スケジュールとお申し込みはこちらです。
Share Button

「見ること」「見られること」とアレクサンダー・テクニーク講座

アレクサンダー・テクニークを学び始めたころ私は、人前で話をしたり、緊張せずに歌を歌うことができるようになりたい、と、アレクサンダー・テクニークのクラスのワークのなかでよくチャレンジしていました。しかし私は、緊張してナーバスになって、周りを見ることができなかったのです。
それで先生に「周りを見て」と、よく言われていました。

人前に立ったときにちゃんと周りを見る、ということは、大事なことだとわかっているけれど、当時の私には難しくて、とてもできないことでした。

それができるようになったのは、
「見る」ために頑張る必要はないんだ、
ということがわかってきてからでした。

「見る」のではなく、「見えている」
「情報が光をとおして、すでに入ってきている」
それに気づけばよいだけなのでした。

また、「見る」というのは、眼球でやっているのではない。
ということを知ったのも大きなことでした。
後頭部の視覚野で見ているのでした。

それが、だんだん体でわかってきてから、
(ほかにもいろいろな気づきはありましたが)、
人前に立っても、自分を失わないでそこにいて、
見ている人の存在を感じることが、まだまだ怖いながらも、少しづつできるようになってきました。

同時に、人前とか、パフォーマンスとかいうことだけでなく、
パソコンに向かって文章を書いたり読んだりするときにも、目が疲れたり、肩が凝ったりすることが起こりにくくなりました。

このワークショップでは、

・まわりを見る、景色を見る
・人を見る、見られる
・本を読む
・パソコン、スマートフォンを見る

など、いろいろな「見る」と、それに関連する体全体の使い方を探究してみたいと思います。

目が疲れやすい、肩が凝りやすいという方にも、疲れにくくなる、凝りにくくなるヒントを持ち帰っていただけると思います。

使ってみたい道具がある方はお持ちください。(スマートフォン、パソコン、筆記用具、楽譜、そのほかなんでも)

また、気になるシチュエーションが想定される方は、それに近い状況を設定してやるのもよいと思います。

——————————————————-
2018年2月10日(土)
10:20~12:50
場 所:東京都文京区
………お申し込みの後、ご案内をお送りします。
参加費 5500円
定員 8名
講 師:石井ゆり子
お申し込み、お問い合わせ:一番下にあるフォームにご記入ください。
——————————————————–

【講師について:石井ゆりこ】


自信のない大学生だったときにアレクサンダー・テクニークに出会い、自分のために6年ほど学んだ後、4年間のトレーニングを受け、卒業後、18年間、2000人以上の方々に教えてきました。
このワークのシンプルさと奥深さ、何にでも応用できる柔軟さに魅せられています。
国立音楽大学非常勤講師。
著書『無駄な力がぬけてラクになる介護術』『演奏者のための はじめてのアレクサンダー・テク

 

Share Button

1/7(日)アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ「体をとおして自分に気づき、自分が今いる世界に気づく」

体をとおして自分に気づき、自分が今いる世界に気づく。

これは、私がアレクサンダー・テクニークを教えはじめたときにウェブサイトのトップに書いた言葉です。
いま、そこにまた、立ち戻ってみたいと思っています。

まわりとの関係のなかに存在していることと、
自分のからだに意識があること、自分の中心に意識があることは、
べつべつのことではない。ばらばらのことではない。
それぞれお互いに、助け合っている要素なのです。

ーーー

今、ボストンからアレクサンダー・テクニークの先生デビ・アダムスさんが来日していて、学んでいるのですが、
デビさんの教えてくれるアレクサンダー・テクニークは、私が学びはじめたときに、大切だなあと思っていた上に書いたようなことを、再確認させてくれるものでした。

Phycho-physical unity とか、Unified field of attention
というような言葉で説明されますが、
今まで出版されているアレクサンダー・テクニークの本のなかで、
あまりこういうことが強調されてきているものが少ないこともあって、
忘れられることが多い要素なのでは、と思うこともありますが、
やはり、少なくとも私にとっては、とても大事なこと。
私にとっては、アレクサンダー・テクニークに出会って続けている理由でもあるなと思っています。
あらためてこのことを、見直してみたいと思っています。

ワークショップでは具体的に、おひとりおひとりが今興味をお持ちのことをやってみるなかで、上記のアイデアを見ていきたいと思います。

ただ立っていること、シンプルな体の動き、複雑な体の動き、力が必要な動き、
そして人間関係や心理面に関することまで、なんでもお持ちよりください。

たとえば…
・立つ、座る、歩く、かがむ、
・ご家族を介護する
・赤ちゃんを抱っこする
・人と話す
・人前で話す
・重いものを持つ
・字を書く、絵を描く、パソコン
・歌を歌う
・楽器を演奏する、ダンスをする、などなど、ほかにも…(?)

——————————————————-
2018年1月7日(日)10:20~12:50 東京都文京区
場 所:東京都文京区
………お申し込みの後、ご案内をお送りします。
参加費 5500円
(会場の詳細はお申し込み後にご連絡いたします。)
定員 8名
講 師:石井ゆり子
お申し込み、お問い合わせ:一番下にあるフォームにご記入ください。
——————————————————–

 

【講師について:石井ゆりこ】
自信のない大学生だったときにアレクサンダー・テクニークに出会い、自分のために6年ほど学んだ後、4年間のトレーニングを受け、卒業後、18年間、2000人以上の方々に教えてきました。
このワークのシンプルさと奥深さ、何にでも応用できる柔軟さに魅せられています。
国立音楽大学非常勤講師。
著書『無駄な力がぬけてラクになる介護術』『演奏者のための はじめてのアレクサンダー・テクニーク』

■石井ゆりこのアレクサンダー・テクニークのレッスンは東京都文京区と、神奈川の湘南で、随時、受け付けています。レッスンのスケジュールはこちらをご覧ください。

photo by Xie Okajima

 

 

 

Share Button

1/28(日)札幌でアレクサンダー・テクニーク・ワークショップ、1/29(月)30(火)個人レッスン

Airdoのくま

1/28(日),1/29(月)
札幌市で半年振りにアレクサンダー・テクニーク・ワークショップ&レッスンを行います。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

体をとおして自分に気づき、自分が今いる世界に気づく。

これは、私がアレクサンダー・テクニークを教えはじめたときにウェブサイトのトップに書いた言葉です。
いま、そこにまた、立ち戻ってみたいと思っています。

まわりとの関係のなかに存在していることと、

自分のからだに意識があること、自分の中心に意識があることは、
べつべつのことではない。ばらばらのことではない。
それぞれお互いに、助け合う要素なのです。
 ーーー
 
あなたが何をしているとしても、それは、
自分というbeingのあり方、そしてそれが、どのようにまわりとかかわるかということで、つながっています。
 
正しいやり方を一つに決めてしまうわけではなく、
日常のなかの新しい可能性に目をひらく、
自分という、からだをもった有機体で日常を遊んでみるための実験場です。
 
「やらなくてはいけないこと」のなかにも、遊びを発見できるかも?
 
そして、いつもと違う自分自身が発見できると思います。
 

ーー
前回は、以下のようなことを、参加者の方々と一緒にみていきました。

・要介護のご家族と一緒に歩く(転倒の心配をしてしまいがちなところを、相手を尊重してついていくには)
・人と一緒にいる時の自分のあり方について
・自分のbeingがどう声と関わっているのか
・対人援助による緊張について
・PC作業による体のこわばりについて
・ダンスの動き、舞台に立つことについて

今回はみなさんがどんなアクティビティや、ご質問を持ち寄ってくださるか、楽しみです。

ただ居る、ということから、やりたいことをやることまで、
その間にあるいろいろを見てみましょう。
やりたいことをやるときの、やらなくていいこと
やらなくていいことを、そっと抱きしめて手放したら、
やりたいことが、もうできていたりすることもある
 ーー
 
アレクサンダーテクニーク教師として私は、
動きを見ていくことと合わせて
「何もしない手」で、その人全体に触れてその人についていき、
やりすぎを、やめていくプロセスと、それによって現れる

ひとりひとりの、あるがままの完全さ、を、サポートします。

定員8名とさせていただき、ゆったり、私がひとりひとり観て、またお互いで学びあう時間にしたいと思います。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ】
日 時:2018年1月28日(日)10:30~17:00
(お昼休み 13:00~14:30の予定)
場 所:札幌市内(お申し込みの後、ご案内をお送りします。)
参加費:
早割料金(12月31日まで):10000円(半日参加 6500円)
2018年1月以降のお申し込み:12000円
(午前のみ半日参加 7000円)
定 員:8名 残りあと1名様
講 師:石井ゆり子
お申し込み、お問い合わせ:下にあるフォームにご記入ください。
または、 yuriko@littlesounds.com までメールで以下をお知らせください。 1) お名前 2) お電話番号 3) このワークショップをどちらで知りましたか? 4) その他、参加するにあたって、特に興味があることなどをお知らせください。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
【アレクサンダー・テクニーク・個人レッスン】
個人レッスンは、マッサージテーブルがあるお部屋をお借りして行います。
寝た姿勢でのワークができるので、体の痛みなどがある方や、リラックスしたい!という方も、どうぞ。

日 時:上書き線は予約済み
2018年1月29日(月)10:00 / 10:30/ 11:00 / 11:30 / 16:30
2018年1月30日(火)10:30、11:00、11:30
料 金:30分6500円
場 所:札幌市内(お申し込みの後、ご案内をお送りします。)
講 師:石井ゆり子
お申し込み、お問い合わせ:下にあるフォームにご記入ください。
*------------------*
【アドバンス・クラス】
日 時:2018年1月29日(月)13:30~16:00
料 金:28日と連続参加の方は7000円。月曜のみの方は9000円
アレクサンダー・テクニークの人に触れるをやってみよう。
(手の使い方=自分の使い方)
定 員:4名
私のレッスン、ワークショップ、または他のアレクサンダー・テクニークのレッスンに今まで継続して参加されている方を対象とします。
お申し込み、お問い合わせ:下にあるフォームにご記入ください。
 
 
 
【講師:石井ゆりこについて】

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

photo by Xie Okajima
自信のない大学生だったときにアレクサンダー・テクニークに出会い、自分のために6年ほど学ぶ。その後4年間1600時間のトレーニングを修了、1999年に教師認定(ATI)。2000人以上の方々に教えてきました。
音楽家、看護職・対人援助職の方、肩こりや腰痛、頭痛、不眠、対人緊張などに悩む方などをサポートしてきました。
生徒さんと言葉と言葉以外のダイアログで、じっくり気づきと変化に寄り添っていくのが持ち味。このワークのシンプルさと奥深さ、何にでも応用できる柔軟さに魅せられています。
アレクサンダー・テクニークlittlesounds主催
国立音楽大学非常勤講師。

著書『無駄な力がぬけてラクになる介護術』(誠文堂新光社)『演奏者のための はじめてのアレクサンダー・テクニーク』(ヤマハミュージックメディア)

お申し込みフォーム

【お名前】

【ふりがな】

【お住いの地域】

【お電話番号】

【メールアドレス】

【年齢】

【参加希望ワークショップ】
日時:

ワークショップのタイトル:

【ワークショップについて、どこで知りましたか?】

【参加するにあたって、特に興味があることなど、ご自由にご記入ください。】

Share Button

教師・トレーニー向けワークショップ:デビさんとテーブルワークを学ぶ

デビ・アダムスさんが日本に来られるのが明後日になりました。

ワークショップは、ほぼ満員になりました。
17日(日)と19日(火)に関しては、あとおひとりだけ大丈夫です。
いらっしゃりたい方は至急ご連絡ください。

デビ・アダムス来日(2017年12月)企画一覧

そして、23日(土)に追加ワークショップをお願いすることにしました。
テーマは「テーブルワーク」です。

12月23日 10:30~13:00
東京都文京区(丸ノ内線新大塚駅近く)
参加費:12000円(デビさんのほかのワークショップに出られる方は、10000円)
定員:6名
お申し込み:yuriko@littlesounds.com

12日までに3人集まったら、開催決定にしようと思います。 開催決定しました! 定員になりました!

デビさんより:
テーブルを使ったワークは、アレクサンダー・テクニーク教師がだれでもやるものというわけではありませんが、私は、アレクサンダー・テクニークのアクティビティ・ワークを補うものとして、テーブルでのワークをするのが好きです。それによって生徒の経験が明確になると感じるからです。
このワークショップのなかで、ティーチングにおける経験を高めるテーブルワークの方法を探究してみましょう。どうやるかについては、具体的な提案もします

■デビ・アダムスのアレクサンダー・テクニーク個人レッスンも、まだ受けつけております。

デビ・アダムス、アレクサンダー・テクニーク個人レッスン2017年12月


12/12(火)藤沢・鵠沼スタジオ
12/18(月)、12/20(水)東京・文京区
(もし、別の日なら来られるのに、という方がいらしたら、応相談。)
デビさんは23日の午後、帰国されます。

みなさんと一緒に学べるのを楽しみにしています。

Share Button

デビ・アダムス来日(2017年12月)企画一覧

17年前から毎年、ボストンにアレクサンダー・テクニークの勉強に行っていたのですが、そのときにお世話になっていた先生、デビ・アダムスさん。アレクサンダー・テクニーク教師で、ピアニストでもあります。

そのときは、トレーニングコースのアシスタントをされていたのですが、今はボストン音楽院のなかに新しくできたアレクサンダー・テクニークのトレーニングコースの校長先生になられて5年目。

3年前にはじめて日本に来てくれて以来、すばらしいワークが好評で、継続していらしてくださっています。

親しみやすい人柄で、どんな質問にも真摯に答えてくれるのは変わらないデビさんです。

いくつかのテーマを入口としたワークショップ3つと、個人レッスンを企画しました。

ご興味のある方は、どなたも歓迎です。


■12/13日(水)ワークショップ
「人前に立つときに ”楽さ” を見つける」
http://www.littlesounds.com/wp/debi20171213performance/
人前に立つことに、興味あるいは苦手意識がある方、
音楽演奏やパフォーマンスをする方
…演奏ができる、ピアノもあるスタジオで行うワークショップです。

■12/17(日)ワークショップ
「アレクサンダー・テクニークをとおして”体験”を深める」
http://www.littlesounds.com/wp/20171217debiatworkshop/
アレクサンダー・テクニークの基本的な原理である「抑制(インヒビション/inhibition)」の可能性について、デビさんと一緒に具体的な体験をとおして探究していきます。

■12/19(火)デビ・アダムス・ワークショップ
「(アレクサンダー・テクニークにおいて)、教師の役割とは何か?」
http://www.littlesounds.com/wp/20171219debi-oshieru/
アレクサンダー・テクニーク教師、トレーニー、またアレクサンダー・テクニークを継続して学び続けている人にお勧めのワークショップです。

■デビ・アダムス個人レッスン
http://www.littlesounds.com/wp/debiprivate201712/
12/12(火)藤沢・鵠沼スタジオ
12/18(月)、12/20(水)、文京教室
音楽家の方には、ピアニストでもあるデビさんにピアノや、ほかの楽器演奏を見てもらうこともできます。(会場にはアップライトピアノがあります)。

また寝て休むワークや、日常動作を通したベーシックなワークは、どなたにもお勧めです。

●デビ・アダムス(Deborah Fishbein Adams)さんについて

ATI(アレクサンダー・テクニーク・インターナショナル)公認アレクサンダー・テクニーク教師、クラシックピアニスト。
ボストン音楽院にて、音楽家とダンサーにアレクサンダー・テクニークを教えている。個人としてもアレクサンダーテクニークとピアノの指導を行う。2013年より音楽院内でアレクサンダー・テクニークの教師養成コースを運営しており、それに先立ちトミー・トンプソンの教師養成コースで長年アシスタントを務めている。ATIの倫理諮問委員会の共同委員長。
今は成人した2人の娘の母親。

最近は、ベッツィー・ポラティンから「アクターズ・シークレット・トレーニング」を受けており、そのなかでアレクサンダー・テクニーク、カール・スタウの呼吸のワーク、ピーター・リヴァインのトラウマのワークを探求している。

参考:デビさんについて(過去ブログより)
http://www.littlesounds.com/wp/?s=デビ

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでは、この期間以外には石井ゆりこが、東京と神奈川で個人レッスンを行っています。
レッスン・スケジュールとお申し込みはこちらです。
Share Button

デビ・アダムス、アレクサンダー・テクニーク個人レッスン2017年12月

13日(水)「人前に立つときに ”楽さ” を見つける」17日(日)「アレクサンダー・テクニークをとおして”体験”を深める」に続いて、

デビ・アダムスのアレクサンダー・テクニーク個人レッスンをご案内します。

ピアニストの方でしたら、ピアニストでもあるデビさんに、アレクサンダー・テクニークをピアノ演奏にどう応用したらいいか、実際にピアノで曲を弾いて見てもらうのもよし(会場にはアップライトピアノがあります)。

それ以外の演奏家の方でしたら、楽器演奏や歌や、パフォーマンスへの活かし方を探究したり、呼吸について探究するのもよし。

参考・デビ・アダムスによる、音楽家のための12のおきて

あるいはどなたでも、寝た姿勢で休むワーク(テーブルワーク)、日常動作やいろいろな動きをとおしたワークで、自分のなかにある繊細さやダイナミックさへの可能性に触れるのもよし、
子育てや、人間関係の困難へのアレクサンダー・テクニークの活かし方について聞いてみるのもよいと思います。

アレクサンダー・テクニーク教師や教師見習いの方は、教えることについて、複数枠をとってペアやミニグループでやってみるのもよいでしょう。

1回45分13500円(通訳代込み)
・ワークショップご参加の方と、2枠以上申し込まれる方は2回目以降1回11500円(通訳代込み)
・事前振込をお願いします。お申し込み後、振込先をお知らせします。

12/12(火)藤沢・鵠沼スタジオ 14:30、15:15, 16:00
12/18(月)文京教室 15:30、16:15、17:00、18:30、19:15
12/20(水)文京教室 15:30、16:15、17:00、18:30、19:15

12/23(土・祝)は教師向けワークショップをやることになりました。

下にあるお申し込みフォームからお申し込みください。

講師紹介 デビ・アダムス(Deborah Fishbein Adams)

ATI(アレクサンダー・テクニーク・インターナショナル)公認アレクサンダー・テクニーク教師、クラシックピアニスト。
ボストン音楽院にて、音楽家とダンサーにアレクサンダー・テクニークを教えている。個人としてもアレクサンダーテクニークとピアノの指導を行う。2013年より音楽院内でアレクサンダー・テクニークの教師養成コースを運営しており、それに先立ちトミー・トンプソンの教師養成コースで長年アシスタントを務めている。ATIの倫理諮問委員会の共同委員長。

近年、ベッツィー・ポラティンから「アクターズ・シークレット・トレーニング」を受けており、そのなかでアレクサンダー・テクニーク、カール・スタウの呼吸のワーク、ピーター・リヴァインのトラウマのワークを探求している。今は成人した2人の娘がいる。

 

 

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでは、この期間以外には石井ゆりこが、東京と神奈川で個人レッスンを行っています。
レッスン・スケジュールとお申し込みはこちらです。

 

お申し込みフォーム

[contact-form-7 404 "Not Found"]
Share Button

12/19(火)デビ・アダムス・ワークショップ「(アレクサンダー・テクニークにおいて)、教師の役割とは何か?」

13日(水)「人前に立つときに ”楽さ” を見つける」17日(日)「アレクサンダー・テクニークをとおして”体験”を深める」に続いて、この冬のデビの3つめのワークショップをご案内します。

アレクサンダー・テクニーク教師、トレーニー、またアレクサンダー・テクニークを継続して学び続けている人にお勧めのワークショップです。

12/19(火)デビ・アダムス・ワークショップ
「(アレクサンダー・テクニークにおいて)、教師の役割とは何か?」

アレクサンダー・テクニークを教えていて、
「アレクサンダー・テクニークの教師の役割ってなんだろう?」と考えることがあります。
みなさんも、ありますか?
教えている人も、また習っている人も、それについて考えることあるのではないでしょうか?

19日(火)のワークショップは、この問いを入口にして、デビと一緒に探究を深める日にしたいと思います。実践的なことにつながるかもしれないし、17日(日)や13日(水)のテーマとつながるかもしれないし、この問いを持ちながらどこに行くかは、当日のお楽しみ!

 

講師紹介 デビ・アダムス(Deborah Fishbein Adams)

ATI(アレクサンダー・テクニーク・インターナショナル)公認アレクサンダー・テクニーク教師、クラシックピアニスト。
ボストン音楽院にて、音楽家とダンサーにアレクサンダー・テクニークを教えている。個人としてもアレクサンダーテクニークとピアノの指導を行う。2013年より音楽院内でアレクサンダー・テクニークの教師養成コースを運営しており、それに先立ちトミー・トンプソンの教師養成コースで長年アシスタントを務めている。ATIの倫理諮問委員会の共同委員長。

近年、ベッツィー・ポラティンから「アクターズ・シークレット・トレーニング」を受けており、そのなかでアレクサンダー・テクニーク、カール・スタウの呼吸のワーク、ピーター・リヴァインのトラウマのワークを探求している。

—————————————————
日 時 : 12月19日(火)10:30~17:00
(13:15頃~14:00昼休み)
会 場 : 都内(お申し込み後、お知らせします)。
参加費 : 17000円(半日参加は13000円。事前振込。お申し込み後、振込先をお知らせします。)
定 員 : 8名
講 師 : Debi Adams (通訳つき)
お申し込み、お問い合わせ:一番下のお申し込みフォームに入力ください。または
yuriko@littlesounds.com までメールで以下をお知らせください。
1) お名前 2) お電話番号
3) このワークショップをどちらで知りましたか?
4) その他、参加するにあたって、特に興味があることなどをお知らせください。)
—————————————————

 


お申し込みフォーム

【お名前】

【ふりがな】

【お住いの地域】

【お電話番号】

【メールアドレス】

【年齢】

【参加希望ワークショップ】
日時:

ワークショップのタイトル:

【ワークショップについて、どこで知りましたか?】

【参加するにあたって、特に興味があることなど、ご自由にご記入ください。】

Share Button

12/17(日)デビ・アダムス・ワークショップ「アレクサンダー・テクニークをとおして”体験”を深める」

私のアレクサンダー・テクニークの先生のひとり、デビ・アダムスさんが、今年(2017年)12月に米国ボストンから4度目になる来日をします。

アレクサンダー・テクニークは、同じ原理でも、教師によって、どこを大事にするかが違ったり、それをどう表現するかが違ったりするので、学び続けるプロセスでいろいろな先生に出会うことで、視野が広がったり学びが深まったりして、「じゃあ、それを自分はどのようにそれを自分のために生かしたいのだろう?」と考えるためのヒントが増えます。

今回、紹介するデビさんも、とても勉強家で、(アレクサンダーさんの本を読み込んでいるという意味でも、ほかのジャンルについても)生徒の持ってくるどんな質問にも真剣に答えてくれるお勧めの先生のひとりです。

そして個人的にも、デビや、デビの先生のトミーの考え方、教え方はとてもしっくりくるのです。

ワークショップいくつかと、個人レッスンを企画します。
12/17は、アレクサンダー・テクニークの基本的な原理である「抑制(インヒビション/inhibition)」の可能性について、デビさんと一緒に具体的な体験をとおして探究していきます。

私も、今回のデビから何が出てくるか、楽しみです。

12/17(日)デビ・アダムス・ワークショップ
「アレクサンダー・テクニークをとおして”体験”を深める」

「抑制する」とはどういうことでしょうか。
テンセグリティー体としての私たち本来の性質を、「抑制」はどう解放するのでしょうか。
そしてこのプロセスの助けになるような、どんなレファレンス・ポイント(参照点)が私たちにはあるでしょうか。

このワークショップでは、アレクサンダー氏の「抑制」を実践するためのさまざまな方法を探求します。
このシンプルな行為が、いかに私たち本来のデザインを呼び覚ますのかについても、みていきます。
本来のデザインを理解する手立てとして、ケン・スネルソンのテンセグリティー彫刻をとりあげ、「抑制」を理解する手立てとしてはフランク・ジョーンズのレファレンス・ポイントをみていきます。
探求したいアクティビティー(日常動作や、何かやりたいことなど)をお持ち寄りください。

講師紹介 デビ・アダムス(Deborah Fishbein Adams)

ATI(アレクサンダー・テクニーク・インターナショナル)公認アレクサンダー・テクニーク教師、クラシックピアニスト。
ボストン音楽院にて、音楽家とダンサーにアレクサンダー・テクニークを教えている。個人としてもアレクサンダーテクニークとピアノの指導を行う。2013年より音楽院内でアレクサンダー・テクニークの教師養成コースを運営しており、それに先立ちトミー・トンプソンの教師養成コースで長年アシスタントを務めている。ATIの倫理諮問委員会の共同委員長。

近年、ベッツィー・ポラティンから「アクターズ・シークレット・トレーニング」を受けており、そのなかでアレクサンダー・テクニーク、カール・スタウの呼吸のワーク、ピーター・リヴァインのトラウマのワークを探求している。

—————————————————
日 時 : 12月17日(日)10:30~17:00
会 場 : 都内(お申し込み後、お知らせします)。
参加費 : 17000円(事前振込。お申し込み後、振込先をお知らせします。)
定 員 : 10名
講 師 : Debi Adams (通訳つき)
お申し込み、お問い合わせ:一番下のお申し込みフォームに入力ください。または
yuriko@littlesounds.com までメールで以下をお知らせください。
1) お名前 2) お電話番号
3) このワークショップをどちらで知りましたか?
4) その他、参加するにあたって、特に興味があることなどをお知らせください。)
—————————————————

このワークショップ以外に、2017年12月11日~23日の間に個人レッスンとワークショップを企画する予定です。興味のある方はお問い合わせください。
12月13日は、ワークショップ「人前に立つときに ”楽さ” を見つける」があります。


お申し込みフォーム

【お名前】

【ふりがな】

【お住いの地域】

【お電話番号】

【メールアドレス】

【年齢】

【参加希望ワークショップ】
日時:

ワークショップのタイトル:

【ワークショップについて、どこで知りましたか?】

【参加するにあたって、特に興味があることなど、ご自由にご記入ください。】

Share Button