「アレクサンダー・テクニーク」カテゴリーアーカイブ

体験を言葉にする/体験を共有する

勉強しているプロセスワークのグループのニュースレターに載せる文章を何か書いてほしいと言われたので、アレクサンダー・テクニークとプロセスワークについて書くことにしました。ふたつの手法を学び実践していることで、お互い補い合っているなあと感じるので、それについて書くことで、自分の理解も深まればと思いました。そして、どうせなら、そのふたつをやってるほかの人にも聞いてみようと、何人かにメールしてみたら、すぐに熱い(?)興味深い体験談のメールが返ってきました。

アレクサンダー・テクニークの体験について何か書いてくれませんかと言っても、「いやー、まだまだちゃんと理解してないし」とか、「書くのは難しいんですよね」「そのうちいつか」とか言われてしまうことが多いのに、「アレクサンダー・テクニークとプロセスワークについて」だと、書けるみたいなんですねー。

でも、それは分かる気がします。私自身、ふたつを比較するほうが、書きやすいんですね。

みなさんの文が、とてもおもしろくて、それをうまくまとめられたかどうかはわからないけれど、(おもしろいのに載せられなかった人の文もあって、残念&申し訳ない)でも、楽しんで書くことができました。このテーマ、もう少しこれからも探っていきたいです。

———-

きのうのブログにも書いた、週末のハルさん(村川治彦さん)の講演 http://www.east-westdialogue.org/J-CEW.htm のなかでの話で、アメリカでソマティクスやボディワーク、トランスパーソナルな、いろいろな技法や考え方が広まるきっかけになったのは、エサレン研究所などで、いろいろな技法の実践者がひとつの場所に集まって、参加者がいろいろな技法を体験して、そして体験を共有できる場があったことが大きかった、という話がありました。

これが東洋的な価値観だと、ひとつのものをずっとやってこそ身につくんであって、いろいろ試すなんて、あまり意味がない、というふうになることが多いと思います。

私はどちらの考え方もうなづくところがあるのですが、「体験を共有する」ということは、たしかに広まる原動力になるし、何より、楽しいよね、と、あらためて思いました。

(ただ、プラクティショナーとしては、やはり自分がやっている技法が一番いい、ほかの技法より優れている、と思いたい、という気持ちもやっぱりありますよね。ーーエサレン研究所でも、プラクティショナー同士は仲が悪かったりもしたそうです。でも参加者はそんなことはおかまいなしに情報交換してしまうからね。自分にとってはどうだったかという体験を。それが広い目で見ると結果的にはよかったみたいです。)

———-

ハルさんのワークショップでもうひとつテーマになっていたことが、「体験を言葉にする」ということでした。
体験を言葉にすると、体験をいったん止めることになるから、体験を味わった後それをやるのは抵抗があるかもしれないけど、それを、あえてやってみる、のです。

また、体験がすべて言葉に置き換わることは不可能だし、言葉に置き換える過程で、変化してしまったりする。でも、そういう言葉の性質も認めたうえで、あえてその作業をやってみる、のです。

ワークショップでは、まず体験したことについて、紙に書いてみる、それから二人組みで話す、それからさらにみんなの輪のなかで話す、と、いろいろなやり方で「言葉にする」ことをやりました。「言葉にしづらい体験を言葉にする」実験です。そしてその言葉にするという体験にどういう意味があるのかということもふくめて、探っていくのです。

なんというか、言葉の厳密性を追求したりするところじゃなく、正しいとか正しくないじゃないところで、体験と言葉の関係をさぐれた感じでした。なにかを証明したり、宣伝したりするためじゃない言葉、ですね。

そういうふうだと、言葉にすることは「共有」のためにも役に立つことだけど、自分の体験を深める役にも立つなと思いました。

私(石井ゆりこ)のアレクサンダー・テクニークのサイトはこちらです。

Share Button

『からだ』の体験を分かち合う(村川治彦さんワークショップ)

週末、ハルさんこと村川治彦さんの講演会「統合医療とわたしの『からだ』」と、ワークショップ「『からだ』の体験を分かち合い、深め合う」に行ってきました。
http://www.east-westdialogue.org/J-CEW.htm

講演といっても、ハルさんが一方的にしゃべるのではなく、参加者との意見交換の材料を提供してくれるような感じです。いろいろと考えさせられることがありました。(考えさせられたことについてはまた少しづつ書けたらと思います。)

ワークショップは、
・時間をゆっくりとって(10分かけて)立つ
・ペアになって、お互い、触れる
・オーセンティックムーブメント(動きたい衝動にそって動く。それを観ている人がいる)
という3つのことをやりまいた。

この3つだけで、朝9時から17時までかけてやるのです。
私にとってはこの「時間をかけてひとつのことをやる」という体験だけでも、意味深いものでした。

アレクサンダー・テクニークでも、「何かする前に自分に気づく”間”をとる」こと、「目的意識的になりすぎない。プロセスを大事にする」ことは、大事なのですが、ここまで時間をかけて一つのことをやることは、ないからなあ。

触れることにしても、ただ触れることを味わうだけのために触れる、という感じです。
こういう本質的というか、そういうところに立ち戻ることは、時々、必要だなと思いました。

普段の生活も、ゆったりしているようで、実は、何かしなくちゃならないことに頭が追われていることが多かったな、と、あらためて思いました。

ゆるんだからか、ワークショップの後半、オーセンティック・ムーブメントで動いた後、いつのまにか眠ってしまっていました!
それでも全然、だれもが「そういう人もいるよね」みたいな感じで当たり前に接してくれたので、
よく休まりました。

Share Button

ダイアログ・イン・ザ・ダーク(2)

今日こそダイアログ・イン・ザ・ダークhttp://www.dialoginthedark.com/
に行ってきました。

携帯と腕時計を、光るかもしれないからとロッカーに預け、
白い杖を渡され、暗幕の中に入り、
案内をしてくださる視覚障害者のMさんを紹介されました。
まだ小さい明かりがついていて、真っ暗ではありません。
もう一枚の暗幕をあけて、そのなかに入ると、
ほんとに真っ暗になりました。何も見えません。
すごく天井が低いような気がして上に手を伸ばしてみましたが、
手は届きません。
「怖い」と言っている人もいましたが、私は何か楽しくなってきました。

目がとても楽です。
いつも、無意識に何かを見よう認識しようとがんばっているんだなあと思いました。

7人で一緒に進んでいくんですが、私はなるべく一人で歩いてみたいなと、
ちょっとだけ離れてみたりしていました。
でも、あまり離れると、案内人のMさんが、
「まだついてきていない人がいらっしゃるみたいですね。大丈夫ですか?」
などと言ってくださるので、少しだけです。
目が見えなくて、触れることもそんなにはないのに、気配と音だけで7人が近くにいるかいないかがわかるのでしょうか? すごい。。。

いろいろに違う感触の地面を歩いたり、
いろいろな物を触ったり、
「電車の駅」に来てみたり、
バーでワインを飲んだり。。。

ワイン、とてもおいしかったです。
いつもよりなんだか味わって飲めた気がしました。

そして、7人の人にそれぞれリクエストにあわせてソフトドリンクだったりビールだったり、違うものをちゃんと席まで持ってきてスマートに注いでくださるのが、
やっぱり、すごい。。。

——-

アレクサンダーのワークショップでもときどき、
目をつぶって、人に案内してもらう、という遊びをやることがあるのですが、
(私自身、とても好きな遊びなのですが)
完全に何も見えない空間というのは、目が見える者にとっては普段はないものなので、
とっても新鮮でした。
もう少し、あそこで遊びたかったなあ。

目の疲れも、なんだかだいぶとれた気がします。

Share Button

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」という、おもしろいイベントがあると聞いて、
参加することにしました。
http://www.dialoginthedark.com/
まっくらな空間のなかを、目の不自由な方に案内してもらいながら、いろいろ探検する、ということです。

会場である広尾のD-Haus に行って、券を見せて、順番を待ちます。
「携帯とか、腕時計とか、ジュエリーなどは、暗闇で光る可能性があるので、外してロッカーに預けてください」と言われ、携帯と腕時計を鞄と一緒に預けました。
時間になったら、ひとりづつ白い杖を渡されました。
そして暗幕の中に入りました。
でも、まだ小さい明かりがついていて、真っ暗ではありません。
「あれ、一人多いですね。」(定員は1回7人です。)
「お名前をひとりづつ言っていただけますか?」
順番に名前を言って、私もイシイユリコです。と言うと、
「イシイユリコさん、お名前がリストにありませんねえ。」
ええーっ?
「明るいとこにちょっと来ていただけますか?」

確認したら、
あしたの同じ時間からでした。

(チャンチャン)
あした出直してきます。

Share Button

「頭の穴追いの愉気」

先日、ひさしぶりに、整体協会の「愉気法研究会」に行ってきました。

今回のテーマは、「頭の穴追いの愉気」です。
秋口には、頭の神経が過敏になることが多いので、
神経を休めるためにも、いい愉気だそうです。

私自身、秋口には頭が痛くなったり、神経が疲れたりする傾向があるのを感じていて、
何年か前にこの「頭の穴追いの愉気」をやった後、とてもすっきりして以来、
気に入ってしまいました。

愉気っていうのは、自分自身に気を集めながら、相手にじーっと手をあてるというやり方です。
アレクサンダー・テクニックのハンズオンとも少し似ているところもあるけれど、自分も相手も基本的にじーっとしているところが、まず違うかな。
でも、まず自分自身に気を集める。相手に『何かしてあげよう』とか、『気を送ろう』とは思わなくていい。むしろ思わないほうがいい」というところが似ています。
アレクサンダー・テクニックでも、必要なのはnon doing hand (何もしない手)だなんて言います。

しかし「頭の穴追いの愉気」は、ほかの愉気にくらべても、
普通に考えるとかなりミステリアスです。
「頭のてっぺんの、目と耳の交差しているらへんに、少しへこんでいるところがある。そこにまず手をあてて、その穴から、堤防がきれたように、溝ができてくるので、その溝を、指で追いながら愉気していく。」
文字で書くと、ますますわかりにくいですが、
実際やってみても、頭で考えると全然わかりません。
「なんとなく、そういうふうなつもり」という感じでやってみるだけです。

それでもやり終わったらすっきりするので不思議です。

逆に、あまり考えて、「あっちかな?」「こっちかな?」とやったり、ぎゅーっと押して穴をあけようとしてしまったりすると、頭皮が緊張して逆効果だそうです。

私がこれを好きなのは、実際やってすっきりする、ということ以外に、
「技術じゃない」部分でやっていい、やるしかない、という点です。
型も全然ないし。
自分の勘を信じてやるしかないところです。

場所がちょっとぐらい、もしくは、だいぶずれていても、何かやろうとしすぎていたりとか、そういう余計なことがなければ、何らかの効果があるみたいです。

ーーーーー
このあいだ組んだのは、障害者の介護の仕事をしているという男性でした。
「腰痛に悩まされていたのだけど、整体をはじめたら、腰に弾力が取り戻って、すっかり治った。それまでいろいろなところに行っても、治らなかったのだけれど」だそうです。

腰痛の人にはアレクサンダー・テクニックもお勧めですが、整体協会の整体もお勧めです。
アレクサンダー・テクニックのほうが、元が西洋から来ただけあって、ひょっとしたらミステリアスさは少ないかも。(それでも、「不思議ですねー」と言われることは、けっこうありますが。)

世の中にはいろいろ役に立つものがあって、あとは、向き不向きとか、相性とかで、
それぞれの人が合う物を選んでいければいいんだろうなと思います。

結局は人間を扱うことで、生き物を扱うことだから、そんなに違うはずはない、
と、以前、私の野口整体の先生が言ってました。

Share Button

健康とは?

札幌で、お医者さんをやっている別の友人と食事をする機会があったのですが、
食事中、彼に、「健康とは何だと思いますか?」と聞かれました。
健康は何かという明快な定義はないのだそうです。

私にとっては、なんとなくイメージとしては、健康とは病気の反対のようなイメージがありました。病気だったら健康とはいえないような。。
でも、ほんとにそうかなと考えてみると、そうとも言えない気もします。
病気をもちながら元気にくらしている人だっている。
またもしかしたら、今の世界で、病をもつということは、今の社会にいろいろと無理がかかっていることに、敏感に反応しているということかもしれない。
・・・いろいろな場合があると思います。

彼は会う人会う人にこの質問をしているようです。
何人かのそれぞれ少しづつ違う答えを聞かせてもらいました。
残念なことに忘れてしまったのですが。
それぞれの人が、健康観をもっていいんだな、と、思えたのは、収穫でした。
みなさんにとっては、健康とはどんなことだと思いますか?

———
私のホームページはこちらです。http://www.littlesounds.com

Share Button

札幌でアレクサンダー・テクニークのレッスンをしてきました。

札幌でアレクサンダー・テクニックのレッスンをしてきました。
今回も、士別病院の診療部長の澤口先生から聞いた、という方が多く、
作業療法士、理学療法士、言語療法士などの方がいらしてくださいました。
音楽の先生もいらっしゃいました。

介護などには、アレクサンダー・テクニックはとても役に立つと思うのですが、
東京では、音楽家にはだいぶ知られてきているようですが、介護関係の方面には
まだあまり、アレクサンダー・テクニークは知られていないようなので、こうして地方から新しい流れが始まってきていることに、なんだかわくわくします。

ひとりの方が、「仕事に生かすためというより自分のメンテナンスのために来ました」と言われ、ほかの方々もうなずいていましたが、結局は自分のメンテナンスができたら、関わる相手の方にも伝わって、大きな違いになると思います。
「自分が犠牲になっても相手のためになれば」というのは、実際はあまりうまくいかない場合が多いようです。
単純な動きをとおしてのワークをした後、介助のときの動き(ひとをおんぶしたり、脚が弱い人を抱えて歩いたり、腕の動きのリハビリを助けたり)を、組になってロールプレイのようにやってみました。そのときの、自分自身の使い方が変わると、相手も楽になる、また、「やらされたり、押し付けられてる感じじゃなくなる」と、言われた方もいました。

正しい動き方をやる、というのとは違うところが楽しい、失敗してもいいのがいい、などと言われました。私も楽しかったです。それは体のことだけでなく、精神的なことにもつながりますよね。

———
レッスンの翌日、ダンサーの友人に会いました。彼女は精神病院などでダンスを教えているそうです。彼女は、からだが弱くても、調子が悪くても、だれでも踊れるんだ、ということを大事にしたいと言っていました。(彼女自身、”虚弱体質なダンサー”だそうです。)
精神病院で、自分も踊れる、ということを体験すると、しゃべれなかった人がしゃべれるようになった、というようなケースもあるそうです。

しかし東京ではまだまだ、精神病院でダンスを教えるところは聞いたことがないので(私が知らないだけかもしれませんが)、そういう、おもしろい試みも、地方でのほうがやりやすいのかもしれませんね。あるいは北海道という土地が新しいことにオープンな土地柄なのかな? でも将来的には東京でも、そういう試みが行われていくといいなあと思います。

———
石井ゆりこの、アレクサンダーテクニーク千石教室・玉川学園教室のサイトはこちらです。http://www.littlesounds.com

Share Button

暑いですねー。

暑いですねー。
今日、家の暑さ対策のために注文した”よしず”が届きました。
それを、さっそく、ベランダに立てかけてみました。
だいぶん、暑さが違います。
日光を遮って、風だけが部屋に入ってくるのです。
今日は30℃を超えていそうですが、冷房なしで、なんとか大丈夫です。
うれしいです!

これは玉川学園の家のほうなのですが、千石のほうも、なんとかもうちょっと工夫したいと思います。

Share Button

太極拳とアレクサンダー・テクニーク

シアトルで太極拳とアレクサンダー・テクニックを教えている座間晶子(ざま・しょうこ)さんが来日されたので、先日の日曜日の朝、ワークショップを企画しました。今回は、「太極拳入門」です。幸い、晴れたので、中国の人たちのように公園で円になって行いました。
とても気持ちよかったです。

時間が短かったので、太極拳の「型」にはあまり行かず、立って腕をぶらぶら動かしたりしている気功の時間が大部分だったのですが、そういうことをじっくりやれてよかったです。

晶子さんは、アレクサンダー・テクニックと太極拳の両方の経験を、じっくりご自身のなかで時間をかけて熟成させたのを出してくれます。
アレクサンダー・テクニックの考えを使うと、プロセスがシンプルになってわかりやすいし、それを太極拳という型でご自身の体に落とし込んできた人なのだな、と思います。

また晶子さんは、中国の古典などもよく読んでいる方で、東洋の”心身一如”からだとこころを一つのものとしてみる考え方(西洋では”ソマティクス”と言ったりしますね)について、また、道教タオイズムが中国ではどんなふうに根付いているか、など、いろんなおもしろい話をしてくれました。

日本でも、漢字では見たことがある、中国の四字熟語をいくつか紹介してくださったのですが、字づらを見ただけではわからない、中国の発音の、ほわんとした美しさがわかって、イメージがぐっとつかみやすくなりました。(和風の「漢語」だと、どうしても堅苦しいイメージになっちゃうからね。)

体験としてもとても気持ちよい体験ができたし、話もおもしろい話が聞けて考え
が活性化されて、そのバランスが、とてもしっくりきました。

終わった後で、みんなで近くのおいしいネパール料理屋”天空の舞い”に行って、お昼を食べ、さらにいろいろ話しました。

Share Button

西洋医学と民間医療の共存 そしてソマティクスの位置付け

以下のような、講演とワークショップのご案内をいただきました。
「アメリカでは今、すべてを専門家に任せるのではなく、自ら積極的に治療を選択し取り入れようとする一般市民の「主体身体の復権」と呼べる大きな変化が起こりつつあります。」
とても興味深いです。

統合医療とわたしの「からだ」―癒しと健康の出発点を探るー
                ファシリテーター:村川治彦

1993年「New England Journal of Medicine」に発表された一つのレポートが、アメリカの医療を根底から変えつつあります。「これまで西洋医学が認めてこなかった様々な民間の癒し の技法を、アメリカ人の多くが信頼し自ら進んで治療を受けており、それを知らないのは医者だけ」という現実を明らかにしたこのレポートをきっかけに、ア メリカの医学界は西洋近代医学と民間医療の共存を目指す統合医療(Integral Medicine)の道を歩みだしました。

この統合医療では、ヨガや東洋医学、カイロプラクティク、催眠療法、各種のリラクゼーション法などこれまで西
洋医学から無視されてきた様々な実践が有効な治療法として注目を浴びています。

しかし、この統合医療の意義はたんに民間治療の専門家が西洋医学と協力しあう点にあるのではなく、そうした様々な専門家の治療を主体的に選択している一般消費者こそが医療変革の原動力になっている点にあります。
アメリカでは今、すべてを専門家に任せるのではなく、自ら積極的に治療を選択し取り入れようとする一般市民の「主体身体の復権」と呼べる大きな変化が起こりつつあります。

そしてこの「主体身体の復権」には、人間性心理学、トランスパーソナル心理学、
ソマティクスなどこの100年にアメリカで発達したからだとこころの関係
を探る様々なアプローチや心理療法が大きな役割を果たしてきました。

この講演会では、自らの「こころとからだ」への気づきを育むという観点からアメリカ の統合医療の意義を捉え、そこから浮かび上がってくる「主体身体の復権」というテーマをみなさんと一緒に探っていきたいと思います。またワークショップでは、講演会での議論を踏まえ、私たち一人一人が「主体身体」を復権させる方法を、気功やソマティクスなどの身体技法を手がかりに、体験的に探って行き
たいと思います。

(ゆりこ註:ソマティクスsomaticsとは、じぶんの身体と心をひとつのものとして、そして自分自身のものとして、内的に認識するための技法の総称で、アレクサンダー・テクニックもそれに属します。)

●●● 講演会:統合医療と一人称の「からだ」 ●●● 
日時:    6月25日(土) 午前10時―午後1時
参加費:   3000円 (学生2000円)
会場:     アウエイクン (大阪市港区八幡屋1丁目11-1 地下鉄「朝潮橋」駅徒歩5分)
●●● ワークショップ:わたしの「からだ」を探る ●●●
日時:     6月26日(日) 午前 9時―午後5時   
参加費:   10000円 (学生8000円)
会場:     アウエイクン (大阪市港区八幡屋1丁目11-1 地下鉄「朝潮橋」駅徒歩5分)

ファシリテーター:村川治彦(Integral Studies, Ph.D.)
東京大学文学部宗教学科卒。California Institute of Integral
Studies統合学博士課程卒業。サンフランシスコゲシュタルト研究所修了。「か
らだ」と社会や文化の関係を「一人称のからだ」を通して体験的に探る
身体学を専門とする。Association for Transpersonal
Psychology理事。人体科学会、日本トランスパーソナル心理学・精神医学会会員。
アメリカ心理学会心理療法ビデオシリーズ問題別アプローチ監訳
者(日本心理療法研究所発行)Center for East-West Dialogue代表。カリフォルニア在住。

お問い合わせ: Center for East-West Dialogue (イーストウエストセンター)
info@east-westdialogue.org
http://www.east-westdialogue.org

Share Button