「レッスンのご感想」カテゴリーアーカイブ

「人前に立つときに楽さを見つける」ワークショップのご感想(ビオラ奏者の方より)

先日開催したデビ・アダムス「人前に立つときに楽さを見つける」ワークショップでは、アレクサンダー・テクニークの原理を人前でのパフォーマンスに応用することをテーマに、デビさんとみなさんで一日探究を深めました。

参加者のおひとり、市民オーケストラのビオラ奏者でいらっしゃる生徒さんから、ご感想をさっそくいただきましたので、ご本人の許可を得てシェアさせていただきます。(ありがとうございます。)

ゆりこ先生おはようございます。

先日はデビ先生のワークショップを、どうもありがとうございました。

デビ先生のワークショップで、観客の立場で皆さんのパフォーマンスを聞いていると、サポートを思い出して朗読や演奏をされた時は、より気持ちを動かされました。

聞いているだけで、その方に直接触れていないのに、パフォーマンスされる方とのつながりを感じるのが不思議でした。
みんなで輪になって、膝を緩めたり、固めたりしたワークが、人の距離が離れても起こるのを体験したかもしれないです。

自分が演奏する側になったときは、お客さんはかろうじて視界に入っていましたが、そちらを見ようとか、届けようとまでは意識できませんでした。

今回は逃げたい気持ちではなく、とにかく楽器と楽譜と緊張と一緒にあの場にいたこと、腕の震えを止めようとせずに震えるままにしたこと、が新しかったです。

腕の事は、胴体を少し前へと思うと、少し動きやすくなりました。ゆりこ先生にもよく教えていただいていたのですが、
本番になると、まだ少し後ろにいってしまうんだなと思いました。

腕が震えだすことがレッドゾーンだったというのは、発見でした。

ワークショップの翌日から日曜まで、「曲を区切って演奏を止めて足と床のことを思い出す」練習をしました。

区切りはシフトの前や、フレーズの切れ目などに設定してみました。

やってみると、2小節ごとでも、弾いているうちに、股関節を固めたり、脇を固めたり、体が反ったり、色々していました。

日曜のサロンコンサート本番では、驚きました。

会場はお客さんがすぐ近くにいて、曲の一つは、バッハのG線上のアリアで、静かで繊細で美しく、今までだと最も弓が震える状況です。

今回は弓が震えることなく、練習で区切ったところで、足のことを自然に思い出して、落ち着き直す感じで曲が進みました。

私にしてみると、こんなことが起きるとは本当に思っていなくて、ただ、驚いています。

この練習をしていて、ゆりこ先生に習い始めた頃に教わった、首が痛くなる度に楽器を下ろして頭・首・背中を思い出す、の練習を思い出しました。

痛くて続けられないから止めていたのですが、今思うと、あの時の本番でも、全曲を止まらずに落ち着いて弾けてものすごく驚いたのでした。

あと、デビ先生が、「間違えずに演奏することは出来ないです」と断言してくださったのには、本当に感謝します。間違えることに対する根深い罪悪感が、
ずいぶん軽くなった気がします。

長文で失礼いたしました。
またレッスンでよろしくお願いします。

(アマチュアビオラ奏者、C.N.さん)

デビ先生は帰国されましたが、アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでは、東京と神奈川で週3日づつ個人レッスンを行っています。ふだんは石井ゆりこが教えています。興味をお持ちの方はどなたでもお待ちしています。
レッスン・スケジュールとお申し込みはこちらです。
 1/7(日)東京1/28(日)札幌で
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップを行います。お申し込み受付中!どなたもどうぞ!
Share Button

「『自分をぜんぶ肯定する』秘訣が、身体を観察する行為にあるって感じました」

ワークショップや出張レッスンをしたら、ブログでもご報告をしたいなと思いつつ、いつもすぐに時間が経ってしまい、なかなかできないでいます。
そんななか、上越でのアレクサンダー・テクニークの個人レッスンのほうに参加してくださった方がご感想を書いてくださり、シェアを快諾してくださったので、載せさせていただきます。

もう2、3週間経つけれど、石井ゆりこ先生のアレクサンダーテクニークの個人レッスンを受けたんですが、素晴らしい体験でした。

わたし感動のあまり泣きました(笑)

うまく言葉にできる自信がなくて書けずにいたんですが…

発見と感動の40分だったのです。

まずどれだけ日頃、がんばっていたんだろーかと感じられて。

「目で見る」とかがんばる必要ないことすらがんばってたわぁ…とびっくりしてしまいました。

コントロールできないもの、する必要ないものを自分一人でなんとかしようと抵抗しすぎていたんだって思いました。
怖がりなわたし、それだけ不安で怯えていたんだなとも気づけて、そんな自分が愛おしく思えたり。

例えば「見る」のは私が自力で見てるんじゃなくて、瞼を開くと景色を網膜が捉えて脳内に映像が映ってるわけで、なんもがんばらなくても身体が見せてくれてる。(先生が丁寧に実況してくれるのです)

動作ひとつひとつも、重力と地面がなければ成り立たなくて、身体ひとつの力じゃない。

座るとき、手を動かすときも、地面、重力、骨、筋肉がぜんぶ連動して、私の意思を叶えてくれている❗

なのに、自分ひとりでやってるって思い込みすぎてる〜
こんなに身体にサポートされてるのに〜

と、身体に対して頼もしさと安心感を感じたのと

なんもしなくても感じることができる、感じるために必要なものがもうぜーんぶ用意されている…と感謝と感動がじわ〜っと湧いてきて…泣けた😂

身体の中に、ただいる。いて、世界を見つめてるっていうニュートラルな状態に気づける。

自分でなんとかできる、コントロールができることも、生きる魅力のひとつだけど同じくらい、感じることも大切で。
私は意識がコントロールする側に傾いていて、委ねて感じることを疎かにしがちだったから、欠けていた視点を思い出せたことが嬉しかったんだと思う。

ゆりこ先生の誘導も素晴らしくて。
先生のアナウンスで、身体をありのままに観察する視点に持ってける。
自然としての身体に対する信頼とリスペクトを肌で感じて、それにも感動して、自然と涙が出ました。
プロフェッショナルやわ〜

「骨盤の上に背骨が乗っていて、首があって、首は上下左右好きな方向へ動かせて…」

「歩くとき、骨盤の上に乗った背骨、頭蓋骨も一緒に歩くことができる…」

身体を、パートナーとして捉え直し、骨格を中心に丁寧に観察することで、なんてことない当たり前の日常動作が一気に楽になるのがすごーく面白い!
身体を客観的に見直すだけで、身体も心も深いところからワクワクして嬉しくて嬉しくてふるえた…。

身体って、骨格ってものすごく緻密にデザインされてんだなーと惚れ惚れして、人知を超えた美しさにも感動しきり…。

身体をつぶさに観察するのがこんなに楽しいって知らなかった!とアホみたいに、身体が動くってことが面白くてしかたなかったり。

書きながらやぱりまとまらないんだけど💦

身体の神秘にたくさん出会えました。

ゆりこ先生の「身体にはいろいろな可能性があるんです。」って言葉がよかったなー。
先生から生まれる言葉ひとつひとつも、長い間身体を見つめてこられた実感と慈愛がこもっていて詩的で音楽的な響きがあって癒された…。

身体を知っていくっておもしろーい!!
「自分をぜんぶ肯定する」秘訣が、身体を観察する行為にあるって感じました😍

ゆりこ先生、主催の真紀子さんありがとうございました!

R.M.さん (上越市、画家、26歳)

こちらこそありがとうございました。
アレクサンダー・テクニークのレッスンには、同じレッスンはひとつもなく、そのときその人に起こっていること、起ころうとしていることが、現れてくるのだと思います。
R.M.さんのこれからが、楽しみですね。

また来年も、上越に行く機会を作って、R.M.さんや、みなさんと会えたらなと思っています。

こちらにもレッスンの体験談を載せています。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでは、東京と神奈川で個人レッスンを、それぞれ週に3日づつ行っています。
レッスン・スケジュールとお申し込みはこちらです。地方出張もやっています。
Share Button