4月28日アレクサンダー・テクニーク講座「手を使うことと体全体」

人間は手を使う生き物です。
触れる、持つ、持ちあげる、抱える、手作業をする…
などなど、まだまだ、いろいろなことをやっています。

このワークショップでは、
手を使うときに、体全体/自分全体をどう使っているかを見直し、
手を使うときに「”手”だけ」にならずに、自分全体として手を使う、ということをやってみたいと思います。

アレクサンダー・テクニークでは、からだや心の緊張しすぎをやめていくためのワークとよく言われますが、
そのためには「自分全体」という視点を持つことが特に大事だと、私は思っているのです。

(FMアレクサンダーさんにとっても、著書によると、そのことはとても大事だったようです)。

このワークショップでは、実生活のなかでの動きを通してそのことを探究してみたいと思います。

・手を使うことが多く慢性的に(手だけでなく、肩や首も含めて)傷みがある方
・重いものを持って腰を傷めたことがある方
・楽器を演奏する方
・絵を描く方
・介護で人を介助している方
・細かい作業をする方
・力仕事をする方

などなど、ほかにも、ご自分なりの興味や課題を持って、どうぞいらしてください。

たとえば弦楽器を演奏する方は、「自分全体として手を使う」ことを学習することで、弓の動きをコントロールしやすくなったり、音がよくなり、リズムがよくなり、大きい音や小さい音が出しやすくなります。そして本番のときにも体の過度な緊張が起こりにくくなります。

介護する方は、体を傷めにくくなるのと同時に、相手の人にも無理をさせない、お互い心地よい介護ができるようになります。

実体験によって学ぶ場、そしてお互いに学び合う場にしたいと思います。
ふだん気になっていることなどを(必要なら道具や楽器も)お持ちよりください。

——————————————————-
2018年4月28日(土)
10:20~12:50
場 所:東京都文京区
………お申し込みの後、ご案内をお送りします。
参加費 5500円
定員 8名
講 師:石井ゆり子
お申し込み、お問い合わせ:一番下にあるフォームにご記入ください。
——————————————————–

【講師について:石井ゆりこ】

photo by Xie Okajima


19歳のときにアレクサンダー・テクニークに出会い、自分のために6年ほど学んだ後、4年間のトレーニングを受ける。卒業後18年間、2000人以上の方々に教えてきました。
このワークのシンプルさと奥深さ、何にでも応用できる柔軟さに魅せられています。
国立音楽大学非常勤講師。
著書『無駄な力がぬけてラクになる介護術』『演奏者のための はじめてのアレクサンダー・テクニーク』

■石井ゆりこのアレクサンダー・テクニークのレッスンは東京都文京区と、神奈川の湘南で、随時、受け付けています。レッスンのスケジュールはこちらをご覧ください。

お申し込みフォーム

【お名前】

【ふりがな】

【お住いの地域】

【お電話番号】

【メールアドレス】

【年齢】

【参加希望ワークショップ】
日時:

ワークショップのタイトル:

【ワークショップについて、どこで知りましたか?】

【参加するにあたって、特に興味があることなど、ご自由にご記入ください。】

 

 

Share Button