西宮での四日間のアレクサンダー・テクニークは、充実していて楽しかった!

西宮での四日間のアレクサンダー・テクニークは、充実していて楽しかった!

西宮での四日間のアレクサンダー・テクニークは、充実していて楽しかった!

異なる学校でアレクサンダーテクニークを学んできた卒業生や在学生などが主な生徒さん。
同じアレクサンダーテクニークといえど、そのとらえ方、教え方学び方が少しづつ違ったりする。

まず、違いがあることは、いいことなんだ、と。どれかが正しくてほかが間違っているわけではない。
違いを体験して、違いがあるということを認めたうえで、自分は何を選びたいのかを問うて、選んだらいい。
何かを選ぶために、ほかを否定する必要はない。

そんな話題からはじまった四日間でした。

(一ヶ月前に関西でアレクサンダー・テクニーク・インターナショナルの国際会議があって、それに参加した人が多かったという流れもよかった)。

そして私自身、違うティーチング・スタイルを体験してきている人たちに、「自分が好きなのは、こういう考え方で、こういう教え方だ」と伝えられる機会になったことが、なんだかとても、よかった。

自分で選ぶ、自覚的に選びとる、ということは、パワーになる。

(そういえば行く直前に参加した、「家庭でできるモンテッソーリ教育」という勉強会でも、講師の 深津高子さんは開口一番ぐらいに、「子どもに、”選ぶ”ということをさせることがとても大事」という話をしてくださったのが印象的だったな)。

卒業して教え始めて日が浅い方、学びを中断していて再開を考えてる方、来月卒業の方、そんな方々と一緒に、私も学ばせていただく日々でした。

一番目の写真は、神戸の公園。泊まった叔母の家の近く。

2,3,4番目は苦楽園、西宮。

川、池、木々が街中にあって、よいところです。

画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、木、屋外、自然、水
画像に含まれている可能性があるもの:木、空、植物、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:空、木、植物、雲、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、木、屋外、自然

 

Share Button
築地本願寺であったコーマワークのシンポジウムに行ってきました。

築地本願寺であったコーマワークのシンポジウムに行ってきました。

きのうは、築地本願寺であったコーマワークのシンポジウムに行ってきました。以前読んで、とても心を動かされたマンガ『ペコロスの母に会いに行く』の作者で、長崎から来られた岡野雄一さんと、日本プロセスワークセンターの Sano Hiroko 佐野浩子さんの対談。
『ペコロスの母に会いに行く』と、そのあとのペコロスシリーズは、
岡野さんがお母さんの介護をして、老人ホームにお母さんが入った後も毎日会いに行って、最後、身取る、そのプロセスをご自身がマンガに描かれたもので、とてもすてきなのです。

長崎の、そして天草の町の今と過去、そこに生きたひとりの女性の今と過去が、岡野さんの言葉を借りれば、息子である岡野さんがぼけたお母さんに憑依することによって、描かれています。
岡野さんは、漫画どおりの優しい雰囲気で、朴訥なシャイな感じの人。
マンガと同じく、長崎弁がとってもすてきなんだけど、でも一生懸命、みなさんがわかるように標準語で言おうとしてくださっている。

お話聞いて、長崎に行きたくなった。
坂、墓、馬鹿の街
亡くなっている人も一緒に住んでいるような街。
とってもシャイに見える岡野さんは、でも、街で会って何か気になる人には、話しかけているのかな?「きいてみたら、こういう背景だったそうです」と、味わい深いその人の人生を聞きだしている、普通のことのように。
浩子さんは、「ペコロス」シリーズが大好きでめっちゃ読み込んでいて、長崎に岡野さんを訪ねていかれたそうだ。きのうは、岡野さんのペコロスの世界への大きなリスペクトがありつつ、それをコーマワークの話につなげてくれました。そして流れのなかで無理ない感じで体験ができて、無理なくまた戻ってこれる、すてきな時間になりました。

多くの場合だと、認知症だったり、コーマだったり、通常と違う意識状態の人と接するとき、まわりの人は往々にして、現実世界にその人を戻そうとしがちだけど、岡野さんの場合は、その人の(=認知症のお母さんの)世界のなかで一緒に遊んでいますよね、というような問いかけがあって、コーマワークもそんな感じだという話もあって、

岡野さんは、「マンガを描くということによって自分も、”憑依する”ということをやっていたのでしょうね」と。
お話の合間にペアワークの時間。
コーマワーク、「私にできるかな?難しそう」と、今まで思っていたけれど、
ぼーっとしていればいいんだな、と、今回は思えた。
副交感神経。
「なるべく初対面の人と組んでください」と言われ、
自己紹介もなしにはじめる。
私自身は目をつむっても、なかなか夢の世界に入りきれなかったのだが、後でワークのパートナーに聞いたら、「しっとりとした森の中を一緒に歩いていた」
それは、見たかった夢にとても近い世界だな。
私の夢の、少し先を行ってくれていたような不思議。
交代したとき私は、パーっと視界がひらけて背筋が伸びて、目も目覚めて、ゆるんであくびがでた。浜辺にいるような感じーさっきと全然違う世界だった。
なにも事前情報がないけど、同調するのが不思議でおもしろく、いい体験だった。
最初、なかなか夢の世界に入りきれなかったときにも、
いろんな小さな街の一隅に、あちこち行ってるような時間で、
それらの場所も私にとって、大事な場所たちだった。

Share Button
『だるまちゃんとうらしまちゃん』

『だるまちゃんとうらしまちゃん』

『だるまちゃんとうらしまちゃん』という、かこさとしさんの遺稿が、福音館書店の雑誌「母と子」の先月号に載ってると聞いて、図書館で借りてきた。

とてもよかった(^^)

『浦島太郎』の絵本、子どもの頃、とてもインパクトがあって怖かった!最後、玉手箱を開けるとおじいさんになるのが…。

でも、怖いもの見たさで、その怖い絵本の最後のページをそーっと開けて、見てしまう、子ども時代の私でした。

かこさとしさんの『だるまちゃんとうらしまちゃん』は、浦島太郎のお話をリスペクトしながら、別の次元の、幸せな話になっていて、うれしくなった!

ラフスケッチのイラストがついていて、それも、すてきです!

ほかにも、かこさんが作った、まちがいさがしクイズなども載っています。

【追加訂正】まちがいさがしクイズじゃなかった。ぜんぶちがうもようよアヒルのなかから、1組だけ同じもようのアヒルを捜すクイズ。

すごいよね!今手元にないけど20匹くらいの同じ形のアヒルの模様が、1組残してぜんぶ違うのです。

かこさんは、昔からミスター・ダイバーシティ!

Share Button
西村ケント君(高校生ギタリスト)のライブに行ってきました。

西村ケント君(高校生ギタリスト)のライブに行ってきました。

きのう行ってきた西村ケント君のライブ、とてもよかったです!

暑い中はるばる南浦和まで行った甲斐があった!

南浦和にアコースティックギター好きが集まるライブハウスがあることもはじめて知りました。「宮田家」というライブハウス。いいところでした。

そしてケント君(15歳)の演奏! CDやYou Tube(CDにおさまりきらない曲がいっぱい)を聴いていたけど、生演奏はやっぱりいい!
一曲をのぞいてすべてケント君自らアレンジした曲。その元曲は、ビートルズや、アース・ウィンド・アンド・ファイアーや、スティーヴィー・ワンダー、マイケル・ジャクソンそのほかいろいろのバンド曲がメイン。その元曲のバンドサウンドを一本のアコースティックギターで再現してしまうのです。

ベースラインを弾きながらギターソロを弾き、歌声も、特徴そのままギターに変換。ファルセットはハーモニクスで表したりして、そして、それと同時に、ギターのボディのあちこちを叩き分けてドラムやパーカッションも再現!
曲のなかのドラムソロもやります。
ケント君はソウルやブラック・ミュージックが特に好きなようで、グルーブ感あふれる演奏をしてくれるのです。ギター一本で踊れます!

残りの一曲は彼のオリジナル。これもまた、よかったです。

しかしカバー曲も、オリジナリティがすごい!
こんなことやっている人はほかにいないのでは?

そして、オリジナルであることや、技術ももちろんすごいけど、若いのにそれをひけらかすわけでなく、歌心のある演奏でした!自分の好きな音楽を、ほんとうに楽しんでいるんだなあ。
しかし、2003年ぐらいに生まれた彼が好きなのが、70年代から80年代はじめくらいまでのソウルやブラックミュージックやロックって、おもしろいな。
だれかが、「ご両親の影響なの?」と質問して、「いやそういうわけではないです」とか言っていた。
インターネット世代ならでは、なのかな。
まだ高校一年生。ふだんは関西に住んでいて、夏休みを利用しての関東遠征。京都のプ-横丁という老舗アコギ専門のレコード屋さんの店主プーさんが、彼をサポートして一緒に来られていました。
ケント君が中一ぐらいのときひとりで、「聴いてみてください」と自分の音源を持ってプ-横丁さんに来てからのつきあいだそうです。

Share Button
マーシャ・パラダン

マーシャ・パラダン

マーシャ・パラダン、ご病気だという噂は聞いていたけど、先月亡くなっていたのか。
90年代、KAPPAのアレクサンダー・テクニーク・トレーニングの時代、何度も日本に来てくれた。動きのこと、呼吸のこと、たくさんのことを教えてくれた。なによりマーシャの存在感に安心感があって、「ここにいていいよ」と言われている感じだった。

卒業する直前にも来てくれた。

私は卒業式に歌を歌おうと決めて、アレクサンダー・テクニークを使った歌のレッスンを、何度かマーシャに頼んだ。

身内だけの小さな卒業式とはいえ、クラス内とかじゃなく、そういう、一応ちゃんとした場でひとりで歌うのははじめてだった。

そんなわけでレッスンの内容もとても助けになったけど、

「歌い続けてね」
「アレクサンダーを教えるようになったら、いつも教えるときその前に、歌いなさい」

と、最後のレッスンの最後に、マーシャに言われたんだ。

自分が歌うことなんかに対して、今よりもずっとずっとずっと、自信も何もなく、「意味ないよな」と思いつつ、たいがい引っ込みつつ、歌ってたころ。

限られた時間だったけど、節目のときにすごく大事な影響を与えてくれた先生。なのにずっとご無沙汰することになってしまった、不肖の私です。
ご冥福をお祈りします。

Share Button