ボストンのChipさん

ボストンのChipさん

木曜日に一緒にお夕飯をしたのは、2000年にはじめてボストンに行ったときからずっとおうちに泊まらせていただいていた Chipさん。

Chipはアレクサンダー・テクニークとは全く関係ない人。

ボストンの宿は高く、そのころはAirBNBもなかった。でもなんとか安く泊まれないかとインターネットを探していたら、roommateservice.com というサイトが見つかった。これは、アメリカには大きい家が多くて単身者用の家が少なく、大きい家を持ちきれない人と、一人分の住処が欲しい人をマッチングする目的のサイトで、短期間の旅行者向けではなかったのだけど、そこで見つけたChipに、「短期間でも可能ですか」と聞いてみたら、快くOKしてくれた。

自己紹介には、子どもに国際的な多様性のある環境を経験させたいと思って長年留学生を受け入れていた、と書かれていた。ほかにも自分自身についても長い説明が書かれていて、この人なら受け入れてもらえそうと思った。そして、宿代もリーズナブルだった。

最初に行ったときは東欧から来ていた女の子がいた。そのあとは、もう少し大人の同居人ーピアノを弾く猫を飼ってる看護師のクリスと、介護職のブライアンが、カップルではなくそれぞれの世帯を、Chipの家の中で、台所とバスルームをシェアして暮らしていた。

私はボストンにいるときは、屋根裏の部屋に泊めてもらった。朝起きた時に窓から木々が見えるのが好きだった。ベッドはスプリングがいかれていてイマイチだったので、寝袋で寝てた。

ボストンのDochesterという、古い建物が多く残っている街。今はそんなことないけれど、80年代90年代にはガラが悪いところだと思う人も多かったらしい。黒人が多い街。

はじめて行ったとき、そんなに黒人の多いところに一人で地下鉄で行ったことはなかったので少しドキドキしたけど、実際は危ないとかそういうことはもちろん全くなかった。

でも、もう少し前の時代はもしかしたらもう少し危なかったのかな? 今回あらためて、「なぜDochesterに住むことにしたの?」とChipに聞いたら、「ボストンは当時、人種ごとに分かれてしまっていて、人種間の緊張もあった。でも自分がこっち側にいるかぎり、それに対して何もできないと思った。住んで、そのなかの人になることによって、何かできると思ったんだよね」というようなことを、サラッと言っていた。

Chipはとても温和な人で、アクティビストみたいなタイプでもない。むしろ、ちょっと頼りないと思われがちなのかなというところもある。そのChipがそんなふうに思ってここに住んで…という人生には、ちょっと心を打たれます。

Chipには養子として迎え入れたベトナム人の息子さんがいて、一時期はその息子さんも大変だった時期もあったみたいだけど、今は所帯を持って独立して3人の子どもがいる。以前、家の下の階に家族で住んでたときに、ベトナム製のインスタントラーメンに生野菜をたっぷり入れたのを食べさせてくれて、それから「今から踊りに行くけど行かない?」と、きついベトナム訛りの英語で誘ってくれたこともあったなぁ。

Chipは音楽もやっている。ベースとギターと歌を歌う。前に行ったときはオープンマイクに誘ってくれて、私も一曲歌ったのでした。

今回は、Chipの家に泊めてもらわなかったのに、「ぜひ会おう」と言ってくれて、メキシコ料理をご馳走してくれました。ありがたいなあ。お世話になってばかりです。

私は英語もとつとつとしか話せないし、愛嬌もあるとは言えないし、一緒にいて楽しい人間ではないんじゃないかなと思ってたんだけど、こんなふうに時間が経っても大切にしてくれて、嬉しい。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、石井 ゆりこさんを含む、、スマイル、座ってる(複数の人)、テーブル、飲み物、室内
Share Button
ボストンの運転手さんと

ボストンの運転手さんと

公共交通機関が充実しているボストンは、東京や首都圏と同じように歩きとバスと地下鉄で移動できるのがいい。

(東京みたいに時刻表が駅に提示されてないからグーグル検索で時間を調べることを覚えた。でも、何かの理由で遅れても「遅れてます」というアナウンスなどはない。

電車やバスの車体はほとんどが30年以上使ってそうなゴッツイ車体)。

でも夜は寒いし少々大変だということで、今日はデビがリフト(uberと同じく、オンラインのシステムに登録している個人タクシーみたいなもの。ドライバーが仕事できるときを自分で選べるみたい。タクシーより安い)を頼んでくれた。

来てくれたリカルド(であってたかな?)という黒人のドライバーはフレンドリーな人で、ドライブしながら自分のことをいろいろ話してくれた。

「雪が降ると料金がアップするので明日は稼ぎどきだ。この車は新しいから雪に強いんだよ。どんな吹雪でも大丈夫!」

と嬉しそうに言って、かかっていたラップミュージックをとめて、どんなにこの車のエンジン音が静かか教えてくれたり、
明後日の朝、飛行機で帰るといったら、

「そりゃいい。明後日の朝なら雪は止んでる」

と早速調べてくれたり、
5歳の子どもがいることや、

「ボストンは冬寒いこと以外はとてもいいところだよ。教育もいいし、マルチカルチャーだし、アメリカで一番いい街だ」
と言ったりして、幸せそうだった。
ボストン生まれボストン育ちのようだった。

そんな話を、少し聞き取りづらいブロークンイングリッシュで話してくれた。

ダンキンドーナツの横を通ったら、「俺はドーナツジャンキーだった。辞めたら5キロ痩せたよ。クリームとシュガーのジャンキーで、辞めるまではいつもお腹が痛かったんだ」
と教えてくれたり、
いまは食事にも家族で気をつけてるらしい。

でも、Whole Food storeの横を通るとき、”I like whole food”と言ってみたら、「いいもの売ってるけど高いよね」と。

「私も野菜とナッツしか買わないよー」と私は返した。

奥さんにロブスターをプレゼントしたとか言ってたから食に比較的お金をかけてるのかなと思ったけど、whole foodにはあまり行かないようだった。

楽しいおしゃべりでした。
そして楽にAirbnbに到着しました。

Share Button
ウォールデン湖に、ヘンリー・デイビッド・ソローさんに会いに

ウォールデン湖に、ヘンリー・デイビッド・ソローさんに会いに

風の強い日でとても寒く、歩けないかもと思いましたが、一瞬日が差して寒さがゆるんだ時間帯があって、ソローの小屋のある場所まで歩けました。小屋があった場所に来たら、小屋自体は敷地の入り口近くに移っていてそこには印があるだけなのに、その小さな敷地に入ったら、なんだか暖かくなりました。


ウォールデンはどこにでもあるような、なんでもない湖。それがソローにとって意味があるものになっていた。誰もが、そんな場所を持っているはず。

というような言葉が、ビジターセンターに行くと、書いてあって、「あなたにとってのウォールデン湖はどこだか教えてください」と、世界地図に書き込めるようになって、世界中の人が自分の場所を書き込んでいました。

でも日本に書き込んでる人はまだいなかったので、自分が書き込んでみました。

小屋は1時にオープンして暖炉の火を焚いて、解説をしますと書いてあったけど、行ったら誰もいなく、寒いなか来たけど外から見て帰るしかないかなーと思いつつ、探したら事務所の奥から係員の女性が出てきてくれた。

「こんな寒くて凍ってる日だから誰も来ないかと思っていてごめんなさい」と言いながら開けてくれた。

ソローについていろいろ説明してくれて、そのなかで、「ソローは隠遁生活をしていたと思っている人が多いが、それは誤解。彼は自然のなかで過ごす時間を大事にし、一人の時間を大事にするのと同時に、社会の一員として生きることも大事にしていた」というような話をしてくれた。

ソローは奴隷制度に反対していて、奴隷制度を維持するために使われる税金を払いたくないと言ったために牢屋に入れられたこともあったとのこと。その経験をもとに、非暴力不服従という言葉の入った文章を書いて、ガンジーはその文章を読んでインスピレーションを受けたと、後で見せてもらった紹介映画のなかでガンジーの家族が話していました。

すごい。知らなかったな。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、雪、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:空、木、植物、雲、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:木、空、雪、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:空、木、雲、植物、屋外、自然
画像に含まれている可能性があるもの:木、屋外、自然
Share Button
ひさしぶりのボストン。1週目

ひさしぶりのボストン。1週目

ひさしぶりにボストンに学びに来ました。今回は、トミー・トンプソンの学校のほかに、デビ・アダムスがディレクターをしている、ボストン音楽院内のアレクサンダーのトレーニングコースにも行き、ボブ・レイダがやってるバークレー音楽大学のアレクサンダークラスにも行き、忙しい一週間でした。

土日は休んだり振り返ったりして、あと一週間。時差に慣れた頃に帰らなくちゃです。

2000年から行きはじめて10年くらいは、トミーのクラス以外にはあまり行くところがなくてのんびりしていたけれど、大好きな先生たちのクラスがたくさんで、なんだか充実してきています。

デビもボブもトミーのお弟子さん。
最初に行ったころは、トミーのクラスのアシスタントと個人レッスンをやっていました。

ボストン音楽院でのアレクサンダーのコースは、早朝クラスと夜のクラスの組み合わせ。音楽院のカリキュラムのなかでやらないといけないという限界のなかでいろいろ工夫がされています。デビ以外にもデビが選んだ隣接分野のゲストティーチャー(解剖学、太極拳、呼吸、ソマティック・エクスペリエンスなど)が教える日もあります。

ボブはバークレー音楽院で、ビデオやスライドなども使いつつ、ジャズを中心とした音楽家に教えることを工夫していて、人気のクラスになっていて、週に2時間のクラスを8コマ持っています。

ボブは、数年前に行ったときにはこのクラスを始めたばかりで、「自分はデビと違って音楽は聴く専門だし、学生たちに受け入れられるか、ナーバスになってるよ」と言っていたこともあったなぁ。「でもアレクサンダー・テクニークは役に立つと信じているから」って。
それが今はね!

学生たちが真剣に学ぶ眼差しがすてきでした。

教師たちはそれぞれ、エッセンスは共通しつつも違う持ち味を出して教えていて、その違いがすてきです。

今日はジェイミーとマリーの太極拳のクラスに参加。ジェイミーもトミーのお弟子さんで、明るくてとても親切な人です。体がゆるんで頭はぽかんとできて、よい時間でした。

画像に含まれている可能性があるもの:3人、石井 ゆりこさんを含む、あごひげ
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、靴、室内
画像に含まれている可能性があるもの:植物、室内
Share Button
「うたうのは、わたしのゆめです」(Suming from 台湾)

「うたうのは、わたしのゆめです」(Suming from 台湾)

うたうのは、わたしのゆめです。
台湾原住民のぶんかをみなさんにしってもらうことも、わたしのゆめです。
みなさんは、わたしのゆめを、かなえてくれました。

先々週、台湾原住民シンガーのスミンと、彼の弟分にあたる、ランシンバンドが一緒にやったコンサートに行ってきた。

スミンは、アイパッドに書かれているらしき文字〜たぶん日本語をローマ字表記したものーをたどたどしく読んで、日本語でMCしてくれました。

スミンの歌とギターも相変わらず素晴らしかったけど、MCが印象に残っている。

ほんとうにたどたどしい日本語なんだけど、すごく伝わってくるものがあって。

上のMCのほかにも、曲間に5,6回、ぜんぶ日本語で。

おさけを のみすぎて ふとっちゃいました。いまは やせたいので 運動(ヨンドン)しています。

というのもあったな(笑)

前回見に行ったときは、台湾の旅行本などを書いている青木由香さんを通訳につけていたので、もっと複雑なことも話してくれて、原住民文化の現状や、スミンの歌の背景についてもさらにわかってよかった。でも今回もそのときに負けず、本人の肉声をつうじて、たどたどしくても伝わってくるものがありました。

伝えたいという意図があって、それが歌になっていて、それが広く伝わっていくのだなあ。

歌は、歌詞がない歌も多いのです。

ヘイヤーホー ハイヨーイー ヨイヤー
とか。

歌詞はないけど、具体的な情景がそこに込められている歌たちです。

Share Button