受付中!4/27(土) 「体をとおして自分に気づき、自分が今いる世界に気づく」アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ@東京

体をとおして自分に気づき、自分が今いる世界に気づく。 これは、私がアレクサンダー・テクニークを教えはじめたときにウェブサイトのトップに書いた言葉です。 いま、そこにまた、立ち戻ってみたいと思っています。 まわりとの関係のなかに存在していることと、 自分のからだに意識があること、自分の中心に意識があることは、 べつべつのことではない。ばらばらのことではない。 それぞれお互いに、助け合っている要素なのです。 「まわりとの関係」というときの、「まわり」にも、いろいろありますね。 自分の半径1メートルの空間 もう少し広い、部屋全体 立っている地面 持っているもの、道具 見ているもの 話しかけようとしている、会話している人、すれちがう人etc. そんな、自分をとりまく環境と、自分との関係を、 からだを通して味わってみませんか? ふだん、見逃していたものを見つけたり、 ふだん、あたりまえに思っていたことを新鮮に感じたりするかもしれません。 それは、 自分のなかの生き生きとした感覚を取り戻すことにつながるでしょう。 天気がよかったら外を...
More

1/27, 28札幌アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ&レッスン:日々の刺激のなかで自分と出会い直す 

アレクサンダー・テクニークの特徴のひとつは、 何か刺激になることーー重力、荷物、他者、道具、楽器、 やらなくちゃいけないこと、やりたいこと、などなど…… ・・・そういうものとの関係性のなかで、自分の体や自分自身をみていけることだと思います。 ワクワクするようなこと、プレッシャーに感じられるようなこと、 物理的な刺激から、メンタルな刺激まで、 なければいいのに、と感じられてしまう刺激もあるけれど、 刺激になるものがあるからこそ、自分と出会い直すことができる。 アレクサンダー・テクニークを それぞれの人の日常や趣味や仕事にどう生かせるか、 具体的なからだのこと、動きのこと、そして心身のつながりとして、 みなさんと一緒に多面的に探究してみたいと思います。 アレクサンダーテクニーク教師として私は、 その人の動きを一緒に観察しつつ、 「何もしない手」で触れることで、あらわれてこようとしているプロセスをサポートします。 必要に応じてアイデアや知識を提供しつつも、ひとりひとりの実体験と発見を深める時間と空間を一番大事にしたいと思っています。 ...
More

11/18~11/21 兵庫県西宮市でのアレクサンダー・テクニーク

石井ゆりこのアレクサンダー・テクニークのワークショップを西宮で5月にやって以来、11月に第二弾を行います。 5月には、はじめての方からアレクサンダー・テクニーク教師の方まで、いろいろな方々が混ざりあったクラスになって、そのなかでアレクサンダー・テクニークのエッセンスが、その人その人のなかで深まっていく様子を感じ、また、私自身のなかでもさらに深まるものがあり、とても充実感がありました。そんな会の続きを、また持つことができて感謝です。 日程などは以下のとおりです。 それぞれの日に入口として、テーマを設定しました。 テーマはそれぞれ分かれていますが、皆つながってくることでもあります。 参加者それぞれの方の興味あることをお聞きして、 日常のシチュエーションや活動に、アレクサンダー・テクニークの考え方をどう応用できるか、実践的にやってみたいと思います。 なので、どんな興味をお持ちの方でも歓迎です。 お問い合わせ、お申込みをお待ちしております。 個人レッスンは11/20(火)の午前~昼過ぎまでと、各日の夕方~夜に行います。ワークショップ案内の下をご覧ください。 ...
More

10/28(日),29(月)新潟県上越市でのアレクサンダー・テクニーク「動くことのなかにある、存在の質」「見ること、見られること、見えてくること」

10/28(日),10/29(月) 一年ぶりに新潟県上越市でアレクサンダー・テクニーク・ワークショップ&レッスンを行います。 ひさしぶりの方も、はじめましての方にも、お会いできることを楽しみにしています。 2日間、午前中はワークショップ、午後には個人レッスンを行います。 各日のテーマを設定しましたが、そのテーマを入口として、入っていった先には、ほかのさまざまなことと、全体像とのつながりが見えてくるようにしたいと思います。   10月28日(日)ワークショップ 動くことのなかにある、存在の質 立つ、歩くなどのシンプルな動き、 力仕事、楽器の演奏、人と関わる、など、少し複雑な動き、 習慣化している動き、 慣れなくてどきどきするような動きや、うまくできない動き、 体を痛めそうな動き… 好きな動き、気持ちよい動き… … みなさんが、ふだんやっている、いろいろな動き それらを、実際どんなふうにやっているか、 アレクサンダー・テクニークの考え方を使って 新鮮な興味を持って見てみる...
More

10月25日(木)デビ・アダムスさん関西ワンデイワークショップ「レファレンス・ポイント」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ◎ 10月25日(木)デビ・アダムスさん関西ワンデイワークショップ 「レファレンス・ポイント」  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 【デビ・アダムス(Debi Adams)さんについて】 デビ・アダムスさんは、私が京都KAPPAのアレクサンダー・テクニークのトレーニングコースを卒業した後、毎年勉強に行っていたボストンの学校の先生です。 トミー・トンプソンがディレクターの学校ですが、デビさんはそこで20年以上、トミーのアシスタントをしてきました。 学校の哲学的支柱のトミーの教え方がときどき抽象的になりすぎてしまうようなときに、デビはアシスタントとして、生徒ひとりひとりの声を聞き、ひとりひとりの日常での実践に落とし込む手助けをしてくれました。 同時に、ボストン音楽院のなかでアレクサンダー・テクニークのクラスを受け持っていて、それが評価されて2012年からは、音楽院のなかで、アレクサンダー・テクニークのトレーニングコースがはじまり、そのディレクターになりました。今は新しいアレクサ...
More