タグ別アーカイブ: 気功

気功とアレクサンダー・テクニークのワークショップを終えて

日曜日に、座間晶子さんと気功とアレクサンダー・テクニークのワークショップを行いました。

前回3月に行ったときには、けっこう長い時間、みっちり気功をやったのですが、易しい動きと言えど、慣れない方にとっては少しキツかったようでしたので、今回は、やり方を変えてみました。

まず、楽に立つとはどういうことかというのを体験していただき、それから、一つの気功の動きのなかにある、腕をあげる、下ろす、体を曲げる、などの動きを分解して、それらを体がもっているデザインに沿って楽に行うことを体験していただきました。

ひとりひとりの、がんばりすぎの癖を、どう意識を持っていけばやめられるか、それをやめてもバランスをとれる、動かせる、ということを、私が触れて一緒に動いてサポートしながら体験していただきました。

一日かけてひとつの気功をやり、合間に、足の先の形や立体感を実感するワークをしたり、グラウンディングしたところから声を出すこともやりました。

アレクサンダー・テクニークの休息法のセミスパインもやりました。晶子さんが、「これもひとつの気功ですね」とおっしゃってました。

終わってからいただいたご感想を紹介します。

—–

日曜日はありがとうございました。
ゆりこさんが私のからだに触れたときに感じたことは、正されるんじゃなくて、自分が自身をたしかめる力をもらってる感じがしました。
晶子さん、ゆりこさん、そしてあの場に集まった皆さんとのゆったりした時間に感謝しています。
いろんな気づきと、渾元気功、降気功をひとつ持ち帰ることができて、大変意義のある時間でした。
ありがとうございました!

(K.Oさん、50代)

—–

気功に慣れない私にとって、今回の気功とアレクサンダー・テクニークのワークショップは、ゆり子先生に身体が楽になっているかを見てもらいながらだったので、自然に体感しながら受けとめることができました。

シンプルであることは全てに通じるなと実感しました。

今朝、素足で立ってみたら、床に足の裏がしっかり密着して押されても倒れないぐらいの密着力を感じました。しっかり大地に支えられている安心感もありました。大地に包まれている感じでともいえるかもしれません。「まろかしの世界」の中心に自分が立っている感じでしょうか。

(註:まろかしの世界ーすべてが丸い、ということだそうです。)

三性帰一を始めていくと、立っていることが気持ち良く感じられました。いろいろな音や流れていく風、匂いを感じているうちに自分が一本の木になり地面からエネルギーが自然に吸い上げられて体の隅々にしみ渡っていく、駆け巡っていく感じがしました。実際の木々たちもこのように感じているのかもしれません(笑)

腕の動きに合わせて気が流れていく様は少しずつですが感じられるようになってきたような気がしました。

ワークショップ当日、足・腕・股関節・膝等の使い方を一つ一つ丁寧にチェックしてもらったことによって、身体がより楽に動かせて必要以上の力がからだに入りませんでした。

このことによって、からだが気功の方法を覚えてくれた気がします。動きを覚えるためにエネルギーを使わずにすんだので前回より疲労感はなく、自然に家でやってみようと思えました。

大地に身を委ねていれば身体は自ずから心地よい楽な状態に整えられていくのですね。

本当に余計なことをしなければいいんですね~。改めて体感できました。

足の裏が地面と接することで足と大地がつながっていることを体感できたことは、私にとって奇跡のような出来事でした。

何事も継続して意味があると思うので、いつの日か気が貯まり粟粒一つできてそれを育てられたらいいなと思います。

(Y.T.さん、60代)

—–

気功とアレクサンダー・テクニークとを一緒に教わることで、半日の間なのにだんだんと感じかたが変わりました。 手を上げる、下げる、体を前へ倒す、起き上がる、膝を前へ送り出す、息を吸う吐く、などの動きが連続して一緒になるのを少しずつ丁寧に体験させていただいたと思います。 最後はとても気持ちよく動けて嬉しかったです。

回数や呼吸などもその時々で変えて大丈夫とのことで、とても気が楽になりました。

いつも足や手の先がとても冷たいのに、その日はジーンとして熱かったので、もしかしたら筋肉痛になるのかなと思っていたら、今日になってもどこも痛くならないです。

先生がおっしゃるように「実験」と思って、日常に取り入れてみたいです。

「まろかし」、「母の木」のお話も素敵でとても心に残りました。

(C.Nさん、40代)

===

今回コラボした座間晶子さんは、何十年も気功を実践されて教えてこられた方。また気功自体、何百年もかけて体系づけられてきたもの。それをワークショップで行うときに、アレクサンダー・テクニークの方法で介入したら楽にできるようになってよい、とは思っていたものの、前回はちょっとそのことに遠慮があった私でした。気功の本質を邪魔してしまわないかな?と。

でもやってみたら、かえってそれによって、深い体験をできたという人が多くて、晶子さんもよかったと言ってくださり、よかったです。

石井ゆりこ

Share Button

気功とアレクサンダー・テクニーク(座間晶子さんを迎えて)

シアトル道教学院から、気功の教師でアレクサンダー・テクニーク教師でもある座間晶子(ざま・しょうこ)さんを迎えたワークショップを行います。

今までの何度かの開催で、晶子さんの人柄の存在感の場のなかで気功を練習する時間のかけがえのなさを、私自身、いつも感じていますが、同じように感じた人が多いようでした。

体がとてもゆるんで新しくなったようでした。

また、晶子さんのお話もとても勉強になります。

混元気功は、子どもでもお年寄りでもできる易しい気功ですが、長く立っていることや、関節を曲げること、腕を動かすことがつらく感じるような方にも、アレクサンダー・テクニークの視点からのワークを取りいれることで、みなさんが無理なく気功に入りやすくできればと考えています。

晶子さんのホワイトボード・ドローイング…虚領頂頸、気沈丹田、primary control
晶子さんのホワイトボード・ドローイング…虚領頂頸、気沈丹田、primary control

晶子さんによると、気功をする際の動作の原則は、実はアレクサンダーテクニークの原則と共通するもの、とのこと。

晶子さんが紹介してくださった「虚領頂頸(きょりょうちょうけい」「気沈丹田(きちんたんでん)」という中国の言葉はアレクサンダー・テクニークで言うプライマリー・コントロールと同じだと教えてくださいました。

首が「虚」になると、気が丹田に満ちる、ということだと。

なるほどと思いました。

よく、「東洋の考え方では丹田を大事にするけれど、西洋から来たアレクサンダー・テクニークでは首のことをまず言うのは、間逆のようですね」と言われることがあるのですが、実は同じ一つのプロセスのことを言っていたのでした! 

丹田が満ちるという結果への道に、首が自由ということがある。 そうすると、からだ全体で動けるようになるのですね。

では、実際にどうしたらそういうふうになれるのか? 

それが知りたいな、体験したいなと思われた方は、どうぞワークショップにいらしてくださいね。

 

意到気到、無極、太極、混元
晶子さんのホワイトボード・ドローイング…意到気到、無極、太極、混元

 

当初は、前回やった気功にプラスして別の気功もやりましょうと言っていたのですが、やはり、前回やったシンプルな気功をひとつだけやろうと。

そして、気功の動作を分解して、「立つ」「膝を曲げる」「腕をあげる」「腕をおろしながら体を曲げる」などの、ひとつひとつの動作を、いかに楽にできるかを、ひとりひとり見る時間を、気功の合間合間に入れたいと思います。(ゆりこが主に担当)

気功って気持ちいい!ということ、そしてまた
ただ立っているって気持ちいい、ということ
を、参加者全員が実感できる時間にしたいなと思います。

 

【座間晶子さんについて】

しょうこさんtrim晶子さんは横浜出身、シアトル在住で、シアトルで道教学院という気功と太極拳の学校をご主人と一緒に運営されています。絵描きでもあり、アレクサンダー・テクニーク教師であり、歌、舞踏、芝居などのパフォーマーでもあり、料理人でもある、多彩で多才な先生です。 http://www.taoiststudiesinstitute.org/ 道教学院のサイト(英語) http://www.shokoza.com/ 晶子さんのサイト(日・英)

【石井ゆりこについて】アレクサンダー・テクニーク教師 著書『無駄な力がぬけてラクになる介護術』『演奏者のためのはじめてのアレクサンダー・テクニーク』 http://www.littlesounds.com/

————————————————————

日 時:2017年5月21日(日)10:30~12:30、13:45~16:00
場 所:東京都文京区 ………お申し込みの後、ご案内をお送りします。
参加費:10000円 (半日参加6000円)
定 員:8名
講 師:座間晶子/石井ゆり子
お申し込み、お問い合わせ:下にあるフォームにご記入ください。
または、 yuriko@littlesounds.com までメールで以下をお知らせください。 1) お名前 2) お電話番号 3) このワークショップをどちらで知りましたか? 4) その他、参加するにあたって、特に興味があることなどをお知らせください。)

お申し込みフォーム

【お名前】

【ふりがな】

【ご住所】

【お電話番号】

【メールアドレス】

【メールアドレス(確認用 再入力)】

【生年月日】

【参加希望ワークショップ】
日時:

ワークショップのタイトル:

【ワークショップについて、どこで知りましたか?】

【参加するにあたって、特に興味があることなど、ご自由にご記入ください。】

Share Button

気功とアレクサンダー・テクニーク(座間晶子さんを迎えて)

シアトル道教学院から、気功の教師でアレクサンダー・テクニーク教師でもある座間晶子(ざま・しょうこ)さんを迎えたワークショップを5年ぶりに行います。
今まで何度か開催していて、いつもとても好評だったので、楽しみにされている方も多いと思います。

私自身も、前回、体がとてもゆるんで新しくなったようだったことを思い出します。
また、晶子さんのお話もとても勉強になります。

晶子さんと最初にワークショップをやったのはもう12年前になりますが、そのとき晶子さんが、「虚領頂頸(きょりょうちょうけい」「気沈丹田(きちんたんでん)」という中国の言葉を紹介してくださり、それはアレクサンダー・テクニークで言うプライマリー・コントロールと同じだと教えてくださいました。首が「虚」になると、気が丹田に満ちる、ということです。なるほどと思いました。

今回はどんなお話が聞けるか、楽しみです。

 

【 座間晶子さんより混元気功について】

混元気功は、私たちの周りにある気を取り入れて、私たちの真ん中にある丹田を養って行くものです。

人は誰でも先天の気を持って生まれてきますが、年齢を重ねるとともに使い減らされて来るものです。これを補い養う効果がこの気功にはあります。

ゆっくりとした無理のない動きなので、お年寄りや体の弱い方などだれにでもできるものです。

こうして気を集めてから、それを全身に巡らせて行く纒絲功(チャンスーゴン)という気功も今回は取り入れて見たいとおもいます。龍遊功亀蛇気功もやるかもしれません。

気功をする際の動作の原則は、実はアレクサンダーテクニークの原則と共通するもので、無駄な力を使わずに効果的な練功をする鍵になります。

今回のワークショップでは、気功の動作を学習しながらその道教から来た東洋的なものを、アレクサンダーテクニークという西洋的なものに照らし合わせて探って行きたいとおもいます。

まず、立つこと、そしてモンキーなど、アレクサンダー・テクニークの原理を使ったワークを行うことで、みなさんが無理なく気功に入りやすくできればと考えています。
はじめての方も経験者も歓迎!

【座間晶子さんについて】

しょうこさんtrim晶子さんは横浜出身、シアトル在住で、シアトルで道教学院という気功と太極拳の学校をご主人と一緒に運営されています。絵描きでもあり、アレクサンダー・テクニーク教師であり、歌、舞踏、芝居などのパフォーマーでもあり、料理人でもある、多彩で多才な先生です。

http://www.taoiststudiesinstitute.org/ 道教学院のサイト(英語)
http://www.shokoza.com/ 晶子さんのサイト(日・英)

 

 

【石井ゆりこについて】

1999年より東京と神奈川を拠点にアレクサンダー・テクニークを教えている。国立音楽大学非常勤講師。
著書『無駄な力がぬけてラクになる介護術』誠文堂新光社、
『演奏者のための はじめてのアレクサンダー・テクニーク』ヤマハ・ミュージック・メディア
http://www.littlesounds.com/

————————————————————
2017年3月11日(土)10:30~12:30、13:45~16:00
場 所:東京都文京区
………お申し込みの後、ご案内をお送りします。
参加費:10000円 (半日参加6000円)
定 員:12名
講 師:座間晶子/石井ゆり子
お申し込み、お問い合わせ:下にあるフォームにご記入ください。または、
yuriko@littlesounds.com までメールで以下をお知らせください。
1) お名前 2) お電話番号
3) このワークショップをどちらで知りましたか?
4) その他、参加するにあたって、特に興味があることなどをお知らせください。)

お申し込みフォーム

【お名前】

【ふりがな】

【ご住所】

【お電話番号】

【メールアドレス】

【メールアドレス(確認用 再入力)】

【生年月日】

【参加希望ワークショップ】
日時:

ワークショップのタイトル:

【ワークショップについて、どこで知りましたか?】

【参加するにあたって、特に興味があることなど、ご自由にご記入ください。】

Share Button

気功とアレクサンダー・テクニーク・ワークショップ(座間晶子さんを迎えて)

気功、太極拳、アレクサンダー・テクニークの先生で、絵描きでもある、シアトル在住の座間晶子(ざま・しょうこ)さんが、1月に、3年ぶりに帰国されます。
晶子さんには以前にも一緒に、一日ワークショップや、泊まりがけのワークショップをコラボレーションさせていただいて、大好評でした。
今回も、年明けにワークショップを企画したいと思います。

新たな気持ちで年を迎えるのにふさわしいワークショップになりそうです。
みなさんとご一緒できたらうれしいです。

———————————-

1月12日(土)10:00-17:00 @littlesounds鵠沼スタジオ申込受付中!

お昼ごはんつきで1万円

1月14日(月・祝)10:00-17:00 @文京区:大塚公園集会所(新大塚) 申込受付中!(大きな部屋を借りられたので、もう少し人数大丈夫になりました。)

9千円

定 員:12名

講 師:座間 晶子/石井ゆり子

申込み・お問合せ

yuriko@littlesounds.com

電話 090-2535-6009/03-3941-0741

———————————-

混元気功について、座間晶子さんからひとこと】

混元気功は、私たちの周りにある気を取り入れて、私たちの真ん中にある丹田を養って行くものです。

人は誰でも先天の気を持って生まれてきますが、年齢を重ねるとともに使い減らされて来るものです。これを補い養う効果がこの気功にはあります。

ゆっくりとした無理のない動きなので、お年寄りや体の弱い方などだれにでもできるものです。

こうして気を集めてから、それを全身に巡らせて行く纒絲功(チャンスーゴン)という気功も今回は取り入れて見たいとおもいます。

気功をする際の動作の原則は、実はアレクサンダーテクニークの原則と共通するもので、無駄な力を使わずに効果的な練功をする鍵になります。

今回のワークショップでは、気功の動作を学習しながらその道教から来た東洋的なものを、アレクサンダーテクニークという西洋的なものに照らし合わせて探って行きたいとおもいます。

最初に、アレクサンダー・テクニークのワークを行うことで、気功に入りやすくできればと思います。

【座間晶子さんについて】

晶子さんはシアトル在住で、シアトルで道教学院という太極拳の学校を、ご主人と一緒に運営されています。太極拳とアレクサンダー・テクニークの先生です。絵描きでもあり、歌を歌ったり芝居をやったりもしているアーティストです。

http://www.shokoza.com/ 晶子さんのサイト(日・英)

http://www.taoiststudiesinstitute.org/ 道教学院のサイト(英語)

* * * *

年末は千石では29日、鵠沼では30日までレッスンする予定です。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでの、アレクサンダー・テクニークのレッスンのスケジュールとお申込みはこちらをご覧ください。

では、よいお年をお迎えください。

来年がよい年になりますように。

Share Button

スワイショウと、アレクサンダー・テクニークと、楽器演奏 (左右対称という固定観念)

気功で、スワイショウという、簡単な体操があります。
いくつかバリエーションがあるうちのひとつに、(腰幅より少し広いくらいの足幅で)立って、腕を体のまわりで回転させて、それと同時に体も回転して捻れる、というものがあります。

気功の先生をしている友人には、これを毎朝起きたらやることを勧められました。エネルギーの循環がよくなるそうです。みなさんにもお勧めです。

私はこの動きを、アレクサンダー・テクニークのレッスンのなかでも取り入れることがあります。
気功としての効果のほかに、

・中心感覚をもつ。プライマリー・コントロールを思い出す。脊椎の長さを思い出す。
・体の奥行き、立体感を思い出す。
・”正面”の意識を変える。
・体全体を使った”ねじり”(一部分でねじらない)

というようなことにも、役に立つなあ、と思っています。

とくに楽器演奏をされている方に多いのですが、
「楽器を弾くには左右偏らせて体を使うという無理な姿勢をしなければならないので・・」
などと、言われることがあります。
弦楽器奏者の方や、またピアニストの方が高い音や低い音を弾くときにも、悩まれるようです。

これは、体は左右対称でなければいけない、という観念から来ていると思うのですが、私はこの「左右対称」という観念は、平面的に体を見すぎているのではないかな、と思うのです。

鏡の前に立って、正面から体を映すと、左右はほぼ対称なので、逆にそうじゃないところがあると、気になったりしますが、それは体をある一面から見た見方にすぎません。

体はもっとダイナミックに立体的で、たとえば腕は、体の後ろの下のほうから斜め上に伸びる筋肉からつながっていています。(腕の根元は腰だと言えるかもしれません。)
スアイショウの動きのような、腕を体にまきつけるように回転させる動きをやると、それがよくわかります。

・中心感覚をもつ。プライマリー・コントロールを思い出す。脊椎の長さを思い出す。
・体の奥行き、立体感を思い出す。
・”正面”の意識を変える。
・体全体を使った”ねじり”(一部分でねじらない)

というようなことについて、今まで持っていた固定観念から少し離れられると、楽器を構えたとき、左右非対称に楽器を構えることも、弾いてる途中で腕の位置を左や右に持ってくることも、より自由にできるようになります。

スワイショウの動きも、そのために役立つひとつとしても使えるかな、と思っています。

アレクサンダー・テクニークって、ひとつの正しい姿勢にあてはめるように思っている人もいるのかもしれませんが、そうではありません。よりダイナミックに、体全体を生き生きと使えるようになれればいいと思います。そういうことと、落ち着いて冷静なクオリティは、同時に持つことができるのです。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでの、アレクサンダー・テクニークのレッスンのスケジュールはこちらをご
覧ください。

Share Button