「力を抜く」タグアーカイブ

鍼灸師さんや整体師さんとのアレクサンダー・テクニーク・レッスン

鍼灸師さんや整体師さんに、アレクサンダー・テクニークのレッスンでどんなことをやるのかを紹介しようと思います。
もちろん、その人、その人にとって違いますが、たとえば、
「鍼灸や整体の技術を学校で習ったのだけれど、習ったことが思うようにうまくできない」という方には、
それらの技術を、より効果的に行うために、まずは自分の体の使い方と動きを見ていきます。

人を援助するお仕事の方は、「相手の人を直してあげたい」「相手の人に何かしてあげたい」という思いがあると思います。
それはすばらしいことですが、自分のことを置いておいたまま、相手の人だけに焦点をあてると、余計な力が入る原因になったりして、あまりうまくいかないことがあるのです。

「まずは、自分の体の使い方から見てみましょう」と言うと、意外そうな顔をされる方もおられますが、
私は、そこに意識を向けることが、とても大事だと思っています。

人に触れる。
人をマッサージする。
人の体を動かす。
人の動きを介助する。
人に鍼をうつ。

などのとき、自分自身はどのようなあり方をしていて、どのように動いているか。
手だけでやろうとしていないか。
自分全体を使って動いているか。

そんなことを、まず見ていきます。
自分が何かをしようとするときに、人にはたらきかけようとして、動くとき、自分のなかに何が起こっているだろう?どんな傾向があるのだろう?ということを見ていきます。
ふだんより、微細な感覚に注意をむけて。

そういうプロセスで、注意力を研ぎ澄ませていくと、学校で習った手法で人に働きかけるときの、質が変わってきます。

—–

そして、自分自身をそのように見ていく習慣ができてくると、相手の人を見る見方も変わってきます。

たとえば患者さんや、利用者さんに日常動作や、運動を指導するとき、
患者さんや、利用者さんがうまく体を動かせないとき、何が起こっているのか?

「動かそう」とがんばることで、力をいれすぎて、動けなくなっているのかもしれない。

でも、力をいれすぎているとき、「力を抜いて」と言ってみても、だいたいの場合、抜けません。

力をいれすぎてしまうのはなぜかというと、意識が体のある一部分に集中しすぎているからなのです。

手や足だけを動かそうとするのをやめて、体全体で動くつもりになると、たぶん、動きやすくなります。
また、腰をあげようとするときに、頭と背骨全体を思うと、たぶん、腰があげやすくなります。

—–

まず自分が、利用者さんと同じ動きをやってみると、わかることがあります。

では、もし不自然に見えるような動きを、利用者さんがやっているときはどうすればいいのでしょうか?

動きそのものを矯正しなくちゃ、と思うかもしれません。
けれど、その動きは、どこか動きづらいところを補完するために、必要があって出てきていることもあります。

あるひとつの形を理想だと見なして、その形に人をあてはめようとしているだけでは見えてこないものがあります。
その人の、動こうとする意志があって、それに体が応えていこうとしている。
それは、健常者であっても、痛み、怪我、障害、老化などをかかえた人であっても、同じように起こります。

「体というのはこれこれこういうふうに動くべき」と決めつけず、
利用者さんや、患者さんと一緒に実験するつもりで、一緒に動いてみましょう。
(たとえば、「ちょっと○○を意識して動くとどうなるか、やってみましょう」とかいう感じで)

自分は勉強してきたし、わかりきっている、と思っていることであっても、はじめて動いてみるような気持ちで、
新鮮な気持ちで動いてみると、何か発見があると思います。
生きている人間には、常に新しいことが起こっています。

 

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでの、アレクサンダー・テクニークのレッスンのスケジュールとお申込みはこちらをご覧ください。

Share Button

「腕の力を抜く」 (1)(続 力を抜くことのむずかしさと方向性)

前回、「力を抜く」ことのむずかしさと「力を抜く」について、主に胴体の話からしてきました。

胴体を、力を抜こうとして下向きに押し下げるのをやめて、上向きに広がっていく(「ぶらあがる」)ことを思うと、呼吸もしやすくなるし、手足も動かしやすくなる、という話でした。

今日は、「腕の力を抜く」ということについても、書いておこうと思います。
腕についても、ダランと下向きにぶらさがるのがよい、と、よく言われたりしますが、これについても、もう少していねいに見てみる必要があると思います。
腕をぶらさげようとして、押し下げて、重くしてしまっていないか、ということです。

たしかに、不必要に腕を持ち上げた状態で固めて使っている場合もあるので、それに気づいたら、やめる必要があります。でもだからといって、押し下げすぎるのにも注意が必要です。

これには腕の構造を見てみると、役に立つかもしれません。

 (以下の説明は言葉だけではわかりにくいかもしれません。後日、絵をのせようと思いますが、言葉が苦手な人は、すみません、理解できなくても気にせず、流し読みしてください)。

腕を骨格として見ると、腕のはじまりは、前面から言うと、体の中心の胸骨から左右それぞれに伸びている鎖骨からはじまります。細長い鎖骨がゆるやかなS字にカーブしながら左右に伸びていて、胴体の端まで、肋骨の端までさらに外側、胴体の一番端まで来て、そこでいわゆる肩の骨(=上腕の腕の先端)と出会います。そこから向きが変わり、上腕の骨は下向きに下りてきて、ひじ、前腕、手首、手のひらと続いていきます。
つまり、腕は体の中心からまず左右に伸びていって、そこから下に下りています。

ついでに言うと、背面には大きな逆三角形の肩甲骨が左右にあって、そこから腕がはじまっています。なにげなく手を上にあげると、肩甲骨も手の向きと連動して回転します。(だれかに肩甲骨を軽くふれてもらいながら、手を上に向けて動かすと、わかりやすいかもしれません (註)

さらに筋肉で言うと、肩甲骨のさらに下の広背筋が、腕の動きと連動して動いてきます。

 つまり、腕はまず、中心から外側に向かって左右に伸びている、
背面から見ると、腕は、左右に広がっている肩甲骨からはじまっている。
もっといえば、腕は筋肉でいえば、広背筋からはじまっていて、下から支えられている。
そのような、中心からのつながりと、下からの支えがあって、はじめて、腕は下に行ける。

腕は上からぶらさがっているのでは、ないのです。

だから、力を抜こうと思うとき、腕が背中から支えられているイメージを持つと、いいと思います。

ただ、実際に腕を使うときで、「力を抜く」ことが課題になるときは、何も持たず、動かさずにいるときではなく、腕や手を使って何かをしているときだと思います。
そういうときには、どういう方向を思えばよいでしょう?
よかったら、考えてみてください。

(次回に続きます)。

註:私のワークショップやレッスンでよくやる動きですが、そのときは、その人によって、癖があるので、どこに気をつけたら肩甲骨が動きやすくなるかをアドバイスして動いてもらいます)。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでの、アレクサンダー・テクニークのレッスンのスケジュールとお申込みはこちらをご覧ください。

Share Button

「力を抜く」ことのむずかしさと、「方向性」

 力を抜くことについて、以前、書いて、すぐに続きを書くつもりが、時間が経ってしまってすみません。

「力を抜く」ことが大事なことだ、と、最近よく言われるようになりました。

たしかにそうなのですが、「力を抜こうと思っても、なかなか抜けないんです」と、言われる方が多いです。

「力を抜く」って、けっこう難しいことだと、私も思います。

「力を抜こう」としている人がよくやっていることに、力を抜こうとして体を押しさげてしまっている、ということがあります。

肩を下に押し下げてしまっていて、その結果、肩の下にある肋骨や、肺を狭めてしまっていたり、お腹を縮めてしまってことが、よくあるのです。

そうすると、呼吸がしにくくなってしまいます。

声を出そうとするときや、息を吐こうとするとき、管楽器を演奏しようとするとき、「力を抜こう」として、よけいに肺を圧迫してしまっているケースは、意外と多いのです。

たしかに肩があがってしまっていては、よくないというのはそのとおりなのですが、上がらないように、下げていては、それもまた、逆効果です。

肩は、上げずに、かといって、下げずに、自然に体の中心から、鎖骨が左右に伸びていった先にあるがままに、まかせておいたらよいです。横方向を思うといいです。

なぜか「力を抜く」って、下向きのイメージがあるようですが、そうではないんですね。

横向きもあるし、上向きもあります。

必要以上に下向きにもっていこうとすると、よけいな努力が必要になってしまいます。

アレクサンダー・テクニーク教師のひとり、イムレ・トールマンさんは、「ぶらあがる」という言葉を使っていました。「ぶらさがる」ではなくて、「ぶらあがる」。

とくに背骨のことを考えるときには「ぶらあがる」という言葉は、なかなかよく表しているのではないかなと思います。

背骨は、上向き方向(=頭の方向)にも伸びています。

棒のようにまっすぐ伸びるわけではなく、ゆるやかにS字を描きながら、上に向かって伸びています。

人間は直立して生活しているので、猫科の動物のように、頭から獲物に飛びかかったり、ジャンプしたりはしないけれど、猫科の動物がジャンプするときの背骨の可動性は、いいインスピレーションになるかもしれません。

人間の場合は、背骨が上向きに伸びていて、頭が高いところにあります。

そして人間の場合、背骨がゆるやかに上向き方向に伸びていくと、胴体は横にも広がりやすくなるのです。(鎖骨があるからかなと思います)。そして、胴体の、奥行きも出てきます。

そうすると、呼吸がしやすくなります。

胴体と手足のあいだにある、腕の関節や、股関節にも余裕ができて、手足も動かしやすくなります。

-----

アレクサンダー・テクニークの考え方で大事なことのひとつに、「方向性を思う」ということがあります。

いろいろな意味合いがある言葉ですが、今日書いたような状況でいえば、本来、体が自然にはたらくべき方向性を思う、ということですね。

そのときに注意することは、方向性を「思う」だけで、作り出そうとはしなくてよい、ということです。

作ろうとすると、またまた、やりすぎになってしまいます。

「思うだけ」で、よいです。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでの、アレクサンダー・テクニークのレッスンのスケジュールとお申込みはこちらをご覧ください。

Share Button