タグ別アーカイブ: ピアノ

1月7日(土)音楽のある暮らしに生かすアレクサンダーテクニーク(デビ・アダムスを迎えて)

人前で演奏するときの緊張、初見演奏、練習のコツ――どのあたりに関心をお持ちでも、アレクサンダーテクニークの基本原理を、自分にあてはめて活用することができます。
デビは演奏家として仕事のあらゆる面にアレクサンダーテクニークを活用しています。
アレクサンダー氏の発見に根ざした「インヒビション(抑制)」と「ディレクション(方向性)」について、デビは新鮮な視点を持っており、さらに、そこにテンセグリティや神経生理学などのもっと最近の概念も取り入れています。
参加者はご自分の楽器や疑問・質問を是非お持ちください。
ピアノのある部屋で行う予定です。

あがり症について
正真正銘のあがり症も、もっと程度の軽い緊張も、人前で演奏するときの緊張体験がどんなものであれ、
アレクサンダーテクニークはそうした演奏体験が楽しさや喜びの体験に変わる可能性を提供します。
緊張や不安の症状を自分がどう解釈するかによって、いかにぎこちない道を転げ落ちてしまえるか、
また同じ症状を新たな視点でとらえることで、心の奥底では可能だと知っているような演奏体験へ
いかに変容していけるかについて見ていきます。

●講師紹介 デビ・アダムス(Deborah Fishbein Adams)

ATI公認アレクサンダー・テクニーク教師。トミー・トンプソンのもとで教師養成トレーニングを受けました。2002年からボストン音楽院にて、音楽家、ダンサー、俳優に向けてアレクサンダー・テクニークを教えてきており、2012年には音楽院内にできたアレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングのディレクターになり教師を養成しています。

デビはピアニスト(ボストン大学音楽部ピアノパフォーマンス科修士)で、何年も前に腱鞘炎で悩んでいたとき、アレクサンダー・テクニークに出会ったことが、最終的に痛みのない人生につながりました。このパワフルなワークをほかの人たちにシェアする責任を感じています。

今回、東京でのデビのそのほかのワークショップと個人レッスンについてはこちら
ボストン音楽院サイトのデビのページ(英語)
デビの個人ウェブサイト(英語)

—————————————————
日 時 : 1月7日(土)10:30~16:30
会 場 : STUDIO1619
西武池袋線「江古田」駅より徒歩6分、
または地下鉄有楽町線「新桜台」駅より徒歩1分
http://www.studio-1619.com/map.html
参加費 : 16000円(事前振込。お申し込み後、振込先をお知らせします。)
定 員 : 10名 おかげさまで満員になりました。以降、キャンセル待ち受付とさせていただきます。(6日、12日の個人レッスンは空きがあります。よろしければどうぞ。)
講 師 : Debi Adams (通訳つき)
お申し込み、お問い合わせ:
yuriko@littlesounds.com までメールで以下をお知らせください。
1) お名前 2) お電話番号
3) このワークショップをどちらで知りましたか?
4) その他、参加するにあたって、特に興味があることなどをお知らせください。)

Share Button

デビ・アダムスによる、音楽家のための12の掟

アレクサンダー・テクニークとピアノの教師、デビ・アダムスさんによる「音楽家のための12の掟」を以下に紹介します。

これは、もともと「ピアノ演奏のための12の掟
(The Twelve Commandments of Piano Playing )でしたが、ピアノ以外の楽器にもあてはまるということで、「音楽家のための12の掟」になりました。

1. Clarify Your Intention
意図を明確にしよう。

2. Treat each phrase as a gesture.
フレーズのひとつひとつを、ひとつの身振りとしてみよう。

3. It’s all about you.
It’s not about you
自分ごと、だけど、自分のことじゃない。

4. You can only be where you are.
できることは、今居るところに居ることだけ。

5. Less is more
減らすと、多くなる。

6. An expressive physical movement does not always lead to an expressive sound.
表現豊かな体の動きが、表現豊かな音をつくるとは限らない。

7. When in doubt – expand.
迷い、疑いが生まれたら、広がろう。

(最初は、When it doubt – lengthen 「疑いが生まれたら、長くなろう」としていたが、「広がろう」のほうがさらによいと思い、変えました。by Debi)

8. Rest at the rests
休符のときは、休もう。

9. If you can’t hear it that fast, you can’t play it that fast.
自分が聴き取れない速さでは、弾けません。
>
10. Practice makes permanent.
練習することで、永続的なものになる。

(よく音楽家の間で言われるのは、Practice makes perfect 「練習することで、完璧になる」だけど、私の理解ではこう。 by Debi)

(間違った方向に練習すれば、間違った状態が持続するようになるということも言える by Debi 2017)

11. Hands last.
手は最後。

(音楽家に限らず大事なこと。アレクサンダー・テクニークの先生になる勉強をしている人向けのクラスでも、合い言葉のように、いつも言ってるの。すぐに手を出したくなる(すぐに楽器に手を置きたくなる)人が多いけれど、そこでちょっと待ちましょう、手は最後です。)

12. The shortest distance between two points is a curve.
2点を結ぶ最短距離は、弧を描く。
以上です。

(The Twelve Commandments of Piano Playing@Copyright 2012 All Rights Reserved The Well Tempered Pianist )

Share Button

11/22,23 水戸アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ

このワークショップは終了しましたが、2016も行う予定です。興味のある方は、水戸のfelice音楽教室にお問い合わせください。

2015年11月22日(日)、23日(月・祝)に、水戸でアレクサンダー・テクニーク・ワークショップを行います。

3月、7月にひきつづいてのワークショップ、ギターとピアノのfelice音楽教室にて行います。
会場は音楽教室ですが、音楽をやっていない方でももちろん歓迎です。

お申し込みは、リンク先より。お早めにどうぞ。

Share Button

レッスンのひとこま:ピアノ演奏とアレクサンダー・テクニーク(意識が変化すると、音が変化する)

きのうのレッスンの一こま。
ピアノやいろいろな楽器を演奏する音大生。
まじめな青年で、からだに意識を向けることで、無理のない、そしてよい演奏ができるようになりたいと模索中。
むずかしい曲や、大きな音を出す曲のときに少し腕が痛くなるのが気になるという。

ピアノを弾いてもらう。一度弾いてもらったあと、
「からだだけに意識を向けるのではなく、からだの中心から腕をとおして指先まで、そして指の先にある鍵盤、鍵盤の奥の楽器の中で起こっている動きまで、意識を含めてみたらどうかな?」
と言う。
(ピアノって大きいし、動かしにくい楽器なので、ほかの楽器よりも、自分の延長としては考えにくいかもしれないけれど)

意識を変えて弾いてみたら、音がちょっと硬くて力づくだったのが、そしてちょっと表面的な音だったのが、深みのある音になった。腕も痛くないという。

からだの内部の使い方だけではなく、外にあるものの使い方だけでもなく、中と外のあいだの窓をひらいて、行ったり来たりの流れがそこにあることを認識すること、
つい忘れられがちで、でも大事だな、と思います。
そうすると、意図が伝わり、共鳴しあう。
自分という楽器全体と、ピアノという楽器全体が共鳴して、音楽を奏でる。

PS) この文章を、料理のお仕事をしている友人が読んでくれ、「これからモモ(ネパールのぎょうざ)を包むので、いいヒントをいただきました」と言ってくれました。おいしいモモができそうですね。
料理も、楽器演奏も、日常動作も、いろんなことが共通してますよね。
それに、すべてアートになりえますよね。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでの、アレクサンダー・テクニークのレッスンのスケジュールはこちらをご
覧ください。

Share Button