講師の紹介


石井ゆりこ プロフィール

東京生まれ。東洋大学文学部教育学科卒。

1988年よりアレクサンダー・テクニックを学び始める。個人レッスンやワークショップで継続して学んだ後、95年より京都アレクサンダー・テクニック教師養成スクール(KAPPA)に入学。4年間1600時間のトレーニングを経て98年に卒業。 ATI(Alexander Technique International) 公認。東京で教え始める。(東京(首都圏)で唯一の教師だった時期が長かった)。

その後米国Alexander Technique Center of Cambridge他で継続的に学ぶ。ミード・アンドリューズ、ブルース・ファートマン、イムレ・トールマン、 トミー・トンプソンデビ・アダムスルシア・ウォーカー、マリ=フランソワズ・ルフォル、ローザ=ルイザ・ロッシ、アン・ワックスマン他にアレクサンダー・テクニークを師事。 またジェラルド・ ハーシャー(アンドーヴァー・エデュケーター)には、ギタリストのためのボディ・マッピングを習う。

1998年より東京で教え始める。 音楽家、ダンサー、俳優、アスリート、あるいはカウンセラー、セラピスト、看護師、理学療法士、整体師、また会社員、学生、主婦など、現在まで2000人程の方に教える。
言葉と言葉以外のダイアログで、生徒さんの気づきと変化にじっくり寄り添っていくのが持ち味。

また、オーケストラ、ブラスバンド、対人援助職、看護師、介護職従事者のグループ などで教えたり、アレクサンダー・アソシエイツ(ATA)等アレクサンダー・テクニーク の教師養成校のクラスでも教えてきた。
2008年~2011年 洗足学園音楽大学専攻科(器楽専攻科、声楽専攻科)講師。
2008年 PARC自由学校にて講座。
2009年~現在 TEENSPOST(町田市、子ども・若者・女性の心のケア・サポートをするNGO)にて、月1ワークショップ。
2016年~現 在国立音楽大学非常勤講師

88年より野口整体、98年よりプロセス指向心理学も継続して学んできた。 自然としての人間を、心身をひとつのものとして扱うソマティック(somatic)なワークに興味をもちつづけている。 また、ひとの多様性と、自分のこころとからだを自分のものとして取り戻すというテーマに興味がある。 ギター弾き語りが趣味(3歳の頃から音楽が好きで、ミュージシャンになりたくて、ピアノ、フレンチホルン、バンジョー、ギターなどを学ぶ)。水泳、自転車散歩、ハイキング、スタンドアップパドルサーフィン、キャンプも好き。

著書『無駄な力がぬけてラクになる介護術』誠文堂新光社、
演奏者のための はじめてのアレクサンダー・テクニーク』ヤマハ・ミュージック・メディア

石井ゆりこ インタビュー

以下は2007年の、石井ゆりこインタビューです。

Q. アレクサンダー・テクニーク教師になるまでのことを教えてください。

大学生の頃、私は自分自身でいるということへの信頼感も、自分がしたいことをできる自信もあまり持てずに、くすぶっていました。まだ日本にはアレクサンダー・テクニーク教師がおらず、アレクサンダー・テクニーク自体が日本ではほとんど知られていなかったころです。(1988年)。私も何の知識もないまま、「あなたには合ってる気がする」と、知人(片桐ユズルさん)に誘われて、米国から対日したミード・アンドリュース先生のワークショップを受けに京都に出かけました。

ワークショップのなかで、「人前で話す」ということをやってみました。私は人前で緊張しやすく、声も小さく、よく「聞こえない!」と言われていたのですが、そのとき、自分が人前で話しているのになぜか体は緊張していない、ということをはじめて経験しました。とても驚きました。

そして、このワークは「継続してこそ意味がありますよ」と、先生に言われ、自分のためにレッスンを続けてみることにしました。ワークショップの間だけでなく、日常でも声を出すのが楽になることができるとは、あまり期待していませんでしたが、レッスンを受け始めてしばらく経つと、以前と比べてだいぶ声を出すのが楽になっていました。それから、歌うことを、レッスンに取り入れるようになりました。最初は意識しすぎて難しく、でも、だんだん人前で歌うときも自分自身が気持ちよいと思えることが増えてきました。

なによりと、のびのびと自分自身でいられる時間が増えてきました。写真を見ても20歳のころより、20代後半以降のほうが若々しいような気がします。

教師には、最初はなるつもりはありませんでした。ただ、もっと学びたいと思い、日本ではじめてできたアレクサンダー・テクニック教師養成の学校に入学しました。京都に移住して、お寺のなかのアパートに住み、仕事を見つけ、昼間、働き、夜と土曜日、学校に通いました。

学校での授業は、その”KAPPA”という学校の先生はダンサー出身の方が多かったこともあって、とにかく体験重視で、遊びのようなことも多くとりいれられていました。一方、ワークしていくうちに感情的なことが出てくることも結構ありました。教師になるかどうかはともかく、自分の人生にとって大事な経験をしている時間だという実感がありました。

学んでいるうちに、アレクサンダー・テクニークは特別な才能ではなく、自分自身をみていく訓練なのだということがわかってきました。 自分自身を観られるようになるプロセスが、他の人に教えられるようになるプロセスなんだということがだんだんわかってきました。 教えるということが、そういうプロセスを共有するということなら、私にも教えられる、と気がつきました。 卒業して、「仕事」として成り立つかどうかは未知数ながら、教えてみることにしました。

東京に戻り、そのころもまだ、アレクサンダー・テクニークという言葉を聞いたことがある人を探すのが難しい頃でしたが、友人に協力してもらってウェブサイトを作り、アレクサンダー・テクニークを紹介したり、教えたりしはじめました。


Q. littlesounds.com という名前の由来は?

森の中を歩いたり、すばらしいコンサートに行ったり、アレクサンダー・テクニークのレッスンを受けたりして感覚がひらいた時、空間のあちこちにある音が、空間を構成しているということに気づいたりします。
また、人のひとりひとり、存在のひとりひとりも、同じようなものだと思います。ふだん、とりたてて目立たないような小さなひとつひとつの存在が、存在していることで、この空間が存在している、、、のだと思っています。同じように、自分のなかにいる、さまざまな人、自分のなかにあるさまざまな響き、どれも自分を構成している大事な要素なんだと思います。そんなことをアレクサンダー・テクニークのレッスンをとおして分かち合えたらと思って、名づけました


Q. アレクサンダー・テクニークを教えるにあたって、心がけていることは、なんですか?

アレクサンダー・テクニークを教えるというのは、生徒さんが学ぶことをサポートするということだから、 アレクサンダー・テクニークのレッスンの主体はあくまでも生徒さんです。 そのことを一番大事にしていきたいと思っています。

そのために私が心がけていることは以下のようなことでしょうか。

・明快で、でも押し付けではないハンズ・オン、そして言葉

・一方的なレッスンにならず、ダイアログ(対話)があるレッスン(言葉のレベルだけでなく)。

・その人が今どういう状況にいて、なにを感じ考えているかを、よく聞いて、よく観る。

・自分が使う言葉をよく検討しなおす。

・私自身が、よいコンディションでいること。

これが一番むずかしいかもしれませんね(笑)。
ちなみにこの場合の「よい」というのは”good” というよりも、「自分全体でいること」と言ったほうがよさそうです。

・信頼できる先生にレッスンを私自身がなるべく定期的に受ける。

これは、ブラッシュアップのためもそうですが、それだけでなく、それ以前に 自分のメンテナンスのため、そして、原点を忘れないためにも、とても大事なことだな、と感じています。

・アレクサンダー・テクニークのほかに、自分が何か新しいことを、学ぶ状況をつくる。
今は、合気道と、アフリカンダンスを、少しづつならっています。まだ始めたばかりでうまくはできませんが楽しいです。そしていろいろ発見があります。(2007年現在)。

アレクサンダー・テクニーク 石井ゆり子


Share Button

東京都心(文京区)と湘南・藤沢でのアレクサンダー・テクニーク(アレクサンダー・テクニック)のレッスン。