ドラマーの体験談

 3人のドラマーの生徒さんの、アレクサンダー・テクニーク・レッスン体験談を、以下に掲載させていただきます。

(ドラム以外にコントラバスや、ダンスもされている方もいらっしゃいます。言葉にするのが上手な方が多く、長めの文章ですが、ドラム演奏に限らず生活全般に関して、みなさんの参考になることが多いのではと思います。)

 

楽器(ドラム)とケンカしなくなりました。

僕はドラムをやっていますが、ドラムに限らず、音楽、踊り、スポーツ、格闘 技から、作法、立ち振舞い・・・分野は違ってもその道の一流の人ほど、合理的で、共通した身体の動きがある、という話を聞いた事があり、身体の使い方、動 かし方、呼吸など全般について興味がありました。

レッスンを受けて、自分の身体や、楽器とケンカしなくなったと思います(まだ途上です)。 今までは、演奏後はぐったり疲れる、練習中何故か眠くなる(無駄な力みによる酸欠だったのでは?と思ってます)手首や足に痛みがある、といったことがあり ましたが、今は殆どなくなりました。そういった事につながる悪い癖・動きを、レッスンを通してやめられるようになったからだと思います。 それに伴い、上達のスピードが早くなりました。 考え方にも変化がありました。

ちょっと僕独自の解釈なので違う解釈もあるかもしれませんが、、、 1、以前いただいたメールで、(ちょっとうろ覚えですが)「頑張り方」を変えてみる。「普段とは違う頑張るにする」といったお話しがあったと思います。あ!そうか!! でした。

僕がそうでしたが、「一生懸命頑張る」を 苦労すること、辛くなくてはいけない、と考えてしまう人、多いのでは、と思います。その時点で、「頑張るぞ!」と無理な力が入って、ガチガチだったように思います。 巨人の星の大リーグボール養成ギブスみたいなものでしょうか。

2、他には、自分の体への間違ったイメージを正す事で、本来の動きを取り戻す、という考え方。 こちらも、なるほどーでした。アレクサンダーテクニークを知らないと、多分みんな知らない考え方ですよね。

ちょっと話はそれますが、体だけでなく、自分の性格とか、思考の癖、行動パターン、自分の短所・長所 過去の出来事など、第三者的に、客観的に正しく理解できると これまた生活や気持ちにも 変化・改善が起こるようで (この辺、まだ研究中ですが)大変興味深いトコロ・・・。

3、あとは、「抑制」のこと。 先生のレッスンの中では、「反応しすぎない」とおっしゃってたでしょうか。 この部分を知った時、自分や周りの人が、刺激に対して必ず決まったびっくりパターンをとっている、・・・で辛くなっている事が多いとわかりました。この考え方も知っているのと知らないのとでは、随分違ってたと思います。

一生懸命練習してきたけど、何かうまくいかない、という人はぜひレッスンをうけてみてはと思います。 自分の身体の事を再認識できて、アレクサンダーテクニークの考え方も含め、何かのヒントになると思います。

また、僕がそうなのですが、言葉で教わり頭で理解するのではなく「身体で覚えたい」という方も良いと思います。 「手取り足取り」、先生のガイドを受けて、実際に身体を動かしながら体感できるレッスンだからです。

(S.Tさん、ドラマー、埼玉県在住、2008年)

 


ドラムのスティックがストレスなく振れるようになりました。

ドラムとコントラバスのI.Aです。札幌での個人レッスンとワークショップの感想をメールさせていただきます。 この日一日で多くの気付き・体験をしたけれども、特に「おおっ、これは!」と思ったことが、腕・脚が長くなったように感じる?(本来の自分の体の大きさを取り戻す?)体験。

 午前中の個人レッスンはテーブルワークでしたが、先生から自分の体の不調な点などについて訊かれ、「肩こりが・・・左肩が・・・指が・・・ etc」とごちゃごちゃ答えた後にハンズオンを受けましたが、あまりにも静かにことが進むので「これはいったいなにをしているところなのだろう・・・なに が起きるところなのだろう・・・。」ともやもやしていたところ、ちょっと時間が経ったところで突然腕が伸びた!?ような感じがしました。同じように、脚 も・・・どこか別の場所にいってしまった感じがしました。 そう感じることで、かえって不思議と自分の手足が頼りがいのあるも のに思え、早速この状態のまま生活してみたいと思いました。

 そして午後のワークショップまでの間、散歩したりしていたのですが、脚はもとの短い感じにも どってしまいました。が、腕は多少感覚が残ったような気がします。

 レッスンが終わった今、横に向かってゆっくりと手を伸ばしながら「指先がリードして・・・」という言葉を思い出しながらやっているとじわじわと伸びてきます。

 体が長さを取り戻すということに有益性を感じたのは、次の二つの体験があったからです。 ひとつは、コントラバスの弦が軽く、柔らかいものに感じること。 もうひとつは、ドラムのスティックがストレスなく振れること(特に左手)。 先生の「一度手が遠回りして、肘がここで折れて、内側に戻ってくる。」という言葉を思い出しながら、今、コントラバス/ドラムを練習しています。

 特にドラムに関しては今回レッスンでは見てもらわなかったのに上達?していてびっくりでした。家についてすぐ、なんとなくスティックを手に取ったら、今までにな いラクさ加減で振れたのです。自分でも「あれ?なんでできるんだ?」と思うほどでした。

 それで、改めて自己を思い返す と・・・今までは演奏を始めると同時に、自分の頭の中で左腕がどんどん短くなっていったんだと思います。さらに、左肘の位置感覚もおかしいことに気が付き ました。(ちょっと難しいフレーズをやろうと緊張すると、肘が上腕のほうにずれてしまう感じ?) 結果、左腕が縮こまって、不必要な力みが入って、手首の回転も使えず、体幹との連動性が無くなって、指の力だけに頼らざるを得ず、コントラバスにしてもドラムにしても大変な労力を感じていたんではないかと・・・。

 現在でもまだ縮こまるときは縮こまるのだけれども、一旦楽器を置いて「指先が遠くに・・・長く・・・肘・・・」とかぶつぶつ考えていると、また好調になります。

 アレクサンダーテクニークは、ただ楽器をやみくもに弾き続けるだけが練習ではなく、上達への道ではないということを教えてくれました。時には立ち止まるこ とも大切だということを学びました。そして、立ち止まることは、なにもしないということではないということを知りました。

(I.Aさん ドラマー/コントラバス奏者 網走市)

 


重心のコントロールについて、ダンスやドラムのときだけでなく、まず普段の生活から見直してみたいと思い始めました。

何と表現したらよいのかわからないのですが、寝た姿勢での石井先生の体の置き直し(?)だけで、感覚があんなに変わってしまうのは、とても不思議な体験で した。自分の重さや重心のコントロールなのかな、と、以前ダンスやドラムやリズムについて考えた時と同じようなことを考えました。

ただ今回気づいたのはそういった特別な行為をする前に、まず何もしないでいる姿勢や、基本的な日常生活での行為における姿勢での、そういった事:体の中の 力の流れ、重心の取り方について考えなければならなかったのではないか、という事です。ダンスやドラム等を演奏する姿勢などにばかり目が行ってしまってい ましたが、まず日常の姿勢や行為について見直してみたいと思い始めました。普段の生活をなおざりにしてきた気がしました。そういったものが演奏にもおのず と現れてくるのではないかと思いました。また逆もあるのではないかと思います。

(H.Iさん 36歳 女性、ドラマー、ダンサー)

石井ゆりこによる東京と神奈川・湘南でのアレクサンダー・テクニーク・個人レッスンのスケジュールはこちらをクリック

東京都心(文京区)と湘南・藤沢でのアレクサンダー・テクニーク(アレクサンダー・テクニック)のレッスン。