カテゴリー別アーカイブ: アレクサンダー・テクニーク

An Interview with Lucia Walker: Part3

– What sort of reasons are there for your students to come to your lesson? In your case?

Quite a range. I see quite a few musicians and singers. People who are just not quite satisfied with their life and their health, and they want. Sometimes people even say they want something for which they are responsible as a way of improving that. So in a way, that feeling of “It’s not quite good enough”. Sometimes, various kinds of pains or back problems, or when people have tried many other things and nothing’s worked and this is the last chance. But I’m glad, and I have a bit of a theory that people attract what they’re interested in working. And then I think there’s some element of curiosity, really. People who are interested in being more conscious.

I think I told you that for two years now I’ve worked at a convent. Even before, some individuals came to me, then I see more people. They don’t really go out very much. And there it’s quite a mixture. They in a way are concerned about taking responsibility for their health, in a community people don’t want to be weak or sick. So I like that way, there’s a sort of realization that that’s something you can do, as well as contribute to your practice of whatever you do.

I also have some people where somebody says, “Oh, you should do AT”. There are different reasons.

I know my mother (= Elizabeth Walker, AT teacher) hates the word “posture” being associated with AT, but actually I’ve had a few people who come for that reason. To me it seems a very good reason. They know that how they are both feels and looks and everything else horrible, and they want to change it … I’ve had a couple of teenagers like that, and that’s really nice.

– Say somebody has told this person to go and get some AT lessons, so this person comes for a lesson without not really knowing what it’s about, or without wanting anything in particular — how do you find working with this kind of person?

Well they must want something, if they came. If it’s been a child, maybe the parent has rang me up. Then I always say, “Do they want to come?”, and they go, “Yes”. I’m not interested unless someone is choosing – whatever age. They have to want to. So it needs to be presented in the way they are interested to start with. But I have had people with whom it’s a bit vague why they come … I quite like that actually. (laugh) Because there’s an openness there. It’s almost like an understanding without quite realizing it, of this whole issue of discovering potential – taking away what’s interfering with the potential.

And usually if someone says, “Oh, my friend was saying how great it was, so I’ve come”, then I will say, “Well, what did she say that you thought ‘I want some of that’?” I mean, I’ll always try and find out what’s the thing that touched someone.

I mean, I’ll always try and find out what’s the thing that touched someone.

And often people come with one motivation and reason and it changes very quickly.

– How it changes for example?

Well, one person came to me whom I did know through dancing. She had a job but she did dance classes, and she came for some lessons. She thought it would help her dance. And I think she came every week after work. And after few weeks she said, “You know, I came for that reason, and I am getting that, but my main reason is very different from what I expected — it’s about taking time for myself”. She said, “I suddenly realized, you know, this is so strange for me, and that strangeness is really adding a new dimension to take an hour off, sort of ‘off’ from life, to pay attention to myself.”

– I guess there are pupils who’ve been taking lessons for a long time. What kind of people comes long time?

Well, I’ve been teaching since the beginning of 1988. So all that time would be long. I mean, I’ve got some people who have been having lessons probably that long, but not with me all the time – they were somewhere else before. A couple of musicians like that. And there is one woman who comes not that often now – an elderly woman. She’s now in her 70s. I think she must have been coming over ten years.

– Why does this person keep coming to you?

Shall I give you her phone number? (laugh)

Actually with her, it’s interesting. I’m not quite sure. I think she likes me (everyone laugh).

Just in a comfortable way.. I’m just thinking about the musician people… there is something in the people who keep coming where they’re interested in learning but where there is also just this assumption that you can get helped and supported by someone doing that with you. So there doesn’t have to be, and I quite like that, it takes off me. Sometimes maybe too much the sense that they’ve got to learn something. Actually, maybe not. Maybe it’s enough to come.

So when I said she likes me, it’s like maybe it’s enough to just have that reminder of something — something shift a little bit, to be supported, to be in a place where you remember, to have someone be kind to you and pay attention to you. Also I realize there’re something about that which helps me give up some control as a teacher. Also with younger people I had to do that. That I might never know their reasons for coming, is fine. If I give something, maybe it’s not mine to also have the ‘why’ or the every thing. And the other thing, of course, of people who’ve come a long time, is that they have their motivation.

Some people really make progress when they stop having lessons. They come back later and go, “I really needed to do that”. I did, when I stopped my training. That was when I began. That’s when I started working. (laugh) Before that, it was like, “Oh, someone will tell me something”. And when I came out, it was like, “Oh no, I’ve gotta do this all on my own”, which was hard but also a bit exciting.

I just wonder if I answered the reason for coming a long time. Yes, I think it’s support in their practice of the technique, practicing and learning it. And one other thing is just like all of us, who relatively go on for a long time. It’s that as the sensitivity and interest develops, it develops — you want more. I had one musician who thought she was only gonna come for about four lessons. She’s now been coming for about four years. And she comes quite often when she can — maybe a week or so.

– Do you think the Alexander principle goes with the idea that someone goes back to themselves?

Can you say a little bit more? Or different way of describing ‘goes back to themselves’? Their natural…?

– Yes, true self.

Right. What my mother calls ‘inherent’ – which means you come with it; coordination and good use. Um…yes and no.

The language that previously described it, certainly in my training…I don’t really believe it. I don’t think I’m trying to be like a child – that kind of naturalness. I’m interested in consciousness, even though the unconscious grace of different sorts is very wonderful, that’s not the one I’m after. And I don’t think it’s the one the people come for lessons are after. It’s the conscious one, which is really difficult to find.

But I mean, at certain level, whatever true self means, yes, I do think Alexander is one of the best ways I see for coming back to it… So we do say ‘coming back’ rather than ‘going back’. ‘Coming back’ means ‘here’ rather than ‘there’. I’m just suddenly realizing what the difference is for me. When you said ‘going back’, I was thinking where my true self is, but if it’s like ‘coming back’. So, yes, I do.

I don’t think I realized that at the beginning. In fact I was a little worried that if I took away my habits, I would have no personality left.

– I was worried, too.

Boring and mechanical… Yes, maybe that’s really a worry of youth. We’re very attached to our personalities (laugh). And what I discover is that actually…I don’t know what you call it.. something about people gets clearer and stronger. So I presume that’s the true self. It’s like as you take stuff away, you get a stronger and stronger somebody appearing.

– Lots of interesting things… thank you for telling us. Do I have other questions that I missed asking you? I wonder… I feel I have some more questions…

[To others] Or any of you? I want to ask all of you the same questions. Now I realize that’s what’s strange about an interview. (laugh) It’s kind of nice. I sort of feel quite special, you know (laugh) – to all these questions, I get a chance to say all the stuff. But it’s not like a conversation. Normally in a conversation, we can go, “I think this, and what about you?”. Or you go, “What rubbish!” — you know, you do something. (laugh)

Share Button

アイルランドでのATIの会議AGMに参加して

ATI Annual General Meeting
The Story That We Share Recognizing and  Celebrating the Diversity of our Teaching
分かち合う物語 – 教え方の多様性に気づき、それを祝おう

(2001年10月21日~25日 Spanish Point, Ireland)

私が所属しているアレクサンダー・テクニーク(以下AT)の組織ATIのAnnual General Meeting(AGM)がアイルランド西海岸で行われ、それに参加した。予想していた以上に楽しく内容の濃い5日間だった。私の英語力で大丈夫かしら、とか、教師としても賭け出しの今行って意味があるかな?などと不安もあったのだけど、そういうことを超えた収穫があった。

 何よりも収穫だったのは ATIに集まっている人たちがつくる雰囲気の中にいたことだった。Elizabeth Walkerをはじめとする経験のある先生たち、中堅の先生たち、私のような教え始めて間もない人、そしてトレーニング中の人たちと、さまざまな立場の人たちが来ていたのだけど、雰囲気のなかに上下関係がなかった。経験のたくさんある先生たちも誰も偉そうにしていなくて、まるで、はじめて出会うものに出会っているかのようにATを学び/教えることに意欲を持っている様子だった。そのなかで私は質問したり、意見を言ったり、ワークを交換させてもらったりということを、恐れや気負いなくなくできたことがうれしかった。なんというか、経験の差によって技量等の差はもちろんあるけど、学ぶ者として私は10年、20年教えている先生とも同じ立場なんだ、と思えた。

 Elizabeth WalkerとPeter Rebeauxが休み時間にワークの交換をしていた。 Elizabethは「60年間教えてきてまだ新しいことを学べるなんて、なんてすばらしいことなのかしら!」と、本当にうれしそうに言っていた。Peterもそれに答えて、「40年間(?)教えてきてまだ新しいことを学べるなんて!」と返していた。

 毎日、午前にBusiness Meetingがあり、その後、異なったリーダーによる、あわせて10ほどのワークショップが行われる。夜は生演奏の音楽を聴いたり、アイリッシュ ・ダンスを習ったり、ストーリー・テリングの時間などが持たれる。忙しいスケジュールだった!

▼Business Meeting

 ビジネスミーティングでは、ATIの倫理規定を見直したり、決めるべきことを決めたりする。これが、意外にもとても楽しかった。Rosa Luisaが「私がビジネスミーティングに参加するのは、2番目の理由が『それが必要だから』で、第1の理由は『楽しいから』なのです」と言っていたけど私も同意見です。それなのに何回か欠席してしまって後悔した。

 このビジネスミーティングはCatherine Ketrickと彼女のパートナーのDavid Millsがファシリテートした。3日間かけて4回に分けて開かれる。1日めにみんなが同意していることを明らかにし、2日めに問題提起をし、その日の午後に問題提起の内容を明らかにし、3日めに問題解決に向けて話し合い、結論/合意に向かう…という流れだった。すぐに結論を急がない”means whereby”のやり方が、エキサイティングだった。

 ビジネスミーティングでは司会者、書記、時間係、遅刻した人を案内する係!など、係が決まっている。Peace Makerという係もあった。 ピースメーカーは、議論がエキサイトして人々の話し方が攻撃的になってきたときに「沈黙しましょう」と言う係なのです。その合図でその場のみんなが一瞬沈黙する。Cathy Maddenがその役をやった。(実際には1、2回しか出番はなかったけれど)。

▼Workshops

 今回のハイライトのひとつであったElizabeth Walkerのワークショップは、天気のよい昼間に海をバックに行われた。86歳のエリザベスはF.M.アレクサンダーから直接トレーニングを受けた数少ない生き残りのひとりだが、彼女はとても当たり前の言葉を使って当たり前にワークした。私は椅子の背に手を置くところをワークしてもらったのだけど、あまりにも当たり前な感じだった、としか言えない。。でもあえて言葉にすれば、自分の癖やら何やらじゃなくて、自分の内にある力とか、可能性の方を、ほんとにはっきり見てくれていたんだと思う。それは私 が自分で信じていたものよりも、ずっと大きなものだった!?実際にワークを受けたのは数分だったけれど、貴重な当たり前さを体験できて、楽しかった。

 Lucia Walkerのワークショップでは二人組になって動くことを使ったワークをした。「自分の反応に意識的 (conscious)になるということに、今私はとても興味があります。私にとっては Inhibition(抑制)というのは意識的になるということとほとんど同じ意味かもしれない。意識的になれば、物事はもっと自分にとって習慣的や機械的なものでなく、選んだものになっていくと思う。そしてもっと自分の反応を楽しめるようになっていくと思うのです」とLuciaは言った。すごく私が今学びたいことと重なっていた。そういうことを、実際動くことのなかで経験してみられる彼女のワークはとても好きでした。

 一連のワークショップの最後は、David Millsの、”Go to I Do Not Know Where, and Bring Back I Do Not Know What(どこだかわからないところへ行き、何だかわからないものを持って帰る)”という不思議なタイトルのものだった。ATで Directionを考えるときに、ひとつの型にあてはめようとしてしまう落とし穴に陥りがちだけれど、そうではなくその人が生きていこうとする「物語」に対して開いていくのはどうだろう、ということについて具体的に話された。このテーマはみんなが考えたいことだったようで、終わった後もそのことについて熱心に話している輪があちこちに残った。私の問題意識ともとても重なる感じだったのに、このときは英語が十分にわからなくて悔しかった。

▼Forums

 ”Teaching Forum-教え方の多様性を探求する”は、Rosa Luisaが用意してきた、F.M.Alexanderの著作からとられた、ATの原理が書かれたたくさんの大きなカードを囲んではじまった。3人の異なる教師の教え方に、それらの要素が備わっているかどうか観てみよう、ということだった。教え方において、何が異なっていて何が共通するかというテーマは、短時間で扱うにはとても大きなテーマだったが、私たちみんなの関心をひいた。ミーティングに集まった教師たちはさまざまなバックグラウンドを持ち、教え方のスタイルも少しづつ異なっていたが、その場には、違うやり方を否定するのではなく、そこからお互いに何を学べるかを探そうとする雰囲気が、フォーラムの時間内だけでなくミーティング全体を通してあった。そう、今年のミーティングのテーマは、「多様性に気づき、それを祝おう」というものなのだ。

“Language Panel”(英語が母国語でない人がATを学ぶことについて)が開かれたのも意味深かった。私を含めてATを学んでいる人々の母国語は、今やもちろん英語だけではない。Rosa Luisaらドイツ語圏の人たちや、スロバキアのトレーニング生たちなどが来ていて、ただ英語文化中心の話し合いに合わせるだけでなく、自分たちの立っている場所から発信し続けているのには、立ち合っていてわくわくした。

 ここでは、通訳を介してのレッスンを実際にやってみて、教師、生徒、観察者がどんな経験をしたか意見交換するということもやった。私はこのとき教師役をした(片桐ユズルさんが通訳をした)こともあって、通訳を介したレッスンに何が必要かについて、ATのレッスンにおける言葉の役割について、多くのことを考えさせられた。このとき生徒役をしてくれたJim Froelichは「2つのステレオから違う音楽を同時に聴いているようだよ!」と、少し混乱していた。

 ランゲージパネルでもう一つ興味深かったのは手話という要素だった。Catherine Ketrickが手話で話し、手話でATを教えるときのことについて話してくれた。

AGMは、日本語を話す、教え始めたてのAT教師として私が今いる場所を確認するために、とても助けになった。日本に育って日本語を話し、日本でATのトレーニングを受けたということは ATを学ぶことにとって必ずしもハンディなだけじゃなくて、とても意味があることかもしれない。それを大切にしたいという気持ちになったのは、違いを超えてお互いから何かを受け取り合うことで、アレクサンダー・テクニークに対する理解をもっと深めたい、豊かなものに、意味あるものにしていきたい、という願いがその場に集まっていたからかな、と思う。

それにしても疲れた。最後の日の朝起きて、お茶を飲んでいると、キャサリン ・ケトリック(Catherine Ketrick)が起きてきたので(私はキャサリン達一家と一緒のコテージに泊まっていたのだ)「あなたはすごい大変な仕事(Business Meetingの司会などのこと)をやったから、とても疲れたでしょう」と聞いた。

 「うん、そうね。でもね、私があの仕事をやっていなかったとしても、やっぱりとても疲れていたと思う。なんといってもすごくたくさんのことが起こっていたからね」とキャサリンは答えた。私はなんとなくほっとした。英語が堪能な、クールでタフなキャサリンでもとても疲れるほどの日々だったんだ。私がくたくたになるのも当たり前なんだなと思った。

 それでも来てよかったと思った。

※ATIのホームページはこちら

Share Button

2001年9月 ポートランド~2度目のボストン(前編)

▼9月11日のあとで

石井ゆり子 ボストンの河岸にて

 昨年2001年9月11日のアメリカでの事件は私にとってショックだった。テロもショックだったけれども、テロに対して軍事報復をすると決めたアメリカ政府の反応も、ショックだった。そのニュースを遠く日本でただ見ていて、世界の流れに対してなすすべもないまま、私はここにいて戦争にまきこまれていくのかと思って、無力感におそわれてしまっていた。

 それに、人がそんなふうに簡単に死んでしまうような状況で、アレクサンダー・テクニークは役に立たないなぁ、などと思ったりもした。もしアレクサンダー・テクニークが少しぐらい楽に動けたり、楽に物事ができるようになるためだけだったら、わざわざお金と時間をかけてやる意味があることなのだろうか、と思った。今回ボストンのトミー・トンプソンの学校に再び行くことにしたのは、アレクサンダー ・テクニークとは何の役に立つのだろう、ということを、もう一度捉え直したかったからでもある。

 それに、6月に行って以来友達になった学校の人たちが今何を考えて、どうしているのか、また実際に会って話したいと思った。飛行機を乗ることを考えると怖かったが、行くことにした。

 

▼ポートランド

 まず西海岸オレゴン州ポートランドに行き、プロセスワークセンターを訪ねた。ポートランドは緑が多く美しい、おどろくほど平和な街だった。富士山によく似た、 Mt.フッドという山が街を見下ろしている。道を歩いていたら通りすがる人々が、 “How are you?”と声をかけてくれるた。ポートランドは、アメリカのほかの都市と同じくいろんな人種のいろんな人々が住んでいる、オレゴン州一の都市なのだけど、和やかさという点では都市という感じがしなかった。ぼろを着た、失業者らしき男性も、”Good Morning”と私に声をかけてくれる。

 プロセスワークセンターでマックス・シュバックのクラス他3つのクラスに出席させてもらった。マックスのクラスはちょうど、大事な人や動物を亡くしたり、別れたときにどうするか、というようなことがテーマだった。印象に残ったのが、「人は、お互いに切り離されて存在することは、不可能だ」ということについての説明だった。いくら無視しようとしても、二度と会わなくても、死んでしまってさえ、その人は例えば心の中に生き続けたり、その人が存在していたことに他の人たちは影響され続ける・・・。

 

▼トミー・トンプソンとボストンで再会~個人レッスンを受ける

 ポートランドに1週間いて、それからボストンに行った。月曜日に、アレクサンダー・テクニーク教師、トミー・トンプソン(Tommy Thompson)の個人レッスンを受けた。私はトミーにこう質問した。「落ち込んでしまって鬱になってしまったとき、アレクサンダー ・テクニークを使ってどんなことができますか?」トミーはこう答えてくれた。「直接的には何もできないけど、情報を、少し違う受け取り方で受け取るために アレクサンダー・テクニークは役に立つよね。鬱のときっていうのはだいたい、たくさんの情報があるなかでとても限られた情報しか受け取らなくなってしまう。また、受け取った情報を、身体のなかの限られた場所にキープしてしまう」、そして私の背中に触れて、「ただ情報を受けとって、それが(体のなかで)動いていくのにまかせてごらん」と言いながらワークしてくれた。

 もうひとつ質問した。「今世界で起こっていることが気になっているんですが、どうすればいいのでしょう?」我ながらなんてバカな、答えようのない質問だろうと思ったけれど、トミーはけっこうまじめに、こう答えてくれた。「直接的には何もできないけど、ガンジーが言ったように『あなた自身がまず、自分が変えたいと思う世界になりなさい』ということだと思うよ。個人が『すぐに反応しない』ということを学ぶことによって、世界も少しづつ変わっていくよ。そう信じたいね」と、ちょっと笑ってトミーは言った。

 

▼トレーニングコース 懐かしい顔ぶれ バカな質問ばかりの私

 火曜日からはトミー・トンプソンの主催するAlexander Technique Center at Cambridge での、アレクサンダー・テクニーク教師養成コースのクラスに参加した。7月に会って以来の、懐かしい顔ぶれとの再会だ。

 テロ事件のニュースは数週間前のアメリカ時間の朝、ちょうどクラスが行われている最中に伝えられたそうだ。そういうこともあって、やはりみんなショックだったようだ。しかもテロに遭った飛行機がボストン発だったから。「でも学校に毎日来るということによってとても精神的に助けられている。みんなと会って、話ができて、お互いにワークできるから」と、生徒のひとりは言っていた。

 クラスはいつもと同じように、お互いにワークし合うことに一番時間を取って進んでいく。私はまた質問した。「エネルギーがなくて、人にワークなんかできない、という気分のときは、どうすればいいですか?」バカな質問ばかりだが、それがそのとき一番聞きたいことだった。トミーは言った。「人であることのいいことは、完璧でなくてもいいということだ。バックアップシステムが働いてくれるから、めちゃくちゃになってしまうことはないんだよ」。そして、「問題は、そういう感情をもったときに、その感情のなかにいるかわりに、それに反応してしまう、ということが起こることだ。そうではなくて、その感情を持ったまま、ワークしなさい。それがない”ふり”をすると、混乱したメッセージが伝わってしまう。

▼最初の反応

 それがはじまる前や、合間合間に、先生のトミーや、トミーの奥さんのジュディが話したり、お互いに話し合う時間がとられる。そんな時間のあるとき、「9月11日のニュースを聞いたときの、まず最初の自分の反応はどうだったか」ということを分かち合う時間が持たれた。「あまり実感がわかなかった」「理解できなかった」という人もいれば「怖かった」という人もいた。生徒のなかには、反応について聞かれても、意見や見解を答えようとする人もいた。それでも筋肉の緊張が体の反応に残る。まずそれを認識できるところに戻ってみよう、と、トミーはハンズオンを使ってその人にワークをはじめた。そこからはじめて、そういう筋肉の緊張をもっと広い気づきのなかに解放する、というワークになった。恐怖というのは多くの場合、認識したくないものだが、恐怖を認識することからはじめることで、そこからまた動いていけるようになっていく。そうして動き出した動きや考えは、恐怖に基づいた動きや考えとは違いはじめている。ワークされていた生徒の緊張が開放されていくのに立ち合って、グループ全体の場の雰囲気も流れはじめた気がした。

 感情も、体の収縮も、それを変えようとする必要はない。感情の動きも体の収縮も必要があって起こっていることで、それをきちんと経験すれば、変化は自然に起こっていく、というのは、トミーが繰り返し言っていたことだった。

(つづく)

ボストンでのアレクサンダー・テクニーク:カテゴリー一覧

Share Button

ボストン近郊 トミー・トンプソンのアレクサンダー・テクニーク・トレーニングコースを訪れて

2001年6月末、アメリカ合衆国ボストン近郊ケンブリッジの、トミー・トンプソン(Tommy Thompson)のアレクサンダー・テクニーク教師トレーニングコース (Alexander Technique Center at Cambridge) を訪ねた。トレーニングコースの授業に3日間参加して、週末のOpen Dayワークショップに参加した。トレーニングコースは生徒6人プラス、ビジターが私ともう一人だった。フランス人、スイス人、アイルランド人、ドイツ人と、残りの3人がアメリカ人-アメリカ人でない人の方が多いのがおもしろかった。先生のトミーは、「いろんなアクセントの英語がかわされているから、僕はもうわからないよ」と笑いながら、生徒の言うことをよく聞き返していた。みんなが異邦人みたいなところで、私にとっては居心地がよかった。

 

▼「アレクサンダー・テクニークは、あなたがあなたであることを助ける」

トミーは
 「アレクサンダー・テクニークは、あなたがあなたであることを助ける」
「自分自身であるということは、ワークする前も後も変わらない。表現のしかたが少し変わるだけ」

と、最初に言った。

またトミーは、
 「アレクサンダー・テクニークは、あなたがあなたの経験を経験することを助ける。経験から離れてしまうことではない」
と言った。

トミー・トンプソン(Tommy Thompson)のAT (=Alexander Technique) 教師トレーニングコース トレーニーは、全員がまだトレーニングを始めて1年未満だったが、お互いにチェアワークやライダウンワークをし合っていた。お互いに手を触れてワークして、フィードバックをしあうことによって学んでいっているようだった。そこにトミーが回ってサポートしてくれる。トミーが回ってきてくれたときに私は、「手を触れてワークするときに、先生は何を考えているんですか?」と尋ねた。トミーの答えは、 “I am listening.” だった。「私は私に反応しているあなたに耳を傾けている(”I am listening to you responding to me”)」と。「そして必要があれば情報を提供して、またそれに反応しているあなたに耳を傾けているんだよ」と言いながらワークしてくれた。先生が一方的に情報を与えるというのではなかった。

 

▼「必要があれば、首が楽に・・・」

トミーは、アレクサンダー・テクニークのレッスンで一般的によく言う「首が楽で頭が動いて~」または「頭が前に上に」というようなことを、あまり言わなかった。

ワークショップのときに、参加者のひとりが、1週間前に身近な人を亡くしたと言っていて、「そのことについて話す」のをワークしたいと言った。話し終わった後、彼女はより生き生きとしていた。ワークが終わってしばらくの沈黙の後、トミーは言った。「こういう状況では、人は体を固くする必要があるんだ。こういうときに『首を楽に』、とガイドしても、首を楽になんかしたくない。それよりも、この状況をちゃんと自分の経験として経験する必要が、まずあったんだ。だから僕はただそれをサポートした。ちゃんと経験したら、彼女のシステムは自然にそこから動きはじめていったよね」。

一方、私が足首を捻挫して、うまく歩けない、というのをワークしてもらったときは、まさに頭と首と胴体の関係性にワークしてくれた。うまく動かない足首ばかりに、私の注意が集まりすぎていたのが、ほんとはもっと全体として情報を受け取れるようになることが必要だったのだ。ワークショップでは「必要があれば、首が楽に、頭が前に上に、背中が広く、という状態になることができる、そのことに慣れておくために」みんなでセミスパインのワークをやった。

日本でアレクサンダー・テクニークの仲間と話していて、「よく アレクサンダー・テクニークでは『不必要な緊張』って言うけど、不必要な緊張なんて、あるんだろうか?人は必要があって緊張してるんじゃないの?」という話題になることがあった。そこのところが、私にとっては、クリアじゃなかった。トミーの教え方は、そこらへんの私の疑問を考えるための、ひとつの種になった。

「あなたが今まで積み重ねてきた、統合(integrity)をさえぎっている緊張パターンに耳を傾ける・・・緊張パターンを取り除くんじゃない。それに耳を傾け、認識したら、情報を今までと少し違うように取り入れることができるようになり、パターンはおのずと変わっていく」と トミーは言っていた。

 

▼Teachers’ Meeting

卒業生や近くに住む Teacherの、お互いにワークしあう会にも参加させてもらった。いろんなバックグラウンドを持つ人たちとワークできて楽しかった。ワークのしかたは、少しづつそれぞれ違うけど、お互いに尊重しあっている雰囲気があって、私も尊重されてる感じがして、ほんとに楽しくワークできた。

ボストンでのアレクサンダー・テクニーク:カテゴリー一覧

Share Button