カテゴリー別アーカイブ: 抑制(inhibitionインヒビション)

デビ・アダムスさんのワークが終わって-1 ”reference point”

ボストンのアレクサンダー・テクニーク教師デビ・アダムスさんの2度目の来日の後、3週間が経ちました。
今回も、学ぶことが多かったです。
アレクサンダー・テクニークを学ぶときには、いつもそうなのですが、
新しいことを学ぶというより、本質的なところに立ち戻る、ということが起こった、と感じます。
それは長年、学び、教え続けていても大事なことで、逆に、慣れてくることによって、知らずについてしまう癖がある。それを見直したり、手放したりするきっかけが、ときどき必要だと感じます。

デビが帰国した後、感想をシェアしようと思っていたのですが、4日間のワークのなかに、考えるネタがいろいろありすぎて、なかなかできませんでした。
でも書けるところから、何回かに分けて書いてみたいと思います。

デビさんは、”reference point”(レファレンス・ポイント)という言葉を紹介してくれました。
(これはアレクサンダー・テクニークで一般に使う言葉ではなく、デビ独自の言葉の使い方だと思います)。
以下は、デビさんの言葉そのものではありませんが、ワークでの自分やほかの人の体験をふりかえっての、私のメモです。

“reference point”(レファレンス・ポイント)
自分が刺激にどう反応しているかがわかるためのモノや行為。
「座標軸」と訳したらどうか、というアイデアも出ましたが、
「座標軸」というと、方眼紙に描かれたグラフのイメージが強いかも?
それよりもっと立体的で有機的で、動くイメージ。
自分が今いるところを示してくれる行為や、モノ。

抑制(インヒビション)という、アレクサンダー・テクニークの原理がありますが、
何もしていないときに、抑制(インヒビション)することはできない。
何かをすることや、何かや誰かとの関係性のなかで、抑制(インヒビション)が起こる。
実際、人は生きているかぎり、何かや誰かと関係性を持っている。
そのことに意識的になる、ということ。

デビさんは、木の棒を持つという、シンプルなワークを紹介してくれ、それをみんなでやってみました。
重さと長さのある棒を、両手で支え持つ、という行為の刺激に対して、持ちながら、やることを、自覚的に、少なくしていく。
そうすると、「立っている」「ここにいる」こと自体の質が、変わっていく。
抑制(インヒビション)が起こったことによる、変化。

ある意味、すごく微細なレベルの変化で、どう変わったか説明するのは難しいです。でもそれだけ、深いレベルの変化でした。

デビ・アダムスさんのワークが終わって-2 重力とサポート は、こちら

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでの、アレクサンダー・テクニークのレッスンのスケジュールとお申込みはこちらをご覧ください。

Share Button

テーブルワークは、やめていくプロセス。

レッスンやワークショップなどでいただいた、アレクサンダー・テクニークの原理やその他にかんする質問に、答えていくコーナーの続きです。

Q テーブルワークをやってもらうと、とても楽になります。また、立って腕を動かしてもらうだけでも、とても楽になります。でも、なぜなのでしょうか? 正しい位置に来てるからかな、と思うのですが、その正しい位置が、自分ではわかりません。

A 実は位置の問題ではないのです。

 簡単に言うと、緊張の度合いが減ったことによって楽になった、それだけのことです。
 では、どうやったら不必要な緊張を手放すことができるのか?

 よくあるなのが、緊張を手放すために、無理にストレッチしたりすることです。
 ストレッチが悪いわけではありませんが、ありがちなのが、緊張を手放すことでさえも、やりすぎてしまうことです。(ストレッチするときには、ゆっくり丁寧に、自分を観察しながら、無理せずやりましょう。)

 私たちは、何かを「やる」ことによって物事を解決することに、とても慣れています。
 でも、アレクサンダー・テクニークでやるのは、それとは違う、問題解決の方法です。
 気づかずにやりすぎていることを、やめることによって、解決をめざすのです。

 テーブルワークは、そのような、「やめていくプロセス」を体験するために行う、といえます。

   ******

 私たちは、ただ立っているときでさえも、緊張がゆるまないまま立っていることが少なくないです。
 自分を支えようとするときに、緊張して支える癖がついてしまっているのですね。
 床やテーブル(台)の上に寝た姿勢だと、自分を支えようとするときの癖が出にくいので、緊張からゆるんでいきやすいです。

 アレクサンダー・テクニークのレッスンでは、動きを使ってやるワークも多いですが、そんななかで寝た姿勢でワークをやるのは、そのためです。

 立って緊張をゆるめようとすると、ゆるめようとして自分を下向きに押し下げてしまうような場合がありますが、寝ていると、緊張をゆるめることで、ひろがっていくこと、長く広くなっていき、体の奥行きも出てくることが、よくわかると思います。

   *****

 テーブルワークで腕や脚を動かすときに、ふだんの動きとどこが違うかというと、まず違うのは、単純に

  ゆっくり動かす

 ということです。

 腕や脚を、持っていきたい場所に急いで持っていきたい衝動が出るかもしれないけれど、
 その衝動に「ちょっと待って」と言い (inhibition,抑制)、今いる場所からゆっくり、動きを観察しながらゆっくり動かします。

 それだけでも、いつもとちがう動きが出てくると思います。

 もうひとつは、

  全体性を意識しながら動かす

 ということです。腕を動かすなら、背中から指先までの全部の長さと奥行きを意識しながら動かすのです。

 正しい位置に置くためにやっているわけではなく、そのようなことを意識しながら動かしています。

   *****

 教師にワークしてもらうと、自分でやるときとはちがう経験ができるのは、自分の癖から離れること、「やめていく」ということが、他者の助けを借りるとやりやすい、ということがあります。

 教師自身が自分自身のなかで、やめていくプロセスを意識しながら、できるだけ「何もしない手」を使ってワークすることによって、やめていくプロセスを、生徒さんと共有しているからです。

 でも自分自身で同じような手順でワークすることにも、とても意味があります。(「ひとりで寝た姿勢でやるワークのしかた=セミスパインのワーク」の記事を見てみてください。)

   *****

 テーブルワークや、その他のハンズオンのワークで自分自身の変化を感じたら、まずは、

  自分の体の使い方には、そういう可能性があるんだな

 ということを知ってください。そこから動き出すと、いつもと違う動きが出てくるかもしれません。

 同じような体の使い方がすぐにできなくてもいいです。でも、そういう可能性があると知っておくとと、それを選びたいと思ったとき、そういう方向に行きやすくなります。それが、長い目で見て、自分の使い方の選択肢をひろげる第一歩です。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでの、アレクサンダー・テクニークのレッスンのスケジュールはこちらをご覧ください。

Share Button

何もしない手

先日、某アレクサンダー・テクニークの教師養成コースで一日クラスをやる機会をいただきました。
どんなことをやるか、いろいろ考えてみましたが、手を使ってお互いにワークすることを中心にやることにしました。

「手を使ってのワーク」を、教師養成コースでどのように学ぶかについては、世界各地にあるアレクサンダー・テクニークの学校でも、学校ごとに違いがあります。最初の1年は全然それをやらせてもらえない、自分の面倒を自分で見られるようになってはじめて、手を使って人にハンズ・オンさせてもらえるようになる、というアレクサンダー・テクニークの学校も少なくないらしいです。

それぞれの方針に意味があって、よさがあると思いますが、今回は、私自身が学んできてよかったやり方でやってみることにしました。(「好きなようにレッスンしていただいていい」と責任者の方に言われていたので)。

私自身が最初に学んだ京都のコースも、後になって学んだボストンのコースも両方、比較的最初のころからお互いに手を使ってワークしていました。
京都のコースではそれでも、一年生は最初の数ヶ月はワークを受ける側にまわることが多かったですが、ボストンのコースでは、「最初の一日目からお互いにやりあう」というのが徹底していました。

「お互いに」というのを徹底してやることで、ワークを受けることは受け身ではなく、能動的なことなのだ、そしてワークするほうも「何か特別な技術を使ってやってあげる」こととは違うのだ、ということが、クリアになります。

たしかに、アレクサンダー・テクニークで手を使ってワークしてもらうと、軽やかに触れられたり、触れられて一緒に動いただけなのに体がひらいたり、楽になったりして、それに最初、驚く人も多いです。「魔法の手みたいですね」なんて言う人もいます。

でも実は、何もしていないのです。

「何もしない」ということがうまくできると、何かが起こるのです。
「何もしない手」で触れながら、一緒に動くと、いつもと全く違う動きが出てくるのです。

—–

この「何もしない」ということが、アレクサンダー的なのです。

一般的に、人に触れるときは、親愛の情を示すときか、
そうでなければ、悪いところを直すためであったり、改善するべきところを指摘するためであると思います。

「ダンスクラスで先生に触れられるときは悪いところを指摘されるときだから、触れられると、『どこが悪かったのだろう?』『どこを直すべきなのだろう?』と考える癖が出る」と言われていた方が先日いましたが、同じような経験を重ねてきている方は少なくないと思います。

もちろんダンスクラスの触れ方が悪いわけではなく、それはそれで意味があることです。でもアレクサンダー・テクニークでの「触れる」ことの役割は、それとはちょっと違うのです。

non-doing handsを使って un-doing processをサポートする

(non-doing hands=何もしない手)
(un-doing process=やりすぎを少なくしていくプロセス)

それがアレクサンダー・テクニークでの手を使ったワークの役割です。

—–

この「何もしない」というのが難しくて、何かやりたくなってしまうし、「何かやらなくちゃいけないのでは?」「そう言うけど本当に何もしていないわけではないのでは?」という思いも出てきます。

そして、「本当に何もしないのだ」ということが理解できてからも、何かの拍子に「何かやりたくなる」という反応が意識しないうちにすぐ出てきます。「よろこんでもらいたい」とか「変化を起こしたい」とか「しんどそうだから直してあげたい」とか。。

そういう反応を「抑制」することが、修行といえるかもしれません。

そして、「何もしない」ためには、やっぱり自分自身をよく観ないといけないし、自分の中心がしっかりしないと、文字通り、”小手先”に頼って何かしてしまうのです。

—–

そういう意味で、「自分の面倒を自分で見られるようになってはじめて、手を使って人にワークさせてもらえるようになる」という方針の学校があることも、理解できることです。

でも、「”人に働きかける”というアクティビティをとおして自分自身について学び、自分自身の癖について学び、癖から抜け出すことを学ぶ」という学び方は、やっぱり私にとってはよかったのです。

ひとりのときは自分を大切にできても、人と一緒にいると、多かれ少なかれ、まずその人のために何かしようとしたり、その人の望みに合わせようとするのが、無意識のうちの心の癖になっている、という人は少なくないのではないでしょうか?

私にも、そういうところはあったと思います。

それが、アレクサンダー・テクニークのトレーニングコースでは、人に働きかけるときでも、それが生徒さんであっても、
「まず、自分を第一に考えなさい」
と言われます。

最初、
「本当にそれでよいのだろうか?」
と、クラスメートの人たちと話し合ったものでしたが、
だんだん、そのことの意味がわかってきました。

まず、自分を大事にして、はじめて、人にもよい影響を与えることができる、
ということがわかってきました。

自分を大事にして、やりすぎをやめていこうという心の方向性を持つことで、
相手の人にもその意図が伝わり、undoing-processを共有することができるんですね。

—–

アレクサンダー教師にかぎらず、人は人と対話したり、やりとりをしたり、関係をもちながら生きている。あるいは、対”人”に限らず、動植物や物・事と関係をもちながら生きている。
そうやって、誰かやなにかと関係性をもとうとするときに、自分自身はどんなふうにしているか、ということを観ていくことは、とても実践的な学びになります。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsのサイトはこちらです。

Share Button

からだの反応、感情的な反応

前回、

「何か『やろう』と思ったときに、すぐにやらないで、自分のどこが反応するか、それに気づきを向けてみる」
「すぐに行動しないで、『やろう』と思ったあとに、間をおいてみる。」

ということを書きました。
アレクサンダー・テクニークでの言葉でいう抑制(inhibition/インヒビション)です。

その補足なのですが、
このときの気づきが、物理的な意味での体の反応だけに向いていると、限界があることがあります。
「気づくのだけれど、どうにもできない、変えられない」というふうになりがちです。

そのとき、注意を広げてみると、体の反応と一緒に、感情的な反応もセットになって一緒に起こっていることに気づくでしょう。

逆に、感情のほうに先に気づく人もいると思います。

人によって、体の反応のほうに先に気づきやすい人と、感情的な反応のほうに先に気づきやすい人とに分かれるかもしれません。

そこで、体の反応に先に気づいた人はそれにともなう感情を観察してみてください。
感情的な反応に先に気づいた人はそれにともなう体の動きを観察してみてください。

感情的な反応でいえば、たとえば、
「怖い」とか
「人によく見られたい」とか
「早くよい結果を出したい」とか
「怒られないようにしたい」とか。。。

気づいたら、
「そうなんだな、怖かったんだな」
「人によく見られたかったんだな」
と、まずは、認めてあげてください。

そういう感情が起こっていることを認めてあげながら、体の動きのレベルの反応をもう一度見てみると、変化しやすくなる場合が多いです。
感情はすぐに変わらなくても、それにともなう体の緊張は解放できる場合があります。
体の緊張が解放されると、ずいぶん楽になるし、ほかの可能性も見えてきやすくなります。

—–

「怖い」というのは一言でいえないくらいいろいろなケースがありますね。

もちろん、ほんとうに危険だから怖い、という場合もあります。

安全確認をちゃんとできれば大丈夫、という場合もあります。

でも、そのたとえば怖さが、とても深いところから来ている場合は、その自分の感情にとどまることが必要な場合もあります。すぐに変化しないことが必要な場合もあります。固めていることが必要な場合もあります。

「変えよう」とがんばらないで、まずはありのままに観てあげてください。
自分がもう一人いて、自分を見守っているような感じに。

そういう時間を持つことで、ゆっくりとか、素早くかはわかりませんが(ケースバイケースですが)、変化のプロセスに乗っていきやすくなります。

場合によっては本当にゆっくりなペースが大切な場合もあるので、そういうときには自分のために、その時間を大切にしてあげてください。

—–

「早くよい結果を出したい」
というのは、アレクサンダーの用語ではエンド・ゲイニングend-gaining と呼ばれます。これに関しては

結果をすぐにコントロールしようとしないほうが、結局はよい結果への早道である。

ということが理解できれば、話は早いですね。

レッスンの中でそれを実感できるチャンスもたくさんあると思います。

人生のなかでもそれを実感できるチャンスはたくさんあるかもしれませんね。

ただ、世の中には、エンド・ゲイニングになるような刺激が多いし、エンド・ゲイニングが奨励されている場合も多いので、そこから自分を解放するためには、抑制の力を育てる必要があると思います。あきらめないでがんばりましょう。

—–

このテーマはまだまだいろいろ、観ていくことができる、奥が深いテーマだと思います。

からだと感情はひとつながりなんだな、

ということを覚えておいて、
自分の注意の向け方が、どちらかに偏っていたら、もうひとつのほうにも興味をもって、注意を向けてみるといいと思います。

アレクサンダー・テクニークは、「からだと感情のあいだの扉をあけるもの」でもあると思います。
からだと感情の間の風通しがよくなることで、
自分のからだとつきあいやすくなり、自分の感情とつきあいやすくなるとよいですね。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsのサイトはこちらです。

Share Button

座ったり立ったりするレッスンは、なんのためにするのですか?

今日は、アレクサンダー・テクニークのレッスンでよくやる
「座る/立つ」のレッスンについて書こうと思って書き始めたのですが、書き始めてみたら、自分で練習するときのことや、抑制(インヒビション)の話になってきました。最後に再び「座る/立つ」の話に戻っています。

レッスンを受けていない人にはわかりにくい話も、一部ちょっとだけ、あるかもしれません。m(__)m


Q 「この座り方がいい座り方なのですか?」

この座り方もいい座り方のひとつだとは思うけれど、これだけが唯一、正しいわけではありません。

ただ、この座り方を構成している要素は、参考になるかもしれません。
この座り方のどんな要素が役に立ちそうか、考えてみてください。


Q 「これを家で練習すればいいですか?」

とくに座ったり立ったりするのを練習しなくてもいいです。
もし練習するとしても、エクササイズのようには、やらないでください。
動きの練習としてではなく、気づきの練習として、やってください。

「さあ、座ろう」と思ったときに、どこが、まず動きたくなるか?
「さあ、座ろう」と思ったときに、自分のどこが反応するか、
それに気づきを向けてみる。

それから、プライマリー・コントロール(頭と背骨の関係性、上向き方向)
を思って、座ってみる。

立つときも同じように
「さあ、立とう」と思ったときに、自分のどこが反応するか、
それに気づきを向けてみる。
それから、プライマリー・コントロール(頭と背骨の関係性、上向き方向)
を思って、立ってみる。

気づきの練習なので、何回もやらなくていいし、
「うまくできるまで繰り返そう」と思う必要はないです。
大事なのはうまくできるかできないかではなく、
自分が何をしているかに気づきをもっているかどうかです。

それと、レッスンのときの動きを再現しようとする必要はありません
再現しようとすると、どうしても硬くなってしまいがちなので、新しいことをやるつもりでやるのが、よいです。

うまくできているかどうかを、すぐに判断してしまわないことが大切です。
まだ、何がよいのか判断できる段階ではないのだな、と、思って、実験精神をもってやってみてください。

やる気十分で、もし、どうしても繰り返してやりたい頑張りやさんの場合は、一度に何回もやるよりも、
一日のなかで1分、気づきを持つ時間を十回持つほうがいいと思います。
(実際には十回も時間を持たなくても、5回でも、3回でも、一日一回でもいいです。)

動きも、座る立つ動きにかぎらなくてもいいです。
「靴をはくときに気づきをむけることにしよう」というのでもいいですね。
「おじぎをするとき」でも、
「階段をのぼるとき」でも、
「鞄を背負うとき」でも、
「包丁で野菜を切ろうとするとき」
でもいいですね。
何かをやろうとするときに、3秒でも間をとって、気づきを向けてみてください。

すぐに行動しないで、「やろう」と思ったあとに、間をおいてみる
、という感じです。アレクサンダーの言葉で抑制(inhibition/インヒビション)と言います。

その「間」が、新しいことが起こるためのスペースになります。

—–

これを読んで「辛気くさいなあ。めんどうだなあ」と思われるタイプの方は、
自分にとって大事なことをやろうとするときに、同じような方法で、気づきを向けてみてください。
自分にとって大事なことのほうが、たぶん、難易度はあがるけれど、そのほうがリアルで、やりやすいという人も多いかもしれませんね。

やってみて難しすぎたら、”自分にとってどうでもいいこと”(人によっては、上に書いたようなことはそうかな?)のワークをあらためてやってみるのもいいですね。

——

Q なぜ、ほかの動きではなくて「座る、立つ」という動きなのですか?

もちろん、ほかの動きをやることもレッスンになるし、実際、ほかの動きもレッスンでやります。
でも私が、座ったり立ったりという動きが特に役に立つなあと思うのは、

股関節~膝~足首を連動させて動く

という動きであるところです。
この連動性を、意外に私たちはないがしろにしやすいんですよね。いろいろな場面で。。
股関節を十分に使っていなかったり、膝だけでがんばっていたり。
下半身を固めてしまいやすいんですね。

私のレッスンの中では、声を出すことと、座る立つを合わせてやってみたり、
楽器を構える前に、座る立つをやってみたりすることがあるのですが、
そうすると、股関節の動きが出てきて、骨盤をうまく使えるようになって、声がよく出たり、楽器を構えるときの安定感が出たりすることが多いのです。
そのほか、いろいろなアクティビティにも同じように応用できます。
よかったら、試してみてください。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsのサイトはこちらです。

Share Button