カテゴリー別アーカイブ: ふだんの生活でできること

癖に戻ることを恐れない。

初めてレッスンに来られた生徒さんからときどきこんな質問を受けます。

レッスンを受けたあと、3日ぐらいはとても軽やかで、よい状態だったのですが、その後、元に戻ってしまったように思います。どうしたらいいでしょうか?

これについて、答えてみますね。

まず、レッスン後の”感覚”は、時間が経つと薄まるのが普通ですが、それは体験が体に馴染んできたということでもあるし、”元”に戻ったというわけではないと思います。

新しい体験をした後は、自分が普段の癖の方向に行こうとするのが、よりはっきりと、感じられると思います。つまり、今までは気づかなかった「普段の癖」への自覚が目覚めてきている、と言えると思います。。それが自覚できるのは、よいことです。

今までの人生で、年月をかけてつちかってきた癖は、やはり、根強いので、たとえ、その癖が今は必要なかったり、”やりすぎ”であったとわかった後でも、いつもの慣れ親しんだ癖に戻ろうとする力ははたらきます。

そうだとしても、レッスンで、古い癖をとりはらった新しい自分の使い方で存在(being)した体験を、あなたはどこかで覚えています。ちょっとしたきっかけさえあれば、それを思い出すことができます。

”三歩歩いて二歩下がる♪”と、古い歌にあるように、二歩は下がっても、元の場所に戻ったわけではないし、次の三歩進めるのは、最初の一歩を踏み出すよりずっと楽です。

レッスンで新しい自分の使い方を体験したことで、いつもの自分の癖をより鮮明に認識できるようになっている、ということだと思います。つまりそれは、チャンスです。いつもの癖が癖でなくなるための、最初の一歩です。自分がいつも自分をどうやって使っているかということへの気づきが生まれたことで、もう半分はその癖を手放していると言ってよいと思います。

癖に戻らないように体を固めてしまわないようにしてください。体を固めて”よい姿勢”をつくろうとするのは、また新たな癖を作り出すことにしかなりません。

癖に戻ることもできるし、そこから出ることもできる、という柔軟性が理想です。そうなったら、それはもう癖ではなくなっていて、自分の使い方の選択肢のひとつとなっています。

(長年、体を固める癖があった人の場合は、レッスン後、痛みが前より鮮明になってきたり、体の固めていた部分に重さを感じる場合もあるかもしれません。たいていそれは、すでにあった痛みや重さが、表面に浮上してきたものです。もう3日ほど、様子を見てみてください。その後、また痛みがだんだん減ってきて、軽やかになってくるなど、変化してきます。

アレクサンダー・テクニークでは、その人のそのときの許容範囲以上に、無理に動かしたり、解放させたりすることはないので大丈夫だと思いますが、もし痛みや重さが起こって心配な場合には、ご相談ください。)

次に、「手放したい癖にまた戻ったことに気づいたとき、自分で何かできることはありますか?」ということについてですが、
長くなったので、分けて書きますね。こちらをどうぞ → レッスンとレッスンの間に、家でできること~習慣的反応に気づいたら

私(石井ゆりこ)のアレクサンダー・テクニークのサイトはこちらです。

Share Button

癖や習慣的反応に気づいたら

手放したい癖や、習慣的反応に戻ったことに気づいたとき、自分で何かできることはありますか?

レッスン後、3日ぐらいはとても軽やかだったのですが の続きです。
(レッスンとレッスンの間に、家でひとりでできることのヒント)。

・まず、癖や習慣的反応を=悪い、とは思わないようにしましょう。

・自分の癖は、反応に気づいただけでも、十分に意味のあることです。なので、無理に何かをしなくてもよいです。でも、もし気持ちの余裕が十分にあったら、次のようなことをやってみてもよいでしょう。

・ゆったりとした気持ちで自分を観察してみてください。あせって癖をすぐにパッと直さないで、まずは自分が癖に入るときのパターンを観察してみてください。形だけじゃなくて気持ちにも目を向けてみるといいです。

・癖を直接的に変えようとしないでください。まず、

 ”首が楽で、頭がプレッシャーなくその上にあり、脊椎全体が解放されていく” と思ってみましょう

”思うだけ”でよいです。できている実感があるまでやると、それは、やりすぎです。やりすぎると、緊張が生まれて、固くなってしまうので逆効果です。
また、”思う”ときの言葉にはあまりこだわらなくてよいです。

首が楽に~、と思うとかえって首が緊張してしまう、というタイプの方は、「足が地面に軽やかに着地している」ということを、まず思ってみてください。

このように”首が楽に~”とか”足が地面に着地していて~”と、まず思うことで、いつもの癖や、習慣的反応が出にくくなったり、少なくなっていると思います。それから動きに入ってみましょう。

あるいは、動きの癖以外でも、考え方の癖、感情の癖にも、同じように応用してみてください。
考えはじめる前、刺激になることを思いうかべる前に、上に書いたようなことを ”思って”みる2、3秒の時間を、自分のためにとってみてください。

すぐに変化が見えてこなくても焦らないでください。感じられないくらいの変化が積み重なって、意味のある変化になっていきます。体が長年の習慣を手放すのには、十分な時間が必要です。

癖というのは、理由があって培われてきたものです。
癖に、「今までごくろうさま。でも今はその癖はなくても私はやっていけそうよ。」と、言ってあげてくださいね。
今、まだ言ってあげられそうになければ、時間をかけてくださいね。

そのほかに、家でひとりでできること

もっと簡単にできることとして、「セミスパイン」、「建設的な休息(constructive rest コンストラクティブ・レスト)」などと言われている姿勢をとって、休むこと、が、あります。
長くなったので、分けて書きますね。こちらをどうぞ → セミスパイン~家でできること

私(石井ゆりこ)のアレクサンダー・テクニークのサイトはこちらです。

Share Button

セミスパイン~家でできること

「セミスパイン」、「建設的な休息(constructive rest コンストラクティブ・レスト)」などと呼ばれている姿勢をとって、休む方法を紹介します。

床か台の上に仰向けになります。もし床が冷たい場合は毛布などを敷きましょう。(布団はちょっとやわらかすぎるのでこのワークにはお勧めしません)。
仰向けになって、頭の下に本、あるいは柔らかすぎない折り畳んだバスタオルを置きます。(首の下ではなく、頭の下に置きます。首の下には空間があるように)。本の厚さは、首の前と後ろがちょうどよいバランスで、首の前後どちらかがひっぱられないくらいの厚さです。1~1.5センチぐらいの単行本ぐらいでちょうどよい人が多いですが、もっと厚いほうが合っている人も多いです。人によっては本がなくてもよい場合もあります。体格や、緊張の度合いによって異なります。

頭・首・胴体を床に休め、手のひらを、お腹か左右の腰の骨の上に置きます。そのときに、肘は胴体から離し、鎖骨、肘、手のひらで大きな三角形を作るようにします。鎖骨、肘、手のひらまでの腕全体を動かす動きによって、首や肩がより休まりやすくなるでしょう。

足の長さをイメージして、膝が、膝の裏側がリードして天井に向かうようなつもりで、膝を立てます。(つまり、太ももの筋肉で足を持ち上げなくてよい)。
足の裏全体が床に楽に着いています。骨盤はリラックスしています。

そのまま、どこも動かさなくてよいので、しばらく(10分~30分位)休みます。

骨盤も含めて胴体全体が床やテーブルの上で休んでいて、本の上で頭が休んでいて、足の裏も床に休んでいます。自分で自分を支えたり、持ち上げたり、固めたりする癖は、出てきにくくなっています。

持ち上げたり、固めたりするのをやめると、さらに、緊張や、固めていたところが少しづつ緩んで、体本来の長さや広さ、厚みや奥行きが取り戻ってきて、関節の自由さ、柔軟性も取り戻ってきます。

それを”感じよう”としないでください。感じられないからといって、自分で伸ばしたりしなくていいです。ただ、何もせず観察しつつ、時間をとってください。

どこも動かす必要はなく、ただ寝た姿勢で自分をなんとなく見ているいるだけでよいです。海を見たり、ローソクのゆれる炎を見ているときのように、動きのあるものを眺めている感じです。体の細胞は、意識していなくても、実はつねに動いています。

もし手足などを動かしてみたい場合は、自分の体をひっぱったり、無理に伸ばしたりせず、ゆっくり観察しながら動かしてみてください。(←これは応用編)

十分時間を取った後、そろそろ起き上がりたくなったら、
まず、まだ何もしないまま、起き上がることを考えてください。
首は楽なままでいられるでしょうか?
首は楽なまま、頭がリードするようなつもりで、頭がバランスを取るつもりで、ひとつひとつ、動きをゆっくり観察しながら、立ってみましょう。
一度横向きになってから立つのが、無理がないと思います。

今まで床と水平にいたのが、だんだん、立つにつれて、垂直の関係になっていきます。
はじめて立ったときのような気持ちになるかもしれません。
足が地面についていて、体がカーブを持ちながら縦に伸びていて、一番上に頭があります。
首が楽に、頭で楽にバランスをとって立っています。
立つと、体が軽やかになったり、伸びたり、姿勢が変わっていることに気づくかもしれません。
その後、歩いたり、動いてみると、動きが変わっていることに気づくかもしれません。

——–

この「セミスパイン」は、自分の使い方の癖をリセットするための方法のひとつです。

仕事が終わった後にやると、疲れを取る役に立ちますし、
はじめる前にやると、いつもの癖に入らずにそれをする助けになるので、パフォーマンスが向上したり、いつもより楽にできることもあるでしょう。
時間と場所があれば、まめに、やるとよいです。
一日に一回でも、数回でも、あなたにとってほどよい頻度で、やってみてください。
忙しい方でも、こういう時間をとることで、かえって一日が効率的に使えるようになるはずです。

※ もし膝を立てていることが難しい場合(よけいな力が入ってしまう場合)は、膝の下に椅子を置き、椅子の上に膝から下を乗せる形でやってみるとよいです。
あるいは、そのほうがやりやすければ、片膝だけ立ててもよいし、両膝を伸ばしていてもよいです。)

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsのサイトはこちらです。

Share Button