カテゴリー別アーカイブ: ボディ・マッピング関連

解剖学とアレクサンダー・テクニークと、体の感覚と認識

アレクサンダー・テクニークのレッスンに継続して来られているTさんが、感想を送ってくださいました。

アレクサンダー・テクニークのレッスンは、生徒さんの問題意識や、生徒さんのそのときの状態によって、アプローチのしかたも、結果として得られるものも、少しづつ違いますが、たとえばどんな感じなのか、多様なレッスンの一端を知る手がかりとして、ご本人の許可を得て掲載させていただきます。

 「長年、自分の身体が重くて疲れやすかったりしたので、いい年齢になって、何か手に職をつけたいと考えたとき、整体やアロママッサージの道を選びました。しかし、アレクサンダー・テクニークのレッスンを受ける前は、学校で学んだ人体の骨格や解剖学について、他人の身体を観るとわかるのですが、いざ自分自身の身体となると、肩甲骨や骨盤ががどこにあるかとか、頬やアゴはどのへんなのか…等などがまったく実感できず、わからないままでおりました。人には、ここが肩甲骨で…などと語りながら自分の身体の上では捉えられないもどかしい感覚に悶々としていたところがありました。


アレクサンダー・テクニークのレッスンを受けてきた現在では、自分の身体~胴体はここで、首はここ、等…を、やっと感じられるようになり、それがさらに自分自身の安定感として感じられ、嬉しく思っています。

 私のような、感覚的な悩みが、具体的な指導でもって解決されていく方法があるなんて…もっと早く出会っていたら楽に生きて来れただろうと思うと涙が滲むこともありますが、今出会えていることに感謝しなくては、とも思っています。(Tさん)

アレクサンダー・テクニークのレッスンのなかでも、体の解剖学的なこと~体についての地図(ボディ・マッピング)を扱うことがありますが、一般的な解剖学と違うのは、知的な知識だけではなくて、自分の体で認識する、ということを大事にしているところです。

図や、スケルトンモデル(骸骨人形)を使って解説することもありますが、それで終わりではなく、自分で動いてみること、触れることなどを使って総合的に、認識と感覚をつなげられることを目指しています。

その人によって、認識しやすいところもあれば、なかなか認識しづらいところもあるでしょう。感覚と認識の回路が少しづつつながり、認識できる範囲が増えたり、深まっていくと思います。それにつれて、体の動きがよりしなやかになっていったり、より生き生きと、そしてリラックスできるようになったりしていくことが多いです。

体について、頭ではわかっていたつもりだったにもかかわらず、おかしな思い込みがあったことに気づくこともあります。それは、笑ってしまうような思い込みだったりもします。「ああ、こんなふうに思いこんでいたのだな」と、気づくだけで、体や、動きが変わったりすることがあります。

 

こちらにも、アレクサンダー・テクニーク・レッスンの体験談があります。

そもそも、アレクサンダー・テクニークとは?

石井ゆりこによる東京と神奈川・湘南でのアレクサンダー・テクニーク・個人レッスンのスケジュールはこちらです

Share Button

「腕の力を抜く」 (1)(続 力を抜くことのむずかしさと方向性)

前回、「力を抜く」ことのむずかしさと「力を抜く」について、主に胴体の話からしてきました。

胴体を、力を抜こうとして下向きに押し下げるのをやめて、上向きに広がっていく(「ぶらあがる」)ことを思うと、呼吸もしやすくなるし、手足も動かしやすくなる、という話でした。

今日は、「腕の力を抜く」ということについても、書いておこうと思います。
腕についても、ダランと下向きにぶらさがるのがよい、と、よく言われたりしますが、これについても、もう少していねいに見てみる必要があると思います。
腕をぶらさげようとして、押し下げて、重くしてしまっていないか、ということです。

たしかに、不必要に腕を持ち上げた状態で固めて使っている場合もあるので、それに気づいたら、やめる必要があります。でもだからといって、押し下げすぎるのにも注意が必要です。

これには腕の構造を見てみると、役に立つかもしれません。

 (以下の説明は言葉だけではわかりにくいかもしれません。後日、絵をのせようと思いますが、言葉が苦手な人は、すみません、理解できなくても気にせず、流し読みしてください)。

腕を骨格として見ると、腕のはじまりは、前面から言うと、体の中心の胸骨から左右それぞれに伸びている鎖骨からはじまります。細長い鎖骨がゆるやかなS字にカーブしながら左右に伸びていて、胴体の端まで、肋骨の端までさらに外側、胴体の一番端まで来て、そこでいわゆる肩の骨(=上腕の腕の先端)と出会います。そこから向きが変わり、上腕の骨は下向きに下りてきて、ひじ、前腕、手首、手のひらと続いていきます。
つまり、腕は体の中心からまず左右に伸びていって、そこから下に下りています。

ついでに言うと、背面には大きな逆三角形の肩甲骨が左右にあって、そこから腕がはじまっています。なにげなく手を上にあげると、肩甲骨も手の向きと連動して回転します。(だれかに肩甲骨を軽くふれてもらいながら、手を上に向けて動かすと、わかりやすいかもしれません (註)

さらに筋肉で言うと、肩甲骨のさらに下の広背筋が、腕の動きと連動して動いてきます。

 つまり、腕はまず、中心から外側に向かって左右に伸びている、
背面から見ると、腕は、左右に広がっている肩甲骨からはじまっている。
もっといえば、腕は筋肉でいえば、広背筋からはじまっていて、下から支えられている。
そのような、中心からのつながりと、下からの支えがあって、はじめて、腕は下に行ける。

腕は上からぶらさがっているのでは、ないのです。

だから、力を抜こうと思うとき、腕が背中から支えられているイメージを持つと、いいと思います。

ただ、実際に腕を使うときで、「力を抜く」ことが課題になるときは、何も持たず、動かさずにいるときではなく、腕や手を使って何かをしているときだと思います。
そういうときには、どういう方向を思えばよいでしょう?
よかったら、考えてみてください。

(次回に続きます)。

註:私のワークショップやレッスンでよくやる動きですが、そのときは、その人によって、癖があるので、どこに気をつけたら肩甲骨が動きやすくなるかをアドバイスして動いてもらいます)。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでの、アレクサンダー・テクニークのレッスンのスケジュールとお申込みはこちらをご覧ください。

Share Button

楽器を構える~姿勢について

littlesoundsでのアレクサンダー・テクニークのレッスンのなかでは、楽器演奏や日常動作、家事、趣味や仕事の動きや姿勢など、その人が普段やっていることをアクティビティとして行うことがよくあります。
まず基本的なワークをやった後、レッスンの後半にやることが多いです。
やはり自分がいつも関心をもってやっていることに応用できることが実際的にわかると、嬉しいし、モチベーションがあがりますよね。

アクティビティのやり方は、それぞれのケースによってさまざまですが、最初のうちによく観ることのひとつは、構えるまでの動きについてです。

たとえばヴァイオリニストの方だと、
「じゃあ、ヴァイオリンを弾いてみますか?」と言うと、素早くてきぱきと、傍らに置いたケースからヴァイオリンを取り出し、構えます。
楽器を構え終わったところがスタート地点、というように、そこで初めて一回止まる方が多いです。
それで、「この構える姿勢は、どうなんでしょう?」と、そこで初めて自分の使い方を見ようとします。

でも、そこに至るまでの構えるところまでの一連の動き・・・
 ~楽器ケースを見て、1、2歩進み、かがんで、楽器ケースをあけて、楽器を取り出し、弓を取り出し、楽器ケースの蓋をしめ、体を起こして立って、楽器の向きを変えながら首の前まで持ってきて、あごを少し上げ、あごを下ろす~

構えるまでにたくさんのことが起こっていますね

それらの準備の動きは、しかし、ふだん、あまり自覚されることが多くないのではないかと思います。初心者のころは、構えるまでの動きを注意深く行っていたかもしれませんが、長年やっている方にとっては、それらの動きは、なるべく早く済ませたい動きかもしれません。
たしかに、そんな動きにあまり時間がかかりすぎると困りますが、もし自分の構える姿勢を観たいのであれば、その姿勢になるまでの動きに注意を払ってみるとよいのではないでしょうか。

「姿勢」を気にする人は、多いです。
ただ、その「姿勢」といったときに、固定した「位置」をイメージしている方が多いように思います。
、「肩をもう少しひいたほうがよいのかどうか?肩を下げたほうがよいのか?」「前にかがみすぎていないか?」などというふうに・・・。
でもそのような、前か、後ろか、上か、下か、というような「位置」は、それまでの動きの結果のあらわれにすぎないのです。

その、結果としての位置だけを変えて、それを覚えようとしても、固くなってしまうし、楽器を演奏するということは一連の動きなのだから、固めながら、動く、ということになると、話を難しくしてしまいます。

今、あなたがその「姿勢」になっているのには理由があるし、一連の動きの結果として今の「姿勢」があるのです。
だから、まずは「位置」は置いておいて、動きから観ていくとよいです。
(その動きには、大きな動きもあるし、バランスを取るなどの微細な動きの場合もあります)。動きのなかに、何かやりすぎているところがないか、不必要に力をいれすぎているところがないか、というようなことを見てみます。
動きが変わったら、その結果としての姿勢も、おのずと変わります。そのときの姿勢は、無理やり矯正したものではなく、自然に美しい姿勢になっていることでしょう。

「姿勢」という漢字は「姿」の「勢い」ですよね。
まさにその漢字のとおりだと思います。
「勢い」が生かされていれば、「姿」も美しく、有機的で、動きやすくなっていると思います。

(「姿勢」を英語で言った場合の”posture”には、もう少し固定的な意味合いがあるみたいです。日本語~漢語ってすごいですね。)

楽器を構えるときの動きを見てみるためのヒントとして、たとえば・・・

 ・かがむときに首を楽に、背骨を長く使うことを思う。
  (そのためには股関節で曲がることを意識することが役に立ちます。ウェストで曲がるのではなく。ウェストの関節は、大きく曲がる動きにはあまり適していません。)

 ・体を起こすときにも、背骨全体で起きてくることを思う。頭がその動きをリードする。

 ・楽器の向きを変え、楽器を体に近づけるとき、腕を長く使うと考える。

 ・楽器を胸の上に置くとき、胸を縮めない。
  (直接的には胸の上に楽器があるが、その下には体全体があって、さらにその下には地面のサポートがある。なので、触れてる部分だけで支えようとしなくてよいです)。

 ・あごを下ろすとき、首を固めなくてよい。
  (頭の立体全体の向きが変わると、あごが楽器の上に軽く乗る。
  あごで楽器を押し付ける必要はありません)。

 これらを全部、注意する必要はありません。このなかのどれか一つでいいと思います。
(あるいは、このリストのなかにはないことかもしれないし、別の言い方のほうがしっくりするかもしれませんが)。

 どれか一つが変われば、ほかのことも変わってきます。
 どれか一つを注意することによって、無理な動き方や、やりすぎを抑制することができて、一連の準備の動きがなめらかになってくると思います。そうやって構 えると、構えた姿勢が有機的なものに変わってきて、それまでに、おさまりの悪さや、違和感や、痛みなどを感じていた人も、そういうものがなくなっている場合が多いです。

 もうひとつ、「注意する」と言っても、注意深くなりすぎる必要はないし、すべてを正しくしようとしなくてよいです。そんなことは無理だし、無理なことをしようとすると、かえってギクシャクしてしまいます。
 ただ、注意力(attention)を向けることによって、少しづつ変化が起こってきます。

 そうやって、楽器を弾くと、より響く音に変わったり、体も楽になり、気持ちよく演奏できたりします。
 まず自分という楽器がよく響くようにチューニングできていると、
 自分と楽器が出会って、響きあうようになります。
 響きも、動きなんですよね。

 同じことは、楽器演奏に限らず、デスクワークで座る姿勢を観たい、というような場合も、まず座る姿勢になるまでの動きをどうしているかを見てみるとよいと思います。

 シンプルな動きにでも、精密で複雑な動きにでも、応用してみるといいと思います。

—–

 楽器演奏のアクティビティについては、上記のようなことのほかに、曲や、難しいフレーズを弾いてもらうこともありますし、舞台を想定してやるなど、その人の状態や、問題意識によっていろいろできることがあります。興味のある方はご相談ください。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsのサイトはこちらです。

Share Button

座り仕事で体全体を使う~骨盤のことなど

何かをやるとき、「からだ全体で行う」ということが大事です。

たとえば楽器を演奏する場合でも、パソコンに向かって仕事をする場合でもそうです。

たとえばパソコンに向かって仕事をする場合、顔がパソコンのほうに吸い寄せられるように近づいて、体のほかのところはおろそかになっている、ということはよくあるのではないでしょうか?

単に姿勢を正す、ということではなく、体全体が、見ることをサポートして、腕がタイピングすることもサポートしている、という意識が大切です。

座り仕事で「体全体を使う」ことを考えるときに役に立つのではないか、ということが、前に書いた、頭と背骨の上向き方向(プライマリー・コントロール)と、骨盤のことです。

座る(側面)体の骨や、構造がどうなっているか、というようなことは、
かならずしもすべて頭の知識として知っていなくても、
体が自分でコントロールしてくれるのにまかせていれば大丈夫で、
知らなくても、体のデザインを邪魔していなければ、本来それでOKなのですが、
知らないうちに起こった頭での思い込みが、体の使い方を制限してしまう場合があります。
そんなときに「からだの地図を見直す」(”ボディ・マッピング”といいます)ことが役に立つと思います。

骨盤(背面)さて骨盤は、逆三角の形をしていて、骨盤の一番底、左右二つ分かれている、それぞれの先端の部分を、坐骨(ざこつ)といいます。
座ったとき、この坐骨の方向に重心がおりてくるのが、体のデザインにとって無理がない使い方です。

BlogPaint骨盤全体は、後ろから見ても逆三角ですが、ここでは側面から見てみましょう。側面から見てもやっぱり逆三角で、その先端が坐骨です。
けっこう前の方にあるのが、意外に思われる方も多いのではないでしょうか?
足のつけねの下あたりですね。

そう、足の付け根は骨盤の底よりも高いところにあるのです。
なので、座っていても、足は自由に動かすことができます。
骨盤の左右、真ん中へんに、ソケットのようにくぼみがあり、そこに足の骨の先がボールのように収まっていて、そこからさまざまな方向に動くことができます。

よく混同しやすいのが、尾骨(びこつ。尻尾のように背骨の先端にくるっと巻いている骨)を、坐骨と思っている方が多いようです。尾骨は骨盤の一部ではなく、背骨の一番下にある仙骨の一部で、骨盤全体でいうと後ろのほうでバランスをとっています。
これを坐骨だと思ってここに重心を落とそうとすると、骨盤を後ろに傾けなくてはならず、バランスがとりずらく、また猫背になりやすく、おなかを圧迫してしまいがちです。

そうなのです、「猫背」は骨盤の使い方から来ている場合が少なくありません。

尾骨には、重さをかけないで、自由にしておいてあげてください。
なんせ、昔、尻尾だったところですから。

—-

ときどき、「坐骨の方向に重心をおろすと、坐骨が椅子にささって痛い」という方がいます。
重心をおろすために、坐骨に重さをおしつける必要はありません。

重心が下向きに降りてくるときには、
同時に上向きの方向も働いています。

重心が降りていることと、重さを下向きに押し付けていることとがちがいます。
重心がちゃんと降りているときは、むしろ軽やかな感じがすることが多いです。

自分が、坐骨に重さを押し付けてしまっているな、と感じたり、
骨盤を押しつぶしてしまっているかも、と感じたら、
上向き方向を思い出してください。
背骨にそって胴体全体が上方向に解放されている、と思ってみてください。

上向きの方向が働いていると、重心は下に降りてきます。

—-

正しい位置がどこかは、あまり気にし過ぎなくてよいです。
また、正しくしよう、とも思わなくてよいです。
もし違和感があったり、納得ができる位置関係が見つからなくても、意識を向けてみることだけで、まずは十分です。
意識を向けて、
「骨盤ってよくわからないけど、たしかけっこう立体的なんだよね」
などと、骨盤の存在を認識することが大事です。
認識することで、動くようになり活性化してきます。
すぐに答えを見つけようとせず、ときどき、からだに「問いかけ」をしてみてください。

それと、位置よりも大事なのは、全体の関係性です。
どこかの部分を意識した後は、からだ全体のバランスに戻って、部分と全体の関係性を見てみる、ということを気をつけてください。ひとつの部分だけに意識を集中させしぎないように。特にからだの上のほうと下のほうに両方、意識があることが大事です。
”点”の意識になりやすい人は、”点”より”線”、さらにはからだを立体として広く奥行きのある意識の持ち方をしてみてください。

ほどよい関係性が見つかったら、バランスが取りやすく、安定してかつ軽やかな感じを体験できると思います。

そこから、腕を動かしてみてください。腕も軽やかに動かしやすいと思います。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsのサイトはこちらです。

言葉で説明できることには限界があるので、興味をもたれたら、レッスンを体験してみてください。

Share Button

プライマリー・コントロール

アレクサンダー・テクニークのレッスンでは、頭と首と胴体の関係性を観てみることからはじめることが多いです。

私たちはいろいろな刺激を受け取って行動するとき、あるいはただ、そこに存在するだけでも、

 ・首が自由で、頭が高い位置にあり、胴体が長く広く自由

という状態と、

 ・首を無意識に固めて、頭で胴体を押し下げている

という状態を行ったり来たりしています。(ちょっと単純化した言い方ではありますが)。

その違いによって、自分全体としての存在の質や、なにかをしている場合なら、することの質や、やりやすさが変わってきます。

実際には当然それ以外にたくさんのことが起こっているわけですが、それ以外のことが気になるとき、それ以外のことを観たいときにも、まず、頭と首と胴体の関係性から観ていくことはとても役に立ちます。

頭と首と胴体の関係性のことを、アレクサンダーの用語で「プライマリー・コントロール」と言うのですが、「プライマリー(primary)」というのは英語で「まず第一の」という意味なのです。

首を固めたまま、腕や脚を自由に使うことは難しいし、
首を固めたまま、バランスを取ることも、
首を固めたまま、リラックスすることも、
首を固めたまま、持っている力を発揮することも難しいと思います。

首にはたくさんの神経が通っていて、脳からの指令を体全体に伝えるための通り道になっているので、
そこに”渋滞”が起こっていると、脳からの指令が体のすみずみまで伝わりにくくなってしまいます。

(興味があったら、実験として、わざと首を固めて、脚や腕を動かしてみたり、声を出してみてみてください。それから、固めるのをやめて、同じように動かしてみてください。)

ブルース・ファートマンというアレクサンダー・テクニーク教師は、そのことを暖炉と煙突に例えて、

 「煙突がつまっていたら、暖炉を燃やそうとしても、燃やせない」

と、言っていました。この場合は首が煙突ですね。
通りをよくすることが肝心です。

さらに言うと、首だけではなく、
首は背骨の一部なので、
頭と背骨全体、そして、
頭と首と胴体全体がうまく使えていなければ、
手足をうまく使うことは難しい。

最近、よく「体幹」という言葉を耳にしますが、言おうとしていることはある意味、同じなのかもしれません。
ただし「体幹」を考えるときに頭と首も含めて考えるとよいですね。
頭も体の一部だということを思い出してください。

たとえば歩いているとき、足は頑張って動かしているのに、頭がその動きにうまくついていっていない、という状態だと、歩くバランスがうまく取れず、足がよけいに疲れ、肩や腰が痛くなりがちです

逆に、何かに向かって頭だけを突き出して、何かをしようとしても、首やほかの部分に余分な緊張が生まれ、体全体に情報がうまく伝達できず、うまくいきません。

—–

上にも書きましたが、頭と首と胴体の関係性のことを、アレクサンダーの用語で「プライマリー・コントロール」といいます。

「プライマリー(primary)」というのは英語で「まず第一の」という意味です。
「コントロール」という言葉を聞くと、自分ががんばってコントロールしないといけないのか、と思うかもしれませんが、そういう意味ではなく、人間という有機体システムそれ自体がプライマリー・コントロールを持っているのです。

なので、私たちの仕事は、体のシステムの仕事を邪魔しないでいる、ということだけです。

どこか気になるところがあるとき、
まず、プライマリー・コントロール/頭~首~胴体全体のつながりに目を向け、神経の情報伝達の通り道を開いてから、ほかのことを観てみましょう。

何かの動きを観てみたいときも、
まず、プライマリー・コントロール/頭~首~胴体全体のつながりに目を向け、神経の情報伝達の通り道を開いてから、動いてみると、何か気づくことがあるのではと思います。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsのサイトはこちらです。

Share Button

ギタリストの生徒さんのアレクサンダー・テクニーク・レッスン/必要な力と不必要な力

きのうはジャズギタリストの生徒さんのアレクサンダー・テクニーク・レッスンがありました。今日で10回目のレッスンです。
テーブルワーク(寝た姿勢のワーク)、座る立つのワークなどの後、実際的なワークの時間で、今日は、「速いカッティングに手がうまくついていかない」という課題について見てみました。
今まで、座る姿勢でどう体を使うかということや、腕全体をどう意識して、どう使うかということは、すでにやってきていて、ずいぶん楽に弾けるようになったとのことですが、早いリズムになると、うまくいかないようです。

そこで、
・腕の自由さを保ちつつ、ピックをとおして指が弦を動かす感触を意識してみる
・ダウンストロークのときは、ひじから先~親指のつながりを意識してみる
(腕全体の動きの自由さを見たときは、ひじの外側を意識しましたが、今度はひじの内側です。)
というのをやってみました。
そうすると、より力強いピッキングができ、早く動かしてもリズムが乱れません。

生徒さんは、
「今までのレッスンのなかで、力を入れちゃいけない、ということを意識しすぎていたけど、そうじゃないんですね」
と、言われました。

そうです。必要な力と、不必要な力があるんですね。
そして不必要な力をいれて体を固める癖がなくなってくると、
必要なところに力を使いやすくなっていきます。

なので多くの場合、レッスンの最初のほうでは、不必要な力をいれるのをやめることから学んでいくことが多いのですが、いつも抜くことだけが大事なわけではない、のです。

力を抜くことが目的なわけではなく、
使いたいところに力を使うために、余分な力は抜く、ということです。

そして力を抜くことだけを考えていたら、くずれ落ちてしまうので、そのためにはやっぱりそれ以前に体幹の、プライマリー・コントロールのサポートが必要です。

—–

このへんの、ギターにおいて「どう力を使うか」に関しては、ボストンのギターの先生、ジェラルド・ハーシャーさんのレッスンを受けたときに学ぶところが多かったです。

ジェラルドさんはアレクサンダー・テクニークの教師ではありませんが、アレクサンダー・テクニークを元にしたアンドーバー・エデュケーターという教育法の資格を持っているギタリストです。

私も、まだまだギター、上手とはいえませんが、ずいぶん楽になりましたよ。

私(石井ゆりこ)のアレクサンダー・テクニークのサイトはこちらです。

Share Button