カテゴリー別アーカイブ: アレクサンダー・テクニーク

マリー・フランソワズ語録

6月に来日してワークショップをするアレクサンダー・テクニーク教師、マリー・フランソワズの言葉を、
昔のノートから探して、写してみました。
———————————————————————————-
マリー・フランソワズ語録 
・KAPPAのトレーニング・クラスにて 1999年 @京都
・ATA合宿 2000年 @静岡・函南
                  石井ゆりこのノートより
———————————————————————————-

アレクサンダー・テクニークの教師としてのあり方について

Does the teacher make you doing less?
Or does the teacher make you doing more?
(先生はあなたを、”より少なく”させてくれていますか?
 それとも、”より多く”させていますか?)

・わからなくても、そこにいることが大事
 そこにいることでサポートになる。

・コメントを、ムーブメントにする。
 コメントによってラベルを貼らない。

・時間をかけて、見て、聞いてみる。
 生徒と一緒にやる。
 わからなくなったときにはとくに。

・川に木の枝がたくさんあって水がうまく流れないとき、水をひっぱりますか?
 水はひとりでに流れています。それを尊重すればいい。

・手を使うのと、質問&答えを使うのは、同じこと。
 「いつでも、どんなものでも、質問やコメントをしたいときにはしてください」と言って、
  たずねられたら、答える。
 「わかりません」「それはそれほど大切なことではありません」
 「それについては、あとで答えられるかもしれません」
 というのも、ひとつの答え。

・レッスンのあと、なにか生徒に持って帰ってもらう。
 ときには、質問を持って帰ってもらう。

・そのときの役割が先生であるとき、生徒であるとき、見てる人であるとき、どの役割のときでも、
 その人としての同じ質を保てることが大事。

○垂直性(verticality /バーティカリティ)の流れ全体

 「背中のサポート」とは、背中の構造だけにかぎることではない。垂直性の流れ全体のこと。

○関節と筋肉

・関節のスペースにはたらきかけると、筋肉のはたらき方が変わってくる。

・筋肉は、歳を取ると弱くなってくるかもしれないが、関節のはたらきは、歳とともによくなることがある。

○インヒビション/inhibition/抑制

・ドアを開ける鍵とドアを閉める鍵は同じ鍵ですよね。
 状況によって全部違う鍵を持っていなければいけないことはない。

・インヒビション(抑制)は、ほうきです。
 先生はほうきの使い方を教え、ほうきで何を掃くかはそれぞれの人が決める。
 それぞれの人にとっての青空を見るために。

・インヒビションはアレクサンダー・ワークに属してはいない。人生に属している。
 ただ、アレクサンダーの先生はインヒビションをどう使ったらよいかを、よりよく知っている人。
 そして、それを伝える方法を知っている人。

○プライマリー・コントロール

・プライマリー・コントロールは、概念ではない。
 「持っていなければならないもの」でもない。
 ただ、そこにあるもの。

・プライマリー・コントロールは、関係性。

・「首を楽に」は、プライマリー・コントロールのひとつの入り口。
 入口に入ったからといって部屋に入ったことにはならない。
 鍵は、Undoing(やめていく、少なくしていく) プロセスに、ある。

○ready to move (動く準備ができている)
予期しないことが起こったときにこそ、動く準備ができていること(ready to move)が必要。

○Non-doing
Non-doingとは、いつでも静かなものとは限らない。
とっさに攻撃されたときにさっとよけることができるのもNon-doing.
自由な動きをもってNoと言えるのも、Non-doing.

○自律性(Autonomous)
自律性とは、そのときのまわりの状況から切り離されていることとは違う。

○○○

・楽器を正確にチューニングしたからといって、ミュージシャンがいなければ、音楽は鳴らない。
 ショパンはチューニングの狂ったピアノですごい演奏をした。

・しんどい体のなかに、とても生き生きとした人が住んでいることもある。

・アレクサンダー・ワークをやって、必ずしも人生が楽になるとはかぎらない。
 でも、自分の人生に出会えるようになる。

・それぞれの人たちが、本質的な価値とどうつながるかを探していきたい。

—–

マリー・フランソワズのアレクサンダー・テクニーク・ワークショップのご案内はこちらにあります。(文字をクリックしてください)。経験者も、初心者も歓迎です。

Share Button

解剖学とアレクサンダー・テクニークと、体の感覚と認識

アレクサンダー・テクニークのレッスンに継続して来られているTさんが、感想を送ってくださいました。

アレクサンダー・テクニークのレッスンは、生徒さんの問題意識や、生徒さんのそのときの状態によって、アプローチのしかたも、結果として得られるものも、少しづつ違いますが、たとえばどんな感じなのか、多様なレッスンの一端を知る手がかりとして、ご本人の許可を得て掲載させていただきます。

 「長年、自分の身体が重くて疲れやすかったりしたので、いい年齢になって、何か手に職をつけたいと考えたとき、整体やアロママッサージの道を選びました。しかし、アレクサンダー・テクニークのレッスンを受ける前は、学校で学んだ人体の骨格や解剖学について、他人の身体を観るとわかるのですが、いざ自分自身の身体となると、肩甲骨や骨盤ががどこにあるかとか、頬やアゴはどのへんなのか…等などがまったく実感できず、わからないままでおりました。人には、ここが肩甲骨で…などと語りながら自分の身体の上では捉えられないもどかしい感覚に悶々としていたところがありました。


アレクサンダー・テクニークのレッスンを受けてきた現在では、自分の身体~胴体はここで、首はここ、等…を、やっと感じられるようになり、それがさらに自分自身の安定感として感じられ、嬉しく思っています。

 私のような、感覚的な悩みが、具体的な指導でもって解決されていく方法があるなんて…もっと早く出会っていたら楽に生きて来れただろうと思うと涙が滲むこともありますが、今出会えていることに感謝しなくては、とも思っています。(Tさん)

アレクサンダー・テクニークのレッスンのなかでも、体の解剖学的なこと~体についての地図(ボディ・マッピング)を扱うことがありますが、一般的な解剖学と違うのは、知的な知識だけではなくて、自分の体で認識する、ということを大事にしているところです。

図や、スケルトンモデル(骸骨人形)を使って解説することもありますが、それで終わりではなく、自分で動いてみること、触れることなどを使って総合的に、認識と感覚をつなげられることを目指しています。

その人によって、認識しやすいところもあれば、なかなか認識しづらいところもあるでしょう。感覚と認識の回路が少しづつつながり、認識できる範囲が増えたり、深まっていくと思います。それにつれて、体の動きがよりしなやかになっていったり、より生き生きと、そしてリラックスできるようになったりしていくことが多いです。

体について、頭ではわかっていたつもりだったにもかかわらず、おかしな思い込みがあったことに気づくこともあります。それは、笑ってしまうような思い込みだったりもします。「ああ、こんなふうに思いこんでいたのだな」と、気づくだけで、体や、動きが変わったりすることがあります。

 

こちらにも、アレクサンダー・テクニーク・レッスンの体験談があります。

そもそも、アレクサンダー・テクニークとは?

石井ゆりこによる東京と神奈川・湘南でのアレクサンダー・テクニーク・個人レッスンのスケジュールはこちらです

Share Button

力を出すとき、首は楽でいい

子どものころから運動が苦手だった母が、70代になって高齢者女性をターゲットにしたフィットネスクラブに行くようになって、びっくり。しかも、とても楽しそうに通っている。「やっぱり筋肉を鍛えなきゃだめよ」なんて言って。
あんまり楽しそうなので、私もちょっと行ってみたいなと思うくらい。
ただ、唯一できないのが、仰向けから起き上がる、腹筋の運動で、できなくて恥ずかしい、と言う。
「起き上ろうとするときに、首を固めてるんじゃない?と言ったら、「えー?」と言いながら、でも見てほしい、と言われて、やってるところを見てみた。
やっぱりそうだった。「さあ起き上ろう」というときに、首を固めてる。
首は楽なまま、頭を動かす/回転させる。自分のおなかを見るような感じで。それに背中がついてくる。
私が頭の後ろに触れて、一緒に動く。
「ゆりちゃんが支えてくれたからできた」「いやいや、力はほとんどいれてないよ。方向づけただけだよ。」
今後も、タイミングが合うとき、やってほしい、と言われる。

今まで、アレクサンダー・テクニークは自分は必要じゃないし、よくわからないし、生徒さんたちのことも、「よくお金払ってわざわざ来るわねえ。ありがたいけど」と、言っていたけれど、少しはわかってくれたかな。
力を出すとき、首は楽でいい、というのを、覚えてくれたらいいな。

子どものころから運動が苦手だった私が、こんな仕事をしています。

 

アレクサンダー・テクニークとは?

石井ゆりこによる東京と神奈川・湘南でのアレクサンダー・テクニーク・個人レッスンのスケジュールはこちらをクリック

Share Button

心の問題は体とひとつながり。

アレクサンダー・テクニークのレッスンをはじめて受けに来られたKさんが、感想を送ってくださいました。
ブログにシェアしてもいいですかとお聞きしたところ、Kさんは、「私のような一般の人に伝われば幸いだなと思います」とのこと。

確かに、たとえば音楽家のためにアレクサンダー・テクニークが役に立つということはかなり知られるようになってきましたが、それ以外の「一般の方」でもレッスンを受けて大丈夫なのか、不安に思われる方がときどきいらっしゃるようですね。もちろん、一般の方、大歓迎です。

アレクサンダー・テクニークのレッスンはどんな感じなのか、その一端を知る手がかりとして、ご本人の許可を得て掲載させていただきます。

「レッスンありがとうございました。帰り道は一段高いところから行き交う人々を見ているような感じで、視界も思考もクリアになったようでした。

また今日は知人と食事をする機会がありましたが、癖になっていたものすごい相槌が(本当に頭が痛くなるほど振りまくってました)、とてもゆっくりできました。今の自分ものすごく上品で女性らしいかも!と思うほどでした。

今まで、「人と話す時は中心軸を意識して相手に取り込まれないようにしましょう」などというアドバイスを聞いていましたが、いざ対面すると、そんなことできるわけがないという状態でした。ですが、先生に首の動かし方を一回教えていただいただけで、見事に体が覚えてくれたようでした。

今までは体の使い方を知らなかっただけなんだなぁと思いました。

また、頭の本当の動かし方を教えていただいて、疲れた時や鬱々してきた時などにゆっくり回すと、とっても頭が軽くなり、頭の中の重苦しい苦悩も消えていくのがわかりました。
「鬱の時は視野狭窄になっているので、視線をいろいろなところに向けるのがよい」、というのは知っていたのですが、首を締めながらやっても意味を成さないんだなと痛感しました。
体の使い方がわかると自分の体に愛着が湧きますね。」

註)ここでKさんは、「頭の動かし方」と書かれていますが、レッスン未体験の方のために書くと、これは、その動かし方が正しくて、そうじゃないのは間違っている、という意味ではなく、ふだんと違うふうに動かすことができること、たとえば「もっと楽に動かすことが可能だったんだ」ということを体験的に知ることによって、動きの選択肢の引き出しを増やすことができる、そこがポイントです。一見同じ動きであっても、緊張の度合いをより少なくするという選択肢が、あったりするんですね。そしてそれは選択肢なので、いつでも好きなときに選ぶことができるし、選ばない自由も、いつも、あります。
(アレクサンダー・テクニークのレッスンは、特定の動かし方を否定するようなものではないので、ご安心ください。)

自分の体に愛着が湧かれたとのこと、よかったですね!

そして、心の問題は本当に体とひとつながりだと実感します。
体という入口からアプローチすることで、無理なく変化が起こりやすいという場合はけっこうありますね。そのためのヒントを、アレクサンダー・テクニークのレッスンで持ち帰っていただけたら、何よりです。文章を読むだけでは実感するのが難しいことも、体感していただけると思います。

こちらにも、アレクサンダー・テクニーク・レッスンの体験談があります。

そもそも、アレクサンダー・テクニークとは?

石井ゆりこによる東京と神奈川・湘南でのアレクサンダー・テクニーク・個人レッスンのスケジュールはこちらです

Share Button

「まっすぐ立たなくてもよい」(7月のワークショップにて。)

ワークショップは、集まるメンバーによって違う色合いになる。
前回、高齢のお父様と娘さんの親子―娘さんが個人レッスンにいらしていて、お父様を誘ってくださった―がいらしてくださったときも、いつもとまた違った味わいで、よかった。

長年、職人さんをされていて、今は腰が曲がってまっすぐ立つことはできないけれど、よく歩いて、好きな趣味もお持ちで、お元気な方。

でも、ご本人も、娘さんも、まっすぐ立つべきなんではないかと思っておられていて、そのためにアレクサンダー・テクニークがよいのではないか、と、思われていたようだった。

ワークショップで、まっすぐ立たなくちゃ、と思わなくていい、
首が楽で、頭が先導して、それに体全体が着いていけばいい、というようなことをやった。
まっすぐ直立じゃなくても、背骨を、そして胴体全体を伸び伸びと、生き生きと使うことは、できるのだ!

それで、好きな歩くことがもっと楽になったり、趣味の絵手紙を描くのが楽になったりできる。
「描くことって、姿勢が丸くなりやすいから、あまりやらないほうがいいんでしょうかね」
と言われるご年配の方が、以前にもいらしたけど、そんなことはない。

その回のワークショップでは、逆に、60代後半のお母様に紹介されてはじめて来られた女性もいて、世代間交流や、親子の関係についての話がもりあがり、興味深い会でした。

アレクサンダー・テクニークとは?

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでの、アレクサンダー・テクニークのレッスンのスケジュールとお申込みはこちらをご覧ください。

Share Button

アレクサンダー・テクニーク用語 エンド・ゲイニング end gaining

(昔、2006年11月29日にメルマガで送った文章がでてきたので再掲します。)

アレクサンダー・テクニークの本などを読むと、独特な言葉がいくつか出てきます。レッスンのなかでは、あまりそういう言葉を直接、使うことは多くないのですが、概念として大事なことも多いので、ちょっととりあげてみます。

●エンド・ゲイニング end gaining

「目的に走る」などと訳されています。目的を達成しようと一生懸命になりすぎることです。

もちろん、何事にも目的があることは、いいことだと思いますが、その目的を直接的にそれをめざして急ぎすぎたり、そのまわりにある要素を意識からシャットアウトしてしまったり、プロセスをカットしてしまったりすると、たとえば体を壊したり、あるいは目的そのものも結局達成できなくなってしまったりします。

FMアレクサンダーが、舞台で声を出そうとがんばりすぎて、枯れた声しか出なくなってしまったというのが、そのいい例です。また、そういう症状を治そうとする過程で、対症療法的になりすぎることも、もうひとつのエンド・ゲイニングです。

目的や、意図をもっていながらも、今、自分がどこにいるかを認識して、そこにいるということ、そしてそこから歩いていく道筋をみつめることが大切です。

こんなふうに書くとストイックな感じがするかもしれませんが、実際はかえってそのほうが味わい深くて楽しい、と、私の経験からは感じます。

でも、がんばり屋さんのタイプの人のなかには、何でもがんばろうとするのをやめることのほうが、とてもチャレンジに感じる人もいるようです。(というか、誰にでもそういう要素はあるのかもしれませんね)。

みなさんはどうでしょうか?

不安かもしれないけれど、がんばらないことが近道のこともけっこうあるのです。

(違う方向にがんばる、と言い換えてもいいかな?)

(2006年11月29日)

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでの、アレクサンダー・テクニークのレッスンのスケジュールとお申込みはこちらをご覧ください。

Share Button

”この素晴らしき世界”

奥野敦士さん(元”ROGUE”のボーカリスト)のうたう、”この素晴らしき世界”

奥野さんは、2008年に、不慮の落下事故により頚椎を損傷して、首から下の自由を失った。
腹筋も動かなくなってしまったが、「お腹にベルトを巻き、声を出すたび、上体をぐっと前に倒す」という独自の歌唱法で、今も歌う。

http://www.youtube.com/watch?v=6jo-mJPAS3A

アレクサンダー・テクニークで、頭と首~背骨の関係性が、からだ全体をはたらかせていることを、プライマリー・コントロール、というのだけど、そのプライマリー・コントロールは、健康でも病気でもけがをしていても、麻痺があっても、どんな状況でもはたらいている、ということについて、ちょうど考えていたら、たまたま、この動画が、ほぼ日刊イトイ新聞で紹介されていたのです。

うーん、すばらしい!!

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsのサイトはこちらです。東京と神奈川での個人レッスンを、週に3日づつ行っています。出張もします。
レッスン・スケジュールはこちらです。

Share Button

84歳のアレクサンダー・テクニーク教師、Anne Mathewsさん

84歳(2010年当時)のアレクサンダー・テクニーク教師、Anne Mathewsさんが、床に寝てる人にアレクサンダー・テクニークを教えているところ。
しゃがんだり、立ったり、うつくしい。

この部屋もうつくしい。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsのサイトはこちら、

Share Button

速い変化、ゆっくり変化

アレクサンダー・テクニークのレッスンでは、自分の癖や習慣を認識して、その癖を変えたり、その習慣以外の選択肢を持つことを学習します。

ときどき、自分を変えたい、という強い思いを持ってこられる方がいて、なるべく短期間で、根本的に変えたい、と言われることがあります。その気持ちはわかるのですが、その気持ちを持ちつつも、焦らないことも大切です。

やはり長年、あなた自身と一緒に生きてきた癖や習慣なので、それを変えることは、なかなかいっぺんにはできません。逆にいっぺんに変えることができてしまうと、自分自身を維持するのも大変になってしまうかもしれません。

アレクサンダー・テクニークはその点、生徒さんの自身の反応を大切にしながら行うワークなので、無理なことはできません。生徒さん自身が対処できる範囲以上の変化を、起こすことはできません。

人によってはそれを物足りなく感じる方もいらっしゃるかもしれません。
でも、感じられるかどうかわからないくらいの変化でも、実はすごく大きな一歩です。そこからはじめて、体全体がその変化に少しづつ対応してきて、ご自分自身の認識のしかたや、対処のしかたも変化してきたら、次のステップに自然に進んでいきます。

そういう少しづつの変化のほうが、長い目で見ると、根本的でリバウンドしない変化になります。

最初は、おおまかなところのワークからはじまって、だんだん繊細な深いところに行くことが多いです。

でも場合によっては、いろいろな要素によって、そのタイミングでその人の変化の準備ができていたら、一回で驚くほど大きく変わる場合もあります。

ワークがどう進んで行くかは、ケースバイケースですが、いろいろなケースに立ち会うと、速い変化も、ゆっくりの変化も、起こる変化はその人に合ったものなのだな、と思います。

最初に大きな変化が起こって、その後ゆっくりになったり、
最初は気づかないほどゆっくりで、あるときドンと変化したり、ほんとに人それぞれです。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでの、アレクサンダー・テクニークのレッスンのスケジュールとお申込みはこちらをご覧ください。

Share Button

「考える前に考える」

内田樹さんのツイートにあった文、まさにアレクサンダーテクニークだと思いました。

@levinassien: 「考える」のと「考える前に考える」のは違うことです。池谷裕二さんの本によるとある行為を「しよう」と思う前にすでに脳は活動を始めている。「しよう」という意図が生じるより前に、無意識は「意図の原型」を生み出している。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsのサイトはこちら、

Share Button