カテゴリー別アーカイブ: アレクサンダー・テクニーク

アレクサンダー・テクニーク・ブログ カテゴリ一覧

5ヶ月の赤ちゃんを連れてのお母さん

きょうは5ヶ月の赤ちゃんを連れてのお母さんのアレクサンダー・テクニーク・レッスンでした。抱き上げるところや、抱っこするところ、揺らして寝かしつけるところなど。腰に負担が来ちゃっていたうごきを見直したら、もっと赤ちゃんとお母さんと一体になった動きになりました。

赤ちゃん、私をじーっと見ていて、それからにこにこしだして、元気よく寝返りしたりしてて、楽しかったです。

アレクサンダー・テクニーク・レッスンのひとこま

「何か下向いて歩いてますね~」
「とくに集中するものがないときは、そうですね~」
「集中しなくていいけど、パノラマ視野で、左や右、上、下、部屋全体を大きな視野にいれて歩いてみたら、どうかな?
視野が立体的になったら、自分の体も立体的に感じられるようになるかもしれませんね」

「あ、掛け軸が前来たときから変わったんですね」
それから窓の外を見たら、
「あ、大きな鳥!」
大きな鳥が庭に来ていて、つばきの花びらを熱心に食べていた。
一羽、そしてもう一羽。

私自身もそうだけど、日々起こっていることで、気づいていないこと、いっぱいあるな。

デビ・アダムス(Debi Adams アレクサンダー・テクニーク教師)2017年1月来日

7e628854

今年の1月にひきつづき、来年の年明けにも、ボストンのアレクサンダー・テクニーク教師、デビ・アダムス(Debi Adams)さんが再び来日します。

デビは、私が2001年から12年間、ほぼ毎年訪ねていたボストンのアレクサンダー・テクニークの学校の先生です。
学校のディレクターのトミー・トンプソンが、精神的支柱として、アレクサンダー・テクニークの哲学を教えてくれる存在だとすると、デビは、それを具体的にわかりやすく、それぞれの人の毎日の生活や行動に落とし込む手助けをしてくれる存在でした。

彼女はピアニストでもあります。そして、2013年にボストン音楽院に新設されたアレクサンダー・テクニーク・トレーニング・コースのディレクターです。

今回、音楽家向けのワークショップと、
アレクサンダー・テクニーク教師と学んでいる方のためのワークショップ、そして個人レッスンを行います。
ワークショップは、ひとりひとりのワークの機会が受けられるように少人数で行います。
以下のリンク先に内容紹介と、お申し込みフォームがあります。
みなさんのお申し込みをお待ちしています。

1月5日(木)アレクサンダー・テクニーク教師、トレーニー向けワークショップ(藤沢鵠沼)”座ること、立つことを教える”

1月6日(金)デビの個人レッスン(藤沢・鵠沼教室)
10:30、11:15、12:00、13:45、14:30、15:15、16:15

1回45分12000円
(ワークショップご参加の方は1回10000円)

1月7日(土)音楽のある暮らしに活かすアレクサンダーテクニーク(東京)

1月8日(日)“レファレンス・ポイント” デビ・アダムスを迎えてのアレクサンダー・テクニーク・ワークショップ教師と学んでいる方のためのワークショップ(東京)

1月10日(火)アレクサンダー・テクニーク教師、トレーニー向けワークショップ(藤沢鵠沼)”座ること、立つことを教える”

1月11日(水)デビの個人レッスン予備日
1月12日(木)デビの個人レッスン(東京・文京教室)
14:00、14:45、15:30、16:15、17:00、18:30

1回45分12000円+通訳代1500円
(ワークショップご参加の方は1回10000円)

●講師紹介 デビ・アダムス(Deborah Fishbein Adams)

ATI公認アレクサンダー・テクニーク教師。トミー・トンプソンのもとで教師養成トレーニングを受けました。ほかに、ブルース&マーサ・ファートマン、リカ・コーエン、デビッド・ゴーマンほかたくさんの教師たちと学んできました。現在デビは、ボストン音楽院にて、音楽家、ダンサー、俳優に向けてアレクサンダー・テクニークを教えると同時に、音楽院内にできたアレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングのディレクターでもあります。

デビはピアニスト(ボストン大学音楽部ピアノパフォーマンス科修士)で、何年も前に腱鞘炎で悩んでいたとき、アレクサンダー・テクニークに出会ったことが、最終的に痛みのない人生につながりました。このパワフルなワークをほかの人たちにシェアする責任を感じています。

参考までに過去ブログの記事です。

デビ・アダムスさんのワークが終わって-1 ”reference point
デビ・アダムスさんのワークが終わって-2 重力とサポート
ピアニストのための12のおきて
デビ・アダムスさんのレッスン&ワークショップを終えて

1/5(木)、1/8(日)”レファレンス・ポイント~手を使うこと” デビ・アダムスを迎えてのアレクサンダー・テクニーク・ワークショップ

おかげさまで満員になりました。以降、キャンセル待ち受付とさせていただきます。
個人レッスンのほうは空きがあります。よろしければどうぞ。

―手を使って生徒さんとコンタクトをとることの意味を探究していきます。
自分が生徒さんに伝えたり、シェアしたりしているものがあるでしょうか?
生徒さんから受け取っている情報があるでしょうか?
どのようにすると、自分の手は生徒さんが自分自身についてもっと学ぶだめの
ただの「レファレンス・ポイント(参照地点)」になるでしょうか? このような選択肢を見ていきます。
また、教えるときの意図の明確化に役立つエクササイズもとりあげます。

私たちはみんなアレクサンダーテクニークの生徒であり続けます。
このワークショップでは教えている立場の人も、いち学習者の人も、ハンズオン・ワークの際に起こる学びについて価値ある洞察を得られることでしょう。
.教師、教えることに興味ある方以外でも、アレクサンダー・テクニークをもっと勉強したい方はどうぞ。
デビさんに疑問、質問があればどうぞお寄せください。

●立つこと、座ることを教える

このクラシカルなワークには、その行為そのものをはるかに上回る恩恵があります。
そこには、あらゆる刺激に対して私たちがどう反応しているかを知る機会があります。
また、座る、立つという動きの探究には、生徒さん自身の自己発見の感覚が高まるようなやり方もあれば、
もっと教師に頼ってもらうようなやり方もあります。
両方のアプローチの価値を見ていき、生徒さん自身に「力」を感じてもらえるようなプロセスを検討していきます。

 

●講師紹介 デビ・アダムス(Deborah Fishbein Adams)

ATI公認アレクサンダー・テクニーク教師。トミー・トンプソンのもとで教師養成トレーニングを受けました。ほかに、ブルース&マーサ・ファートマン、リカ・コーエン、デビッド・ゴーマンほかたくさんの教師たちと学んできました。現在デビは、ボストン音楽院にて、音楽家、ダンサー、俳優に向けてアレクサンダー・テクニークを教えると同時に、音楽院内にできたアレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングのディレクターでもあります。

デビはピアニスト(ボストン大学音楽部ピアノパフォーマンス科修士)で、何年も前に腱鞘炎で悩んでいたとき、アレクサンダー・テクニークに出会ったことが、最終的に痛みのない人生につながりました。このパワフルなワークをほかの人たちにシェアする責任を感じています。

デビのウェブサイト
デビに関する参考記事

—————————————————
1月5日(木)10:30~16:30 藤沢鵠沼
1月8日(日)10:30~16:30 東京
おかげさまで満員になりました。以降、キャンセル待ち受付とさせていただきます。

………お申し込みの後、ご案内をお送りします。
参加費 : 15000円(事前振込。お申し込み後、振込先をお知らせします。)
定 員 : 5日は8名、8日は10名
講 師 : Debi Adams (通訳つき)
お申し込み、お問い合わせ:下にあるフォームにご記入ください。または、
yuriko@littlesounds.com までメールで以下をお知らせください。
1) お名前 2) お電話番号
3) このワークショップをどちらで知りましたか?
4) その他、参加するにあたって、特に興味があることなどをお知らせください。)

【2017デビの日程一覧】
1月5日(木)(藤沢鵠沼)”レファレンス・ポイント~座ること、立つことを教える”
1月6日(金)個人レッスン(藤沢か東京)
1月7日(土)音楽のある暮らしに活かす(東京)
1月8日(日)“レファレンス・ポイント”(東京)
1月10日(火)(藤沢鵠沼)”座ること、立つことを教える”
1月11日(水)、12日(木)個人レッスン(藤沢か東京)

お申し込みフォーム

【お名前】

【ふりがな】

【ご住所】

【お電話番号】

【メールアドレス】

【メールアドレス(確認用 再入力)】

【生年月日】

【参加希望ワークショップ】
日時:

ワークショップのタイトル:

【ワークショップについて、どこで知りましたか?】

【参加するにあたって、特に興味があることなど、ご自由にご記入ください。】

1月7日(土)音楽のある暮らしに生かすアレクサンダーテクニーク(デビ・アダムスを迎えて)

人前で演奏するときの緊張、初見演奏、練習のコツ――どのあたりに関心をお持ちでも、アレクサンダーテクニークの基本原理を、自分にあてはめて活用することができます。
デビは演奏家として仕事のあらゆる面にアレクサンダーテクニークを活用しています。
アレクサンダー氏の発見に根ざした「インヒビション(抑制)」と「ディレクション(方向性)」について、デビは新鮮な視点を持っており、さらに、そこにテンセグリティや神経生理学などのもっと最近の概念も取り入れています。
参加者はご自分の楽器や疑問・質問を是非お持ちください。
ピアノのある部屋で行う予定です。

あがり症について
正真正銘のあがり症も、もっと程度の軽い緊張も、人前で演奏するときの緊張体験がどんなものであれ、
アレクサンダーテクニークはそうした演奏体験が楽しさや喜びの体験に変わる可能性を提供します。
緊張や不安の症状を自分がどう解釈するかによって、いかにぎこちない道を転げ落ちてしまえるか、
また同じ症状を新たな視点でとらえることで、心の奥底では可能だと知っているような演奏体験へ
いかに変容していけるかについて見ていきます。

●講師紹介 デビ・アダムス(Deborah Fishbein Adams)

ATI公認アレクサンダー・テクニーク教師。トミー・トンプソンのもとで教師養成トレーニングを受けました。2002年からボストン音楽院にて、音楽家、ダンサー、俳優に向けてアレクサンダー・テクニークを教えてきており、2012年には音楽院内にできたアレクサンダー・テクニーク教師養成トレーニングのディレクターになり教師を養成しています。

デビはピアニスト(ボストン大学音楽部ピアノパフォーマンス科修士)で、何年も前に腱鞘炎で悩んでいたとき、アレクサンダー・テクニークに出会ったことが、最終的に痛みのない人生につながりました。このパワフルなワークをほかの人たちにシェアする責任を感じています。

今回、東京でのデビのそのほかのワークショップと個人レッスンについてはこちら
ボストン音楽院サイトのデビのページ(英語)
デビの個人ウェブサイト(英語)

—————————————————
日 時 : 1月7日(土)10:30~16:30
会 場 : STUDIO1619
西武池袋線「江古田」駅より徒歩6分、
または地下鉄有楽町線「新桜台」駅より徒歩1分
http://www.studio-1619.com/map.html
参加費 : 16000円(事前振込。お申し込み後、振込先をお知らせします。)
定 員 : 10名 おかげさまで満員になりました。以降、キャンセル待ち受付とさせていただきます。(6日、12日の個人レッスンは空きがあります。よろしければどうぞ。)
講 師 : Debi Adams (通訳つき)
お申し込み、お問い合わせ:下にあるフォームにご記入ください。または、
yuriko@littlesounds.com までメールで以下をお知らせください。
1) お名前 2) お電話番号
3) このワークショップをどちらで知りましたか?
4) その他、参加するにあたって、特に興味があることなどをお知らせください。)

お申し込みフォーム

【お名前】

【ふりがな】

【ご住所】

【お電話番号】

【メールアドレス】

【メールアドレス(確認用 再入力)】

【生年月日】

【参加希望ワークショップ】
日時:

ワークショップのタイトル:

【ワークショップについて、どこで知りましたか?】

【参加するにあたって、特に興味があることなど、ご自由にご記入ください。】

楽器を運ぶ。

ギターと機材を持って、いろいろな土地に演奏しに行くギタリストの方のレッスン。
今までのレッスンのなかで、楽器の演奏はだいぶ楽に自由になってきたとのこと。でも実は、移動のときに楽器や、機材の入った鞄を持ち運ぶことが、演奏以上に負担になっているとのこと。

そこで、その日はちょうど、ホイールつきかばんと楽器を持って来られていたので、外に出て、ホイールつきかばんを持って歩くことをレッスンでやることにした。

腕の力だけではなく、自分全体が移動するのにかばんが一緒についていく、と意図することと、それを邪魔しているのをやめること。その人の場合、それがどういうふうに起こっているか、具体的に観て、気づきを向けてみる。

それをやってから、部屋に戻り、楽器の演奏もやってみた。
そうしたら、演奏がいつも以上に、自由でなめらかで、いい音になっていた。

ふだんの動きと演奏は、ひとつながりなのだ。
演奏のときのことだけでなく、日常の動きを見てみることで、演奏に違いが出てくることは、はじめはイメージしにくい人が多いようだが、実際にやってみると納得する方が多いです。

背泳ぎと首の自由さ (あごの自由さ)

常連の生徒さんのお母様、80歳ぐらいの方の、2度目のアレクサンダー・テクニーク・レッスン。きっかけは、足を怪我したあと、めまいがするようになったこと。前回から1か月ぶりに、今日来られたら、自然に背筋がシャンと伸びて、顔色もよくお元気そう。趣味の水泳も再開したそう。

とくに背泳ぎが好きなのだけど、お友達から、背泳ぎは首に負担がかかるから、めまいがある人はやめたほうがいい、と言われて以来、やめてるそう。それで多少フラストレーションがたまっているらしい。

背泳ぎが首に負担がかかるかどうかは、どう、やるかによる。
たとえば、あごをひこうとして、ぎゅっと首を縮めているか、それとも自然に首が伸びて、それによってあごが自然にひけているか…。
そんなことをお伝えして、

その方に背泳ぎの動きをやっていただいたら、その方の場合、腕を伸ばしていくときに背骨と胴体が伸び、むしろ首が解放される助けになっていた。

気持ちよく泳いでいる人の場合、自然とそうなる。
怖い、と思いながら無理に動かすと、首を縮めながら動かすことになって負担がかかることはあり得るけれど。(→ そういうときは、首がラクに伸びていくことを思うと、怖くなくなったりすることもある。)

その方には、プールに行けないときは、床で仰向けになって、背泳ぎの動きをしてみるのもいいですね、と言ってみた。(そのとき本を枕にすると、あごが上がらずに済む)。

そして、立って、天井を目指すつもりで、背泳ぎの動きをやってみる、というのもやってみた。

そして、手を天井に向けて伸ばすのと同時に一歩づつ前に歩く、というのをやってみた。
 
この場の、彼女とのやりとりのなかで即興で出てきたワークだけど、
やってみて、この方に合いそう。

これも、この方に合いそう。
朝起きたとき、ちょっと腰が痛かったり、ふらふらすることがあるとおっしゃるので、そんなときに、よかったら試してみてください、と言ってみる。

楽しいレッスンになりました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-04-%e3%81%bf%e3%81%bb%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%a8%e3%82%ac%e3%83%bc%e4%bc%b8%e3%81%b3%e3%82%8b

10/29(土)育つことのお手伝い&自分のなかの子どもを育てる (モンテッソーリ教育と、アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ)

7月に行って好評だった、モンテッソーリ教育とアレクサンダー・テクニークのコラボ・ワークショップの第二弾を開催します。31年間モンテッソーリ教育に携わってきて、日本各地でモンテッソーリ教育を広めている、深津高子さんとのコラボレーションです。

高子さんのお話はいつもとても具体的で、なので、理論が理論におわらず、色や形や手触りを持つようです。
子どもたちと、子どもたちのまわりの環境をととのえるための具体的なアイデアがいっぱい。
具体的な質問をするとさらに、すぐにやってみられるような具体的なアイデアが返ってきて、わくわくします。

たとえば前回は、6歳の子どもとお夕飯の買い物に行くときの話が出ました。子どもがスーパーなどに行って「いうことを聞かない子」のようになってしまうのは、子どもにとって、情報量が多すぎるので混乱してしまい、何かに集中したくても集中できなくなってしまうから。「お夕飯に何を作ろうか」、というところから情報を共有して、買いもののメモを書き、一緒に作る、というアイデアを、参加者のひとりの方はさっそく、実践してみましたと報告くださいました。

早速取り組んでみると、子どもがすでに持っている力を実感できました。子どもの力は侮れないですね。
子どもに対する見方が変わってくると、今まで見えていた世界が楽しいものに思えてきました‼︎
今までのように心身の疲れは感じなく、辛さが楽しさに転換されたようです。
これまで緊張状態がずっと続いていましたが、アレクサンダー・テクニークのレッスンでは呼吸を整えることに気づかされ、身体が少しずつ緩み始めました。今回、更に緩みが加速され、生きるのが楽しいと感じられるようになってきました。

ほかには、自分の子ども時代のことを振り返ったという方も多く、また、ワークショップ後、ご高齢の親御さんとのかかわり方が変わったという方もいらっしゃいました。

「すごいね!」という言葉でほめるかわりに、もう少しよく子どもを観察して、ありのままを認めて、その言葉を伝えてみよう、ということもやってみました。
それを職場で実践された方はこう言われていました。

「今までいかに『すごいね』しか言っていなかったかに気づきました。
『すごいね』と言わずに別の言葉を探すようにしたら、時間が必要なので会話がゆっくりになりましたが、
そのときの子どもの顔は、なんだかうれしそうでした。
そして会話も延々つなげなくても、子どもが満足したので、結局は短いやりとりで済んだのでした。

 

高子さんは、「自立」をテーマにお話され、「知的自立には原体験が必要」と言われていました。
つまり、「五感で感じることが、遠い将来、自分で判断するときに役に立つ」そうです。
また、「選ぶこと」そして、「選んだ結果を体験すること―失敗体験も含めて」が必要ということも言われました。
選んだ結果を気に入らなくても、大人が尻拭いをしない、自分で責任をとるという体験が大事だと。

そして、「モンテッソーリ教育は、観察ありきの教育」だということ、
また、「子どもたちに手を使う大人を見せて、人間の文化を継承することが必要」だと言われていました。

とてもインスピレーションを得られるお話でした。
そして、やはりアレクサンダー・テクニークが大事にしていることととても重なると思いました。

今回もひきつづき、
子どもたちのために、また大人になってしまったわれわれ自身の再教育のためにも、
アイデアをシェアしあい、インスピレーションをもらい、体験してみる会になればと思います。

私のほうでは、アレクサンダー・テクニークのワークをとおして、
自分が「今ここにいるという感覚」に意識を持つことや、緊張からの解放、そこから人とかかわること、などについて体験的に気づきを深めるようなことをできたらと思います。

(前回は、高子さんのお話に夢中になりすぎて、アレクサンダー・テクニークのワークの時間が少なくなってしまったので、今回はもう少しコラボらしくできたらいいなと思います。)

高子さんはこの秋には、介護にモンテッソーリを生かすためのセミナーにも参加されたとのことで、お年寄りの環境にモンテッソーリを生かすためのお話も出るかもしれません。

お子さんやお孫さんとのかかわりを見つめ直したい方、
お仕事で子どもと関わる方、
そして、直接子どもに今かかわりがない方も、
ぜひ、一緒に学びあいましょう。

【深津高子さんについて】
80年代にインドシナ難民キャンプで紛争解決の糸口を模索中、「平和は子どもから始まる」という言葉に出会い、帰国後、モンテッソーリ教育の勉強を始める。
その後、府中市にあるモンテッソーリ園に勤め、現在は全国の幼稚園・保育園に出向き、子どもの視点に立った保育環境見直し作業に取り組むほか、子育ち、環境問題など多岐にわたり活躍されています。
AMI(国際モンテッソーリ協会)公認モンテッソーリ教師、同協会元理事、一般社団法人AMI友の会NIPPON副代表、保育環境アドバイザー、フェルデンクライスメソッド・プラクティショナーでもあり、色や素材のコラージュをするアーティストでもあります。

takako y perro

【石井ゆりこについて】
1999年より東京と神奈川を拠点に、個人レッスンや、ワークショップをやっています。ミュージシャン、ダンサーなどのパフォーマー、肩凝りや腰痛、不眠、あがり症、などに悩む方、介護職、針灸師、整体師などの方などが来られています。自分の心とからだを自分のものとして取り戻すというテーマに興味があります。ギター弾き語りが趣味。国立音楽大学非常勤講師。
著書『無駄な力がぬけてラクになる介護術』誠文堂新光社、
『演奏者のための はじめてのアレクサンダー・テクニーク』ヤマハ・ミュージック・メディア
http://www.littlesounds.com/

関連リンク
・前回のモンテッソーリとアレクサンダー・テクニーク・ワークショップ案内(2016年)
・モンテッソーリ園に行って子どもたちを観察してきた話(2011年)

————————————————————
10/29(土)10:30~17:00(お昼休憩あり)
場 所:東京都文京区
………お申し込みの後、ご案内をお送りします。
参加費:8500円
定 員:10名
講 師:深津高子/石井ゆり子
お申し込み、お問い合わせ:下にあるフォームにご記入ください。または、
yuriko@littlesounds.com までメールで以下をお知らせください。
1) お名前 2) お電話番号
3) このワークショップをどちらで知りましたか?
4) その他、参加するにあたって、特に興味があることなどをお知らせください。)

お申し込みフォーム

【お名前】

【ふりがな】

【ご住所】

【お電話番号】

【メールアドレス】

【メールアドレス(確認用 再入力)】

【生年月日】

【参加希望ワークショップ】
日時:

ワークショップのタイトル:

【ワークショップについて、どこで知りましたか?】

【参加するにあたって、特に興味があることなど、ご自由にご記入ください。】

石井ゆりこによる東京と神奈川・湘南でのアレクサンダー・テクニーク・個人レッスンのスケジュールはこちら

”上に” は、結果。上に持っていこうとしなくていい。

2013-10-01-16-52-42

アレクサンダー・テクニークのレッスンで、「頭が上にある、ということを思い出しましょう」などと、よく言うので、それが生徒さんの印象に残るようで、帰ってからも、「頭が上に」ということを、意識している生徒さんが多いと思います。アレクサンダー・テクニークの本にも、そういうことが、よく書かれていますしね。

そういう意識は、よいことの場合が多いけれど、実は逆効果になってしまう場合もあります。

レッスンで、「頭が上にある、ということを思い出しましょう」と、私は言ったりしますが、
それはあくまで、事実として今、頭が上にある、ということ。
それ以上に”上に”持っていこうと思うと、何かをやりすぎてしまうことがあるのです。

「頭が上に」と、「頭を上に」の違い、と言ってもいいかな。

事実として今、頭が上にある、ということを、”思い出す”ことによって、もし首や背骨を縮めていた場合は、縮めることが抑制されて自然に伸びていくことが、自然に起こりやすくなります。

ただし、その人の状態によっては、伸びていかないこともある。
そうすると、伸びることを起こしたくて、上にひっぱりあげたり、持ちあげたりしたくなるかもしれない。
それはやらなくてよいです。

(自分自身にワークする場合も、教師としてワークする場合も同じで、私は教師として、けしてひっぱりあげることはしていません。
「首が伸びた」と、生徒さんが驚くことがよくありますが、その人の体の緊張がほどけることで、ゆるんで伸びる動きが、自然に動きが生まれているのです)

動きが自然に生まれない場合は、無理にひっぱりあげたりするかわりに、縮んでいる要因、上に行きにくくしている要因がどこにあるのかしら、と、その人全体を見てみます。
たとえば、地面に足は着いているけれど、足があるところの上に、腰がうまくバランスしていない(後ろにひけすぎているとか)、ということもあります。

または、首をイメージするときに、首の後ろだけを思っていて、前を忘れている、というのも、よくあるケースです。

このように、首のことを、むしろ、いったん置いておいて、その人全体/自分全体を、俯瞰する目で見てみましょう。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでは、東京と神奈川で個人レッスンを、それぞれ週に3日づつ行っています。
レッスン・スケジュールとお申し込みはこちらです。