樹木も人間も、環境に応じて自分を最適化させている。

もう去年の秋の話になってしまいますが、東京農大で樹木医の三戸久美子さんのお話と、アレクサンダー・テクニークのコラボ「樹木のかたちの読み解きかたとアレクサンダー・テクニーク」講座を行ったときのことを報告したいと思います。

三戸さんの「樹木のかたちの最適化」のお話、おもしろかったです。
木が、光を獲得するために自己最適化をし続けるという話。それは固定されたものではなく、ダイナミックな動きだということ。木は上に伸びていくだけでなく、置かれた環境その他によっては、横にひろがっていくものもあるし、枝をねじったり、石などのうえに乗っかったりもする。そういう「かたちの最適化」が、合理的な成長だというお話でした。

木は倒れかかった自分の体を起こすこともできるということです。

実際に散歩をしていて、そんなふうな木に出会うことがあると、そのダイナミックなたたずまいに感銘を受けますが、あらためて説明を聞いて、写真も見せてもらいながら、

「人間も同じなのではないか?」
と、私は思ったのでした。

人の姿勢としてよく、
まっすぐにしないといけないのでは?
曲がっていてはいけないのでは?
左右非対称だとよくないのではないか?
左右非対称になってしまうような行為(楽器の演奏など)をいつもしていると、いけないのではないか?
などと気にする人がいますが、そんなことはないと私は思うのです。

人間も、環境に応じてかたちの最適化が自然に起こっている。

人間の場合は木のように長い時間をかけて動くのではなく、すばやく動けるのが違いかなと思います。

人間は、瞬間瞬間に、環境に呼応して形を変えているのでは?
それが自然に起こっているのではないか?
木がやってることと同じことを人間もしているのではないかと思うのです。

そこで後半のアレクサンダー・テクニークを使ったワークの時間では、

「自分が刺激に応じてどう動くか、それを信頼をもって見てみる」
ということを心に留めて、

・床においた枝を、自分全体を意識して、少し離れたところから手に取る。

ということをし、そのときの自分を観察してもらいました。
自然に、ひざや股関節や足首の関節が曲がっていくのがわかります。

枝を手にとるとき、使っているのは手だけではなく、体全体なのだということがわかります。

それから、足の下の地面からの力を意識しながら手をあげること。

そして二人組になって、手の平の上に相手の人の手の平を載せて、ひとりが手を動かすと、手をとおしてもうひとりにはどんな動きが自然に起こるのか見てみる、というワークをやりました。

さらに、
・二人組で押し合いっこ(直接的には手で押すのだけど、実は手の力ではなく、重力の力を使っている)
・二人組で、重力の力を利用して、座る。
・葉っぱがたくさんついた重い枝を渡し合う~準備せずに受け取る。(準備したくなるのを抑制する)。

というようなことをやりました。
(葉っぱがたくさんついた重い枝は、朝一番に、農大の内田均先生が農大の校内の木を剪定して運んできてくださいました。)

人間も、刺激に応じて自分を最適化させて動ける自分を信頼できる体験を持つと、ふだんの生活のなかでも、無理せずより自由に動けるようになるのではないかと思います。

そして、木を見るときに、同時に自分のからだのことを思い、より共感を持って見られるようになるかもしれません。

—–

今日はもう年が明けて、冬。
今、うちに植木屋さんがいらして木を切ってくださっています。若手だけれど10年仕事されている方。
これからどんなふうに育っていくかを見ながら切ってくださいました。すっきりしたけど、全然さびしくはならず、むしろ心地よさが増しました。木の理解者の方のお仕事、すばらしいです。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでは、東京と神奈川で週3日づつ個人レッスンを行っています。
レッスン・スケジュールとお申し込みはこちらです。
Share Button

「つながりの中で生かされること」ワークショップのご感想

1月7日のアレクサンダー・テクニーク・ワークショップ「体をとおして自分に気づき、自分が今いる世界に気づく」のなかで、参加者のおひとりがメイクアップをしたことを、一昨日書きましたが、

当日はそのほかにも、自分のからだに気づけるような、いろいろなワークを行いました。そして、からだに気づきを持つことで、お互いの存在を、お互いがいる空気感を味わう時間になりました。

今回の参加者の方々はみなさん初対面同士だったのですが、
なんだかお互い名残惜しい様子で、終わった後、みなさんと一緒に私も食事しておしゃべりして別れました。
ワークショップの時間も、お食事の時間も含めて、おかげさまで、新春の、いい時間になりました。

参加者のおひとり、Yさん(60代女性)が、感想のメールをくださったので、許可を得て掲載させていただきます。

「今日のワークショップでは、ゆったりと言葉を受けとめることができて、とても充実した時間になりました。

目に見えない部分がどうしても意識から抜け落ち、見えるところだけで頑張っていた自分に気づけました。
体の中の空間を感じることや立体的に感じること、顎の関節の動きに余裕がでることなどから自分の存在が内側から広がったような感覚を味わいました。

また、足の裏を意識すること、足の裏の下の地面が自分を支えてくれる存在であることを体感できたことも大きな気づきでした。

いろいろな知識は忘れていることもありますが、その意味することを実践してわかることで、初めてわかることになるのかなと思いました。
わからないことはわからないままにすることも大事なことだと、そして、わかることというのは知識と実践が一体となってはじめて言えることなのかなと思ったりしています。

「人前で話す」というのが私のテーマで、落ち着いて話せるようになりたいと思っていたのですが、ワークショップが終わってから皆さんと過ごしたときに思ったことは、落ち着いて話すこともいいけれど、大事なのは伝えたいことを多少の力を入れながらでも話してわかってもらえること、通じることではないかということです。

疲れてもOK!かなと思いました。ああしよう、こうしようと計らうのではなくですね。通じればそれはそれでOK。通じなくてもOK。

あの場で一緒に時間を共有できたこと、悩みを抱えながら生きている仲間のつながりに触れられたことによって、わかりあえないことがあったとしてもつながりの中で生かされることを思いました」。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでは、東京と神奈川で週3日づつ個人レッスンを行っています。
レッスン・スケジュールとお申し込みはこちらです。
Share Button