アレクサンダー・テクニークのハンズオン(触れることを使ったワーク)

アレクサンダー・テクニークのワークは、どれだけ少ない力で動けるか、とか、どれだけ少ない力で何かの姿勢をとれるか、ということのための運動指導、という一面もあります。

アレクサンダー・テクニークで生徒さんに触れるとき、それは生徒さんにとって、たとえば筋肉でがんばることや、ふんばることなどが「もっと少なくても動けるよ」「もっと少なくても安定して立っていられるよ」、などということを指し示す指標になるのです。

それを体感できると、リラックスできるし、力を発揮できるようになります。

アレクサンダー・テクニークで手を使ったワークを取り入れると、施術?と思われたりすることがあります。たしかに施術を受けたようなリラックス効果があったりするけれど、私たちは施術とは言わないのです。それはなぜかというと、手を使っているのにかかわらず、手で直接こちらから働きかけることをほとんどやっていないからです。

マッサージするわけでもないし、気を送っているわけでもない。

(ときどき、はじめてレッスンを受けた人から「気を送っているんですか? ぽかぽかしてきました」とか言われたりするけれど、そういうことは、意図的にはしていないんです。

ただ、気っていうのは意図しなくても、邪魔しているものがなくなれば、循環するものだということは言えるのかもしれません ー だから結果として、あたたまったり、循環がよくなったり、そういう現象が起こること自体は、不思議なことではないのでしょうね。)。

アレクサンダー・テクニークのワークをするときの手は、ついていく(フォローする)手であり、”聴く”手であり、あるいは方向性を提案することがたまにあるくらい、なのです。

Share Button